ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

対戦格闘 PS1

【鉄拳2】攻略/感想/レビュー:鉄拳史上最強キャラで遊べる

投稿日:2017-08-11 更新日:

格段に進化


前作からたったの1年で格段に進歩を遂げた。
家庭用としては名実ともに十分にバーチャ2と互角に戦える内容になったといえる。100万本売り上げたPS最初のソフトというのもこの内容なら納得。





グラフィックが一新。
カクカク感が増してバーチャに近づいた印象。

鉄拳1のグラフィックが3Dっぽくないという意見が多かったのでフラットシェーディングを用いて3D感を強調しているとのこと。


(鉄拳1)
比べてみると初代がのっぺりしてることがわかる。
デフォルメは抑えられてリアルな人間っぽくなった。


(鉄拳1)


平八の顔もスタイリッシュに。

操作性も良くなり、前作より軽快に動けることに驚く。
前作のぎこちない動きの硬さは無くなり、技も出しやすい。「動かすだけで楽しい」ゲームになった。

ただ、パッドの宿命としてヴァンパイアのチェーンコンボのような順押し系の技は出しにくい。なにしろアケステは4本指に対してパッドは親指1本。そして鉄拳は10連コンボを筆頭に順押し系の技が多い。
でもみんなパッドで頑張って10連出してたんだよな~。

ロード時間のように地味な部分も着実に進歩。


新キャラ「風間準」「レイ・ウーロン」「デビル」「エンジェル」「ロジャー」などコンパチキャラ含めて総勢25人に増加。


「プラクティスモード」「サバイバル」「チームバトル」「タイムアタック」モード追加。
特にプラクティスが追加されたのが嬉しい。対戦モードの設定を弄って練習する必要がなくなった。
相手の状態を立ちかしゃがみ、またカウンターヒットに指定できるなど、当時としては驚くほど配慮が行き届いている。
技表もあり、ボタンの入力履歴が効果音付きで表示され、入力の手本を見る事も可能。



前作の売りだったムービーの質はさらにアップ。当時トップクラスの出来。
前作ではエンディングムービーはデフォルトキャラのみだったが本作では全キャラに用意された。

 

システム変更点

■起き上がり
横転起き上がり、クイック起き上がり(後+RP連打)追加。ダウン攻撃を回避しやすくなった。
起き上がり攻撃に下段蹴りが追加。起き攻めに来る相手に2択を迫れる。
攻撃側は、走りから「踏みつけ(ダウン状態にヒット)」「ショルダータックル(全身無敵+ガード不能)」が出来るようになった。起き上がり攻撃はタックルで潰せる。

■投げ
投げ抜け追加。しかし投げ抜けの猶予もシビアで、コマ投げは投げ抜け不可。
背面投げが全キャラに追加。

 

最強キャラ「ブルース」で身内対戦

ブルース・アーヴィとは

「シュッシュッシュッ!」
鉄拳2ブルースはぶっちぎりで鉄拳史上最強といわれている。
あまりにも強すぎるため「ブルース使用禁止令」を出したゲーセンもあったという・・・。

今どきのオンライン対戦なら「ブルース拳」などと揶揄されて即調整されていただろう。

レトロゲーなので相変わらず攻略情報が見つからないが、主要技はたぶんこんな感じ。

■トリプルニーコンボ(4RK,LK,RK)
3発目はLPで割り込み可能、ガードされると不利大なので2発止め。
2発止めならヒットさせて有利、ガードされても微不利。
浮き~トリプルニーで誰でもできる空中3段コンボの完成。
さらに高みを目指すならダブルニー→ワンツーハイ。

■ワンツーローキックハイ(LP,RP,2RK,LK)
ワンツーをガードすると3段目がガード不能になるというバグ技。相手はワンツーをしゃがむしかないのだが、ブルースは中段が強いのでそれも難しく、しゃがんでもノーザンライト(LR,RP,LK)やライジング(LP,RP,LP,RP)と択になってしまう。

■ガトリングコンビネーション(LK,RP,LP,RK)
初段が発生、リーチともに優秀な中段。1発目カウンターで3段確定。
3発目ヒットで浮いて膝コンボで相手はほぼ死ぬ。
3発目ガードされてもロクな確反なし。しかも4段目のダウン確定下段のせいで反撃されにくい。

■サイクロンエッジ(3LK~LP)
中段が強力なので下段が刺さりやすい。ダウン追撃でも活躍。
派生のトルネードアッパーが減りすぎ。起き上がりに重ねてテキトーにぶっぱなすと相手はビビる。

その他、
9LK、9Rk、3RP、スライサー、コマ投げなど。

以上、
ガトリングやダブルニーを置いて、ワンツーローで崩す。
という作戦で対戦に挑むことにした。

いざ、友人とブルースで対戦!

