ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS1

ディノクライシス2【評価/レビュー】今度は俺が狩る側!でも魔改造ギガノトサウルスだけはお断り

投稿日:2019-07-22 更新日:






むむ、これは一体どういうことだ?

画面にスコアが表示されてたり、恐竜がハンドガン数発で倒れたり、前作と全然違うじゃないか。
もしかして買うゲーム間違えた?

と戸惑う、ディノクライシスの続編です。

もしかすると、
前作がムズすぎて投げてシリーズを見限り、続編が出ていることも知らない方がいるかもしれません。

そこで、クレーン操作に軽いトラウマを残しながら前作をクリアした私ヤギが続編をプレイ。
本作の特徴、本作ならではの面白さをサクッと解説していきます。

 

大まかにいうと、次の3点の流れで話を進めます。

・前作から大きく変わったゲーム性
・無限湧きについて
・前作とどちらが面白いか

結論としては、
「わざわざゲームアーカイブスか中古を買って遊ぶほどの作品ではないかなー」と思いました。

前作のレビュー↓





ディノクライシス2は「恐竜を狩る」ゲーム

前作と違い、撃ちまくり狩りまくるハンティングアクション

撃ちまくり狩りまくる!
爽快なハンティングアクションです。

前作は謎解き、敵の強さともにバイオを超えるサバイバルゲーでした。それが逆方向に振り切ったようなアクションゲームになっています。カジュアルに遊べるのが売り。

 

まず、前作では見た目通りに凶悪な強さを誇っていた恐竜が弱体化。

前作は1体倒すのに1マガジン必要でしたが、今回はハンドガンでも2、3で倒せます。
ショットガンは複数の敵を吹っ飛ばし、簡単に怯みをとれるのでゴリ押し可能。

武器もカジュアル仕様で、なんとリロード不要。さらに改造によっていくらでも弾数を増やせます。

 

恐竜を倒すとなぜかクレジット(金)が貰えます
それを使って武器・弾薬・回復アイテムを購入。敵は山ほど出てくる上に無限湧きなので、アイテム面で詰むことはありません。

 

コンボの概念があり、コンボに応じたポイントが貰えます。
連続で倒すだけでなく、

・カウンター:敵の攻撃動作に攻撃を当てる
・ノーダメージ:1エリア内で被弾無く敵を狩る

でボーナスが加算。
いかに上手く恐竜を倒してコンボを稼ぐかが醍醐味です。

 

キャラの機動力もカジュアル。
もはやバイオとはかけ離れた動きが可能です。
具体的には、

・走り撃ち:ダッシュしながら武器を撃てる
・ステップ:素早く距離を取る
・体力低下による移動制限なし

特に走り撃ちが凄くて、どんな武器も無反動・無硬直でぶっ放せます。

 

謎解きがほぼ無いのもカジュアル。

前作の「DDK」みたいなややこしいシステムは完全撤廃。

基本、複数エリアに別れたジャングルを往復するだけ。
目的・目的地はマップに表示されるので迷うことも少ないです。

 

総じて、バイオとは大きく異なるゲームになりました。
前作は「狩られる側」だったプレイヤーが「狩る側」に立場逆転しています。

わかりやすいカジュアルな狩りゲーになったことで、前作の不満点であった武器・恐竜の種類が増加。
グラフィックはPS末期らしい美しさです。

 

バイオ4っぽいFPSパートが何回かあります。

アクション性を重視した鬼武者、デビルメイクライ、バイオ4を先どりしたような、実験作な色が強い作品。

 

リアリティなんぞぶん投げたストーリー

オープニングから完全に開き直った展開。「もう何もいうな、とにかくそういう設定だから」といわんばかりのぶん投げたストーリーです。

 

■あらすじ

カーク博士奪還作戦(前作)から1年後の2010/5/10。

サードエナジーが再び暴走。研究都市「エドワードシティ」は職員、軍人、市民ごと白亜紀にタイムスリップ!

政府は生存者の救出と実験データの確保のために、特殊部隊を白亜紀に送り込む。その部隊にはカーク博士奪還作戦を生き延びたレジーナの姿があった。

せっかく前作で頑張ったのに、またサードエナジーが暴走して街ごとタイムスリップ?いい加減にしろ!って感じですね(笑

ネタバレになりますが、終盤にはトンデモ展開が待っています。エンディングも唐突で続編へぶん投げ状態。

 

無理やり大ボス化したギガノトサウルスが登場!

