ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

Steam アクション PS4

Aegis Defenders【評価/攻略】探索型アクション+タワーディフェンス

投稿日:






19/08/19時点で、本編クリアのトロフィーが1.1%の超レア。
フリプでとりあえずDLしたけど手をつけていない方が多そうですね。

そこで、クリアした私ヤギが本作の面白さ、そもそもどういうゲームなのかを紹介します。

「フリプ落ちするぐらいだからどうせイマイチなんだろ?」
「ワイプアウトオメガコレクションのオマケだろ?」

なんて舐めてかかると想像以上に楽しめちゃって良い意味で裏切られ、得した気分を味わうことになりますよ!

 

PS4/Switch版はオンラインの協力プレイに対応。画面分割の協力プレイも可能。
ですが、僕はCOOPする友達がいないのでソロプレイの感想になります。

ワイワイとCOOPしているプレイ動画が楽しそうなので、一緒に遊ぶ友達がいる方はより楽しめるはず。

 

もう1つのフリプ「ワイプアウト オメガコレクション」のレビューはこちら↓




Aegis Defendersとは:探索型アクション+タワーディフェンス

「探索型アクション+タワーディフェンス」
と言われてもなんのことやらわかりませんよね。

とりあえずぱっと見、ゴチャゴチャして難しそう。
実際、難しいです(笑

でもタワーディフェンス初心者の僕が楽しめたのでたぶん大丈夫。
カジュアルなゲーム専門の方も遊べるはず。

 

テキパキと操作するのがコツなので要は慣れ次第。
操作が手になじめばクリアできます。

攻略サイトとか見なくても自分の創意工夫で突破可能。
ただし、どうにも難しいステージがいくつかあるのでそこは苦労するかと。

厳しいときは難易度「やさしい」に下げましょう。難易度はいつでも変更可能です。

 

6エリア全18ステージ。
スムーズに進めば1ステージ20分、6時間でクリア可能。
何度もリトライして10時間ってところ。

ステージ内の収集アイテムなどやり込み要素があり、クリア後のボーナスステージもあります。ボリュームは十分。

 

ステージは、
・タンケンフェーズ:2つ探索型の横スクロールステージ
・ボウエイフェーズ:ボス戦に相当するタワーディフェンス
の2種類で構成されています。

以下、詳しく説明します。

 

タンケンフェーズ:探索型アクション

タンケンフェーズは上下に広がるエリアに探索要素がある、横スクロールアクション。
俗に言うメトロイドヴァニアってやつです。

 

■メトロイドヴァニアとは

語源は「メトロイド+キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)」

特徴は、

・サイドビュー型のアクション

・分岐のある広いエリアを探索。
一本道ではなく複数のルートがある。探索をサポートするマップ機能がある場合も。

・パワーアップアイテムでキャラクターを強化しつつ、進行可能なエリアを広げていく

 

本作はステージが区切られたステージクリア型で、攻略ルートが決まっています。
仕掛けを解くのに必要なパワーアップアイテムとかもありません。
なので半メトロイドヴァニアといったところ。
その分、道に迷ったりしないのでとっつきやすいです。

 

操作は十字キーで移動、ジャンプ・攻撃・キャラ固有アクションとシンプル。

ですが、敵やオブジェクトの性質に合わせて

・操作キャラ切り替え
・仲間の「追従・待機」切り替え
・設備作成

と臨機応変にシステム・キャラの特性を活かすことになります。
この操作に、慣れないうちは混乱しました。

操作キャラ、追従・待機の使い分けが肝心。
2人でもけっこう大変なのですが、中盤に3人、終盤4人まで増えます。
キャラが増えた分、対応したギミックも増加してさあ大変。

とはいえ、やってればそのうち慣れます。

いつのまにかサクサクと操作できている自分の上達ぶりに気づいてテンション上がる。

 

着実に進めばクリアできる構成。
シビアなジャンプや高度なテクは必要ないのでアクションが得意じゃなくても大丈夫。

 

どちらかというと、アクションより謎解き要素がメインです。
キャラ切り替えを駆使してスイッチを同時に押すパズルとか。

仕組みとしてはそんなに難しいものではないので、総当りでテキトーにやってればなんとかなる程度。
面倒くさがりの僕でもイラつくことなくクリアできました。

ただ、チュートリアルに無いような操作を求められることがあるので数カ所で詰まりました。
詰まったときはプレイ動画を観ましょう。一発で解決します。

 