強い強いといっても、格ゲは対戦してみないと実際のところはわからない。
トレモで「最強に仕上がったんじゃね?」と思っても、いざ対戦してみると全く通用しないもの。

初心者同士の場合、ブルースの力でどこまで有利をとって勝てるのか。
僕は小一時間しか練習していないのでブルースの力を1割も出せないと思うが、それは相手も同じ。1割同士で圧勝してこそ強キャラっ!

一応、友人はキャリバー5なら僕と同じぐらいの強さ。格ゲは一通り触ってるアラサー女。



リーチ、発生ともに優秀なガトリング初段、ダブルニーなど中距離の制圧力がヤバい。
ガトリング3段~膝コンボで7割~サイクロン追い討ち。

派生は中下択になったり、ガードされても隙が無かったり。1発1発もやたら高火力。
負ける気がしない。

っていうかブルース関係なくね?
と思い、ブルースとは対照的な単発キャラのポールで対戦してみた。



結果、
ポールも強かった。いや、相手が弱かった。
とりあえずキャラ決めて主要技ぐらいは覚えてほしい。

ちなみにブルース以外の強キャラもなかなかのぶっ壊れ。
平八は風神拳が中段。奈落はガードされても止まらない、確定ダウン、踵切り8択派生。
アーマーキングはキング+風神拳&雷神拳=コマ投げが強いカズヤ。

身内対戦ならこれぐらい粗いバランスの方が楽しい。強いキャラがいれば弱いキャラもいて当然っしょ。

 

おわりに

今となっては名作3の橋渡し的な存在だが、ブルースの強さを味わうだけでも遊ぶ価値あり。

鉄拳3をプレイする前に友人を仕込んでおかねば。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-対戦格闘, PS1

執筆者:

関連記事

鉄拳4【評価/レビュー】失敗作? 意欲的なシステムを取り入れた待望のナンバリング

格ゲー史上最大のヒットになった「3」。 そのシステムを引き継ぎタッグバトルのお祭りゲーに仕上げてヒットした前作「TT」。 その後、満を持して世に送り出された待望のナンバリング作品です。 アーケードは2 …

クラッシュバンディクーレーシング【攻略/評価】ターボ・ターバー・ターベスト!

超人気アクションがレースゲームになって登場! 開発はシリーズ前3作に引き続きノーティドッグ。 ちなみにノーティドッグの開発タイトルは ・クラッシュ・バンディクー1~3 ・ジャック×ダクスター1、2 ・ …

バイオハザード2【評価/攻略】複数シナリオ、方向性の変化で新たな魅力を打ち出した名作

「バイオハザード RE:2」発売前ということで。 今回プレイしたのは難易度・オマケ要素を追加した廉価版「デュアルショックVer.」。 もくじ1 新主人公を襲う新たな恐怖1.1 あらすじ1.2 レオン・ …

【ラストブロンクス】攻略/感想/評価:見た目に反して真面目なバーチャ+α

もくじ1 ラスブロの特徴1.1 魅力的なキャラ1.2 バーチャ+αのシステム2 まとめ ラスブロの特徴 バーチャとは違う、ストリートギャングの抗争という独特の世界観を描く。 舞台は昭和終わりの東京。 …

ダブルキャスト【評価/レビュー】記憶喪失のボクっ娘美少女と同棲ラブコメ&サスペンス!

アクションゲームやマルチ対戦のようにせわしない操作のゲームをやってると、真逆のアドベンチャーゲーム(以下、ADV)にどっぷり浸かりたくなります。 「シュタゲ」のようなヒット作もありますが、2D絵のAD …