体長21メートルとティラノサウルスが小さく見える圧倒的なデカさ。アゴの力だけでティラノサウルスを持ち上げるパワー、煮ても焼いても死なないタフさでプレイヤーを追い詰めます。

 

しかし実際のギガノトサウルスはというと…

発見当初は「ティラノサウルスを凌駕する史上最大の肉食動物」と宣伝されました。名前もめちゃ強そう(笑
しかし研究が進むにつれて体格が下方修正され、全長はティラノと同じかやや小さい12.5m。

体型はティラノに比べてスマート。頭骨もティラノに比べて小さく、アゴの力はティラノの3分の1以下と推定されています。

つまり本作のギガノトサウルスは魔改造版

本作のイメージが定着したらしく、近年の恐竜ゲー「ARK Survival Evolved」でもギガノトサウルスがティラノの2倍近い巨体で登場します。

ゲーム以外では、映画「ジュラシックパーク3」のスピノサウルスも魔改造されてましたね。

 

おまけゲーム「DINO COLOSSEUM」

バイオ系ゲームのお約束、おまけモードが存在します。

その名も「DINO COLOSSEUM」。

キャラクターを選び、VR闘技場のような場所で恐竜を倒すモードです。

本編クリア後にもらえるポイントを使ってキャラクターを購入。
前作登場キャラのゲイル、リックも使用可能。それどころか戦車、恐竜まで使えるようになります。

さらに条件を満たすと「DINO DUEL」いう2人用対戦格闘ゲームが追加。対人の恐竜バトルが実現しました。

 

一見面白そうですが、出てくる敵をばったばったと倒すだけなので1人で遊ぶとすぐ飽きますね…
ティラノサウルスとガチで戦えるのは嬉しいですが。

バイオシリーズの「マーセナリーズ」や、前作のオマケゲームように長く遊べる面白味は無いです。

 

無限湧きのゲームに良作はない

「無限湧きのゲームに良作はない」
という格言をどこかで見た覚えがあります。

本作をプレイしてその格言を思い出しました。

 

無限湧きする恐竜を軽快に倒しまくるカジュアルな本作は、確かに最初は楽しい。
しかし、だんだんと無限湧きにウンザリしてきます。

倒した瞬間に次の恐竜がどこからともなく現れる。エンドレス。
ウロウロするたびに無限湧きザコに襲われるのがウザいです。

しかも倒す旨味がありません。
稼ぎたいときは集中的に戦えば良いし、効率の良い稼ぎポイントがあるので道中で戦うメリットが無い。

 

湖上施設ではプレシオサウルスを棒立ちで倒すだけで一生困らないだけのクレジットが貯まります。
こういう稼ぎ方を覚えると、道中の敵は邪魔でしかない。

 

ここまでアクション重視だと、いよいよラジコン操作と相性が悪いです。

画面切り替え時に敵が視界外から飛んできて理不尽。射撃の軸合わせも面倒。

プテラノドンなんてほぼ視界に入らず一方的に真上からつつかれます。ウザい!
どこからともなく湧いてくるのでいくら倒しても減りません。

 

水中ステージの足場渡りはストレスマックス!

どこにジャンプするかわからない上に、ふんわり挙動なので失敗したときのロスがダルすぎる。

本作をプレイすると、バイオ4がTPSになった理由がわかります。

 

カジュアルになった分、進行が単調。

ひたすらお使いの連続。代わり映えしないジャングルを探索し、指定のエリアに行っては戻るの繰り返し。

道中に前作のような恐竜の恐怖も無ければ、物資が無くなる心配はないためサバイバル感は皆無。

そのため、ずっと同じエリアをグルグルとメリハリ無く周ってる感じです。

 

キャラの絡みが薄く、シナリオも前作より薄味。

前作は3人のキャラが「あーでもないこーでもない」と揉めながら目標に向かっていくのが見どころでした。

一方、本作のプレイヤーキャラ2人にそんな絡みはありません。

レジーナは前作で経験を積んで、バイオのエイダみたいな上から目線になっているので存在感薄いです。
その分を相方のディランが補ってくれるのかと思いきやこのキャラも特徴・魅力が乏しい。