ここまでタンケンフェーズについて紹介してきましたが、本作においてタンケンは小手調べに過ぎません。
本作のメインディッシュは次に紹介するタワーディフェンスです。

 

ボウエイフェーズ:タワーディフェンス

ステージの奥まで行くとタワーディフェンスが始まります。

 

■タワーディフェンスとは

自陣に向かってくる敵を、味方キャラや砲台などを配置して撃退し、本拠地を防衛。
本拠地を守りきると勝ち。一定数の敵が本拠地に辿り着くと負けとなる。

国内産では「勇者のくせになまいきだ。」などが有名。

 

敵が押し寄せる「ウェーブ」開始前に「セツエイ」時間があります。

この間に敵が来そうな場所にタレットやトラップなどの設備を配置し、敵を迎え撃つ。

1つのウェーブが終了すると、設備作成に必要な「リソース」がステージ内に復活するので急いで回収して新たな設備を配置。次のウェーブに備えます。

設備はリソースを1個多く組み合わせるとより強力な設備が作れたりするので、配分が考えどころ。

5ウェーブ耐えきるとクリア。

 

左右、複数の場所からやってくる敵に対応するマルチタスクな処理能力が求められます。
料理が上手い人はこういう操作が上手そうですね。

まあパターンが決まっているので、僕みたいなテキトープレイでも何度もやれば先読みで対抗できます。

 

上手くクリアすると報酬が増えます。

グダグダでクリアすると報酬が無くなり、後の戦いがより厳しくなる悪循環(笑

クリア済のステージは周回できるので「稼ぎ」は可能です。

 

レトロフューチャーなグラフィックがたまらん

グラフィックのレベル高い!

僕のように、SFC時代からゲームを遊んでいる30代半ばのオッサン世代にはドンピシャなレトロフューチャー。

あえてガビガビなクセのあるドット絵と美しい色彩、凝ったアニメーション。
懐かしい感じのBGMも良い感じ。

 

ただ視認性は少々悪いです。
デブリ床やダメージ床などのギミックに気づきにくいし、地形に敵が同化して見逃しがち。
これ、1ミスが致命傷になるタワーディフェンスではけっこう痛い。

 

あとは、
・ストーリーパート
・装備のアップグレードなどができるキャンプ
があります。

ストーリーについては割愛。
失われた古代兵器が出てくる感じのファンタジーで、ナウシカっぽい感じです。

キャンプで何をアップグレードするかは悩みどころ。
「これ使いやすいな」と思ったものから強化していくと良いと思います。

 

中盤から急カーブで上昇する難しさへ、心の準備を

前半の難易度バランスは絶妙で、気持ちよく遊ばせてくれます。

ゲームオーバーになっても「ちくしょう!次は上手くやってやる!」って感じ。

ですが、中盤から難度が急カーブで上昇していきます。
その変化へ心の準備をしておかないと心折れるかもしれません。

 

タワーディフェンスのエリアが広がり、4キャラで2エリア分のスペースを守ったり拠点が二ヶ所になったり。

設置、修理、リソース集め、操作キャラ変更、と2人プレイ前提のような忙しさ。

設備を敷き詰めれば敵の足は止まりますが、設置に時間がかかるで臨機応変には置けません。
配置が的外れだと簡単に突破されます。

 

前半~中盤にも難所はあります。
苦労したステージを紹介。

 

・2-2「大水路」

トラップを置ける場所は上下に移動する床だけ。その床にも下げた状態では置けません。

床をいったん上げてトラップを敷き詰めてから下げる必要があります。

 

・2-3「沈没のとりで」

下の大型タレットを相方に使わせるのがコツ。(タレットを使用した状態でキャラ切り替え)
中二階のような足場が攻撃しづらく一番厄介なのでトゲトゲを複数置いて敵の足を止めます。

 

・3−2「忘れられた寺院」

中盤の山場。左右3ラインから飛行・スライムなど様々な敵が押し寄せます。
下は斜面、上からは段差飛び越えや飛行敵に攻撃が通りずらいのが厄介。

 

もちろん、後半はさらに難しくなります。

特にキツいのが3回ある強制スクロール面。
初動をミスるとどうにもならない初見殺し。

設備を置いてもしてもスクロールしちゃうのでリソース回収する意味ないじゃないかと。

しかも長い!長すぎる!
強制スクロール面は全8ウェーブもあります。もちろんリトライは最初から。

こういうステージに出会ったとき、
前半の感じでヌルゲーだと思っていると心折れます。ゲームを投げかねません。

 

