ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

対戦格闘 SFC

新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL【評価/感想】キャラゲーの域を超えた傑作2D格ゲー

投稿日:2019-04-03 更新日:






丹念に描かれたガンダムのドット絵が大暴れする格ゲーなんて、今でもこの作品だけなのでは?

ガンダムバトルマスターでおなじみ、キャラゲーの域を超えた作り込みで有名なナツメ開発のガンダム2D格ゲーを紹介します。

PS1の「新機動戦記ガンダムW THE バトル」ではなく、スーパーファミコン(SFC)の方です。



どういうゲーム?

ガンダムWの傑作2D格ゲー

当時放送中のアニメ「新機動戦記ガンダムW」をモチーフにした格闘ゲーム。

1996/3/29発売。
スーファミ末期すぎるので知名度は低いです。
格ゲー好きの自分も、最近まで存在を知りませんでした。

そもそも、SFCの格ゲーってスト2以外思い浮かばないです。
大ヒットしたスト2のおこぼれをもらったキャラゲーが多いイメージ。

SFCのグラフィック性能では当時のアーケードゲームが移植できないし、SFC時代は格ゲー全盛期より少し古いんですよね。
だからストZERO、ヴァンパイア、VSシリーズ、kofなど、2D格ゲーが一番おいしい時代のラインナップが抜けている。
(ストZERO2はSFCにムリヤリ劣化移植しています)

本作も放送中のアニメを題材にしたキャラゲーという時点で、出来が怪しい。ハズれの臭いがします。

ところがこの作品、
格ゲーとしての作り込みが凄まじい、キャラゲーの域を超えた傑作なんです!

それもそのはず、開発は後にPS1で「ガンダム・ザ・バトルマスター」を作ったナツメ

もはやガンダムとか関係ない、圧倒的な表現を見せつけたバトルマスター。
その片鱗はSFC時代から現れており、本作も「キャラゲーだから」という甘えを一切許さない出来です。

1人でも楽しめる↓

 

スーファミ末期ということもあり、SFC最高峰の美しいグラフィック。
機体のギミックを活かした豪華なドット絵でガシガシと動きます。

プレイする前は、
格闘メインの「Gガン」ならともかく、美形キャラがバスターライフルで極太ビームぶっ放してなんぼの「W」で格ゲーってどうなのよ?
と思っていました。
でもこの人(ガンダム)達は原作でもみんな敵陣に突撃するタイプなので意外と格ゲーと相性が良いです。

ビームサーベルで斬るだけでなくガトリングガンの砲身やシールドで殴るなど、どの機体も特徴的な格闘モーションを持っています。

 

登場機体はガンダム5機(前期)、トールギス、ヴァイエイト、メリクリウス、ウイングゼロ、エピオンの計10機。

後継機が出ないのは少々寂しいけど、1機1機をしっかりと作り込んでいるので仕方ない。

 

アージャスリーズムエーモーショーン♪

格ゲーとして出来が良い反面、ストーリー演出は潔くカット。
対戦に特化した男前すぎる仕様です。

キャラのセリフは勝利時とエンディングのみ。対戦前、敗北時セリフすらありません。
それだけ割り切って格ゲー部分を作り込んでいます。

原作を彷彿とさせるのはオープニングデモだけ。
オープニングとタイトル画面のBGMは、アニメ後期主題歌「RHYTHM EMOTION」のアレンジ。
SFC音源で聞くと新鮮に感じます。

 

 

触ってすぐわかる良質なフィーリング

僕は2D格ゲーが大好きです。
下手ながら今まで色々やってきました。
一番好きなのはヴァンパイアハンター。

そんな自分が触ってすぐわかる良質なフィーリング。

格ゲーでこれは重要です。出来の悪い格ゲーは触った時点でなんかしっくりこないもの。
違和感なく軽快に動かせる時点でもう傑作なのです。

真空コマンドの超必もスムーズに出る。
この時代の格ゲーってヤワな入力では真空コマンドはおろか、波動コマンドすら入らないことが多いんですよ。
だから技が出るだけで「おおっ、これは遊べる!」と嬉しくなります。

 

簡単操作で色んな攻撃を繰り出せます。

空中ガード、空中投げ、投げ抜け、通常技をつなぐチェーンコンボ、キャンセル必殺技といった、カプコン製格ゲーのヴァンパイアやX-menなどで一般的になったシステムを取り入れています。

ボタン連打でも攻撃がつながり、それっぽい戦いができるので楽しいです。

通常技は4種類。
・格闘攻撃の弱・強
・武器攻撃の弱・強
それぞれコントローラーの4ボタンに対応。
テキトーに押してもチェーンコンボになります。

必殺技はほぼ共通コマンド。
スト2でおなじみの、波動拳、昇龍拳、竜巻の3パターンで出せます。
ド派手な超必殺技も搭載。

 

豊富な移動システムも特徴的。

地上ダッシュ、空中ダッシュ、ブーストジャンプ、2段ジャンプ、ホバリング。
格ゲーとしては斬新な、ガードしながら接近&離脱できる「ガードダッシュ」も装備。

これらの豊富な移動手段を使いこなせば、プレイヤーの操作テクを反映したスピード感ある多彩な動きができます。

空中での方向転換や、落下速度を遅くするのは人間キャラでは不可能な動きです。(ダルシムのような例外あり)
メカならではの機動が面白いです。

 

ウイングゼロがぁ! 画面端ぃっ! スライディング!まだ入るぅ!!