結果、どちらのキャラにも入り込めないためプレイ体験が薄く感じます。

 

薄いプレイ体験&薄いシナリオ。
5時間ぐらいでクリア可能ですが、ボリュームが薄いだけでなくクリア後の満足感も薄いです。

 

1と2、どちらがオススメ?→どっちもどっち

「1と2、どちらがオススメ?」と問われたら、どっちもどっちというしか無い。
どちらにもそれぞれ長所・短所があります。

簡単にいうと、

・バイオを超える困難(面倒)に立ち向かいたいなら1
・単純にアクションを楽しみたいなら2

がオススメ。

前作はバイオハザードを超えるサバイバル感を味わえますが、シビアな謎解き・弾薬管理があまりにも面倒。

その点、本作はカジュアルで遊びやすい。
しかしサバイバル感が皆無なため、前作の正当進化を期待すると「これじゃない」感があります。

 

僕としては前作の正当進化が遊びたかったのですが、ディノクライシスは常に実験作なんですよね。カプコン看板タイトルのバイオハザードの踏み台的な。
だから「バイオ1→2」みたいに前作の正当進化にはならないわけです。

あと「ゲームで恐竜を使うのはやっぱり難しいのかな」とディノクライシス1、2をプレイして思いました。

・体格通りの強さにすると前作みたいに強すぎる。本作のように弱くすると恐竜の意味がない

・地味なわりに説得力のある動きを作るのが大変

・下手にアレンジできないのでバリエーションを増やしにくい

恐竜ゲーが少ないのはこの辺の理由のためかと思います。

 

まとめ

ラジコン操作バイオのシステムでバイオとは根本的に違う物を作ろうとしている。結果、なんとも中途半端な作品。

・雑なストーリー
・謎解きがなく、見た目も代わり映えしないフィールド
・道中は無限湧きの敵を倒すだけで単調

カジュアルになった反面、強くて賢い恐竜の魅力をゲームに組み込もうとした前作の魅力が無くなっています。
前作は面倒すぎて投げたくはなりますが、オンリーワンの作品でした。

本作は実験作の色が強く、色んな作品の踏み台になっているため今プレイすると新鮮味も薄い。

よって「わざわざゲームアーカイブスか中古を買って遊ぶほどの作品ではないかなー」と思いました。

でも恐竜相手に無双プレイができるので、前作のタフな恐竜にウンザリした方は本作でうっぷんを晴らしましょう!






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS1

執筆者:

関連記事

【鬼武者】攻略/感想/評価:バイオ2没verが和風バッサリゲーになってミリオンヒット

もくじ1 鬼武者とは1.1 開発ノウハウを使い回して大ヒット2 システム3 ボリュームを難易度で補う3.1 即死ミニゲーム3.2 ボスが強い4 おわりに 鬼武者とは 戦国時代を舞台にしたアクションゲー …

【ヨッシーアイランド】レビュー/評価/攻略:センス・技術・アイデアの結晶 ワールドを上回る完成度

もくじ1 ヨッシーアイランドとは1.1 SFC後期ならではの完成度1.2 アイデアの塊2 多彩なアクション3 新システム3.1 連れ去り3.2 ステージ評価4 スペシャルステージ5 まとめ ヨッシーア …

ロックマン&フォルテ【評価/攻略】SFC最後のソフトは長く遊べるロックマン

ファミコンの「ロックマン6」からSFCへハードを世代交代し、ポップな世界観とコミカルなドット絵に一新した「ロックマン7」。 しかし、シリーズは早々に【ロックマン8】で次世代機へ移行しました。 そのため …

R-TYPEデルタ【評価/レビュー】R-TYPEシリーズ、STG初心者も楽しめる傑作

「R-TYPE FINAL2」発表で興味が出てR-TYPEシリーズの歴史を調べたところ、 「1~3とファイナルは知ってるけど、デルタ?そんなのあったっけ?」 と最近、存在を知って慌ててプレイし始めた作 …

【ハイパーオリンピック イン アトランタ】レビュー/評価/攻略:ひたすら連打・連打・連打!

もくじ1 はじめに1.1 バリエーション豊かな(?)11種目2 目指せ、世界記録!2.1 100m走2.2 110mハードル2.3 走り幅跳び2.4 三段跳び2.5 走り高跳び2.6 棒高跳び2.7 …