雑記

バチェラー1の感想(ネタバレあり):モリモリは俺がもらいます

投稿日:2020-10-29 更新日:






わーん!久保さぁーん!そこはモリモリだろ、絶対モリモリだろ!

というわけでバチェラー1の感想を書きます。



バチェラー1の感想(ネタバレあり)

モリモリは俺がもらいます

 

この投稿をInstagramで見る

 

バチェロレッテ配信中🌹バチェラー・ジャパン公式(@bachelorjapan)がシェアした投稿

バチェラーシリーズの中で『1』が一番ヤキモキする。

森田さん(モリモリ)が健気なので。

全然デートに誘われないモリモリ。
岡田・鶴さんみたいにキャラ強い人に押され気味なモリモリ。
みんなにナメられハブられ、面と向かって「テメーことは信用しない(意訳)」と責められて嫌われるモリモリ。

そんな不遇の中、おばあちゃんの言葉を思い出して泣きながらでも戦い続け、久保さんのカッコいい所・悪い所を見切った上で受け入れて前に進むモリモリ。

これもうモリモリ優勝ってことでいいよね?

 

あと、なぜか「見た目は蒼川さん。性格は森田さん」みたいな感じになってんだけどモリモリ全然負けてないから。

普通に超美人だろ。
アン・ハサウェイっぽい。前髪を上げたスタイル、これ完全にアン・ハサウェイでしょ。

お姉さんも美人で品が良くて、ご家族の雰囲気も良くて最高やん。

 

なのに、なのに…
わーん!久保さぁーん!そこはモリモリだろ、絶対モリモリだろ!

悔しすぎるのでモリモリは俺がもらいます。
モリモリのお父さん、安心してください。心のパンツは脱いでおります。

 

ミサンガ

たしかに蒼川さんは可愛いけど、蒼川さんとの結婚生活は想像できないなぁ。

だってミサンガやで。

蒼川さんは若いからミサンガで良いけど、久保さんには共感できない。
俺は久保さんと同世代。大学生ならともかく今ミサンガをプレゼントされたら引く。

それに比べてモリモリのプレゼントよ。ピアノ連弾の録音は素敵すぎる。
モリモリと連弾する日に向けてピアノを練習します。

 

久保さん

最初のバチェラーが久保さんで良かった。
久保さんはたぶん本当に優秀な方なので安心感がある。

コンサルなだけあり言葉が丁寧で喋り慣れているし、最初のバチェラーとして番組を成立させようと頑張っている。

それが「ガチっぽくない」と批判されることもある。
でも嫌悪感を持たれがちな番組の導入として、初代バチェラーが久保さんで良かったと思う。
最初が友永さんだったらエラいことになるよ。

 

ただ、好みはどうしようもない。
モリモリを選んだ方が番組的に上手く収まるだろうけどそこは曲げられない。

ややこしい質問をする女は面倒くさいし、
家事ができる女にも実は興味ないし、
キレイ系は引くし、気が強いのも引く。

リアルな話も面倒くさいから、
「6年付き合った元カレ」
「中学で全て事を済ませた」
「学校で先輩と初キス」
と男性経験を打ち明けた女から落とす。

可愛くて若くて、男性の影が無いアイドルみたいな女の子が好き。

 

結局、久保さんは独身が楽しそう。本心ではまだ結婚したくないように見える。
モリモリすら手放す、バチェラーの余裕が羨ましいぜ。

 








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-雑記

執筆者:

関連記事

no image

きわどい雑記 2022 8月

きわどいつぶやきを置く場所です。 文句多めなのであまり見ないでください。 先月→7月 翌月→9月 8月 ■0831: 「泥棒扱いするからや」「通行の邪魔すんなや」と自転車盗難の捜査を頑なに拒んで警察と …

レジ袋がほんま腹立つ

レジ袋がほんま腹立つ、って話をする。 当記事、特に主張は無い。 ストレスを消化するために書いた。 共感できる方に、心の中で頷いてもらえたら本望だ。 ・環境問題に対してどの程度効果があるか ・そもそも、 …

no image

きわどい雑記 2021 10月

きわどいつぶやきを置く場所です。 文句ばかり言うのであまり見ないでください。 先月→9月 翌月→11月 10月 ■1031: 政治系の討論、暇つぶしに聞くことすらアホらしくなってきた。 もう答え出てる …

no image

きわどい雑記 2022 5月

きわどいつぶやきを置く場所です。 文句多めなのであまり見ないでください。 先月→4月 翌月→6月 5月 ■0531: ・ リライト大変だし黒歴史を増やすだけだから過去記事はお蔵入りしようと思っていたけ …

no image

好きな曲「miss you」(m-flo)について語る

どうも、19歳でm-floに魅了されたまま30代半ばになった男です。 当記事は、好きな曲「miss you」(m-flo)について思い出話を絡めつつ語るだけの記事です。   私にとって、音楽 …