困ったらとにかく足元狙ってスライディング連打!
見た目はかっこ悪いけど気にしない。
やられる側はたまったもんじゃないけど、やってる側は爽快です。

大足→ダッシュ大足が間に合うぐらいダウン追い打ちの猶予が長く、受け身がないから回避不能。
ダウン追い討ちがしつこいぐらい入ります。しかもダメージ補正がほとんど無いのでめっちゃ減ります。

ダウン中だからとガードを忘れると、延々と追撃を食らってそのままKOされることも。

ダウン追撃がしつこいぐらい入るのは「ガンダム・ザ・バトルマスター」も同様です。
ハイゴックの大足でゴリゴリ削る爽快感は今も忘れられません。

 

必殺技ゲージにあたる、エネルギーゲージがあります。(体力バーの下)
試合開始時、すでに最大値300溜まった状態。
強必殺技で100、超必殺技で200消費。

攻撃をガードするとゴリゴリ溜まります。超必をガードすると超必分溜まることも。
ラウンドをまたいでもゲージは回復しません。使い所が重要です。

 

謎のエピオン押し

対戦相手がいないので、詳しいゲームバランスとか強キャラについてはわかりません。

1人で遊ぶと20分かからずクリア可能。
10機で遊べば3時間は遊べる計算。
とはいえ、1人プレイだと3機ぐらいでお腹いっぱいになります。
やっぱり格ゲーは人と対戦してナンボですな。

 

後半のCPUはお手本のような格好いいキャンセルコンボを決めてくるので、歯ごたえがある熱い対戦を楽しめます。

でもストーリーモードの最後に出てくるエピオンは強すぎる。

接近戦特化で遠距離武器はいっさい装備しない機体コンセプトが、格ゲーの本作ではメリットしか無い。

弾を撃ったら空中に飛んで変形直角ターンの変態機動からカウンター食らったり、接近戦からおもむろにキャンセル超必で半分減らされたり。

ダウン中はひたすらヒートロッド乱舞で追いうちされます。

「Xmen-cota」マグニート様を彷彿とさせる超性能です。
機体が強い上にCPUが容赦ない反応なのでどうしようもない。

 

ガンダムシリーズのラスボスの中でもエピオンってあんまり強いイメージないけどなぁー。

ウイングゼロと同じくらい強い設定だけど、スパロボとか他ガンダムゲーだと使いづらい印象。
だから使った覚えがないし、敵側でも存在感が薄い。

本作はそんなエピオンが最も輝いているゲームです。

 

スタッフロールの背景はなぜか壊れたエピオン。最後まで謎のエピオン押し。

 

まとめ

グラフィック、操作性ともにSFC最高峰。
ガンダムゲーの域を超えた2D格ゲーの傑作です。

豪華なドット絵は、同じナツメ開発の「ガンダム・ザ・バトルマスター」のパーツ分けされたグラフィックとは違う見応えがあります。

ダッシュなど移動システムが豊富。さらにコンボゲーなので、格ゲー初心者にはハードルが高いのが難点でしょうか。

とりあえずガシガシ動かしてるだけも楽しいので、ガンダム好きや2D格ゲー好きの方にオススメです。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-対戦格闘, SFC

執筆者:

関連記事

ガンダム・ザ・バトルマスター2【攻略/評価】ロボ・ドット絵好きには一度体験してほしい

「オーヴァーヒーティング!」 ということで、ガンダム2D格ゲーの隠れた名作をプレイしました。 想像をはるかに超える面白さだったので、本作の魅力と各機体の簡単な攻略を紹介します。 もくじ1 ガンダム2D …

聖剣伝説3【評価/攻略】グラフィック最強!クラスチェンジも面白そうなのに

SFC最高レベルのグラフィックと、クラスチェンジなど面白そうなシステムを搭載。 にも関わらず、傑作というウワサは聞かない作品。 ・名作扱いでリメイクもある「2」 ・出来の酷さで有名な「4」 に挟まれて …

ドラゴンボールZ インフィニット ワールド【感想/評価】ディスクに気功砲ぉぉぉぉぉ!!!

なんだかドラゴンボールのゲームが無性にやりたい気分なので、「スパーキングメテオ」を678円で再び買ったのです。で、ワクワクしながらパッケージを開けると… ちょ待てよ、「ドラゴンボールZ インフィニット …

高橋名人の大冒険島2【評価/攻略】1日1時間では終われない迷作 連射・ギリジャンの出番なし

16連射でおなじみ、「ファミコン名人」こと高橋名人が主人公の横スクロールアクション。 SFC円熟期の1995/1/3発売。 発売当時、何がきっかけで買ったのか、なぜハマってたのか、全く思い出せない。 …

【テトリス武闘外伝】レビュー/評価/攻略:基本テクとキャラ別攻略

もくじ1 はじめに1.1 システム2 攻略2.1 玉取りを制すものが試合を制す3 キャラ別攻略3.1 ハロウィン3.2 ニンジャ3.3 ミルルン3.4 シャーマン3.5 アラジン3.6 プリンセス3. …