先に進むにつれ作業量が増えてしんどい。

終盤は敵も味方も物量作戦。
増えるキャラ数、リソースに比例して作業量も増えます。

こうも作業量が多いと「リソース回収してはセツエイ」の流れがゲームというより仕事のような感じになってきます。

ラストのディフェンスは「早く終わってくれ」な感じでもうテキトーにやっていました。

 

味方NPCが
・追従:攻撃できない
・待機:一歩も動かない
の2択なのがツラいところ。

追従状態では攻撃してくれません。

待機させるとデクの棒。
攻撃範囲にクセがあるので、配置がズレると全然攻撃してくれません。敵が真上にいてもスルー。
「なんでそこで棒立ちなんだよ!敵きてんじゃん!」とイラつきます。

結局、味方と協力するというより「移動可能なタレット」のように全て自分で扱う状態なので忙しい。

もう少し臨機応変に動いてほしかったです。
特にオッサン、修復ぐらい勝手にやってくれよ。

 

リトライが毎回、最初の準備フェーズから始まるのも面倒です。

一部のラッシュだけがキツいのに、リトライのたびに最初から。解除したギミックも元に戻ってしまう。

やることはだいたい決まっており、リソース回収と敵の進行ルートに慣れるだけ。
特にウェーブ合間のリソース集めは毎回同じことの繰り返しで、まさに作業。

何度もゲームオーバーになるうちリトライで最初からスタートするのがダルくなってきます。

 

設置物の使い道に幅がないのも作業に追われてしんどい要因。

設置物の種類は色々あるけど基本的には砲台・トラップのみ。
後半はリソース精製装置が登場します。でも結局はそれを使って砲台を作るわけで。やっぱりやることは同じ。

もっと色々なタイプの設置物があれば、色んな攻略法を楽しめたかなと思います。

 

まとめ:セールで半額以下ならお買い得

探索型横スクロールとタワーディフェンスの組み合わせは昔ながらの面白さ。
レトロフューチャーなグラフィックは美しく、操作しているだけで楽しいです。

後半はやたら忙しく作業量が多いのでウンザリしがちとはいえ、総合的に見れば良作。

僕はフリープレイで入手したわけですが、この内容なら定価2200円の価値あります。
セールで半額以下ならお買い得。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-Steam, アクション, PS4

執筆者:

関連記事

【龍が如く0 誓いの場所】攻略/感想/レビュー:シリーズ最高傑作 原点にして至高 作り込みに隙がない

PS4版がオススメ。店の出入りなどのロード時間が短い。 もくじ1 龍が如く0とは1.1 想像をはるかに超える出来1.2 渋いストーリー1.3 若いってやっぱ素敵1.4 堂島組・若頭補佐3人2 バブルを …

ニードフォースピード ペイバック【評価/攻略】スーパーカーのお祭りゲー 退屈させない工夫が盛り沢山

Paybackの意味は「復讐」。 仲間にハメられた主人公の復讐劇を描く。 新世代機向けとしてはシリーズ2作目。 ド派手なカーアクションのおいしいとこ取りを存分に楽しめる。 一方、課金要素など気になる点 …

バットマンアーカムナイト【評価/感想】バットモービルから真エンディングまで 考えられることは全て詰め込んだ超大作

発売当時「PS4を買ったらまず最初にプレイするのはコレ!」と思っていた作品。 バットマンをモチーフにしたオープンワールド。2015/7/16発売。 圧倒的な完成度の高さでキャラゲーの常識を覆した「アー …

【バイオハザード7】レビュー/評価/感想:プレイするとバイオらしさを感じる FPS・グロ・汚物で敬遠するのはもったいない

【シリーズ別リンク】 もくじ1 バイオ7とは1.1 あらすじ1.2 システム一新で原点回帰2 原点回帰=バイオらしさとは2.1 もどかしさ2.2 探索2.3 怖さ3 気になる点4 まとめ バイオ7とは …

DEEP FEAR【攻略/評価】深海×バイオハザードなんて面白いに決まってる(?)

バイオハザードっぽい深海探索アドベンチャー。 発売時期はすでにサターンが終わりかけてた頃なので知名度は低いです。 当時のゲーム雑誌で見たような記憶があり、ずっと頭の片隅に引っかかってた作品。 20年の …