アクション PS4

Bloodborne【感想/評価】クリアできないかもしれない…と思ったけど続けた結果、やっぱりダメだった

投稿日:2019-03-28 更新日:

B01BLYF6IE




「Bloodborne」。通称ブラボ。

ダークソウルでおなじみフロムソフトウェアが送り出した、新たな死にゲーです。

ソウルシリーズの初作「デモンズソウル」と同じ、SCEとフロムの宮崎チームによる共同開発。
PS4本体発売の約1年半後、2015/3/24発売。

2年前、ブラボはダークソウル(ダクソ)の数倍難しいと聞いてビビりながらプレイしました。
結果、中盤ぐらいで心折れて積み。

今回、そのブラボに再び挑戦します。
システムから何もかも忘れたのでニューゲームで開始。

結論からいうと、また中盤で投げました。
今回は「積み」ではなく「投げ」。再び遊ぶことはなさそうです。

投げた理由は2年前と同じ。
まずブラボがどういうゲームなのかを解説した後、つらつらと理由を書きます。



ブラボってどういうゲーム?

ゴシックホラーの新たな死にゲー

基本はダクソと同じ。
やられながらパターンを覚え、少しづつ先に進む死にゲーです。

世界観はダクソのようなファンタジーではなく、ゴシックホラー。
雰囲気はバイオ4序盤が近い感じ。ずーんと重くておどろおどろしい。

ブラッドボーン(血と骨)というだけあり、自分・敵ともに血が吹き出す。
自キャラは返り血を浴び、周囲が血まみれ。血みどろの死闘が楽しめます。

何の説明もなくいきなり負けイベントからゲーム開始。

「古都ヤーナムで主人公が「血の医療」を受けた後、「獣狩りの夜」に目覚めて獣を狩る狩人(ハンター)となる。」

ストーリーは、ゲーム中に説明的な演出が無いので普通に遊ぶと意味不明です。
ダクソと同じく雰囲気で感じるゲーム。

一応、フィールドに落ちているメモやアイテムの説明文がヒントになっています。

 

「ブラボはダクソの数倍難しい」ウワサは事実。

最初のエリア、市街地で心折れます。

私は一応「ダークソウル3」はDLC込みで8周目全ボス倒しました。
仁王もDLC込みで一通りクリア済です。

この2作と比べても、ブラボは序盤の難しさがダントツ。

最初のショートカットまでに何度投げそうになったか。
ショートカットに気づかないと死のループから抜け出せない。

開始1時間で「続けるか、やめるか」の選択を迫るゲームです。

 

理不尽な落下死や初見殺しは目立ちません。
単純に敵が強くて硬い。1体1体が強敵なので敵配置を覚えてもキツいです。

「同じザコ相手になんどもやられて頭にきて、順路関係なく倒そうとするが30分粘っても結局倒せない」
みたいなことが普通にあります。

眼の前の敵に手こずると周りの敵がわらわらと寄ってきて、気がついたときには囲まれて詰み。

市街地の先に待ち受けるのは、序盤にしては異常に強いボスの代名詞になったガスコイン神父。

2年前は初見で倒したんです。本当に。
今回は苦戦しました。こんなのを初見で倒せたなんて信じられない。

レベルアップと武器強化を進めた後、距離を詰めた方が安定することに気づいてようやく倒せました。

 

ダクソとは一味違うアクションとシステム

ダクソとは一味違う部分を紹介します。

 

・ゲームスピードが早い

ダクソに比べて自キャラの動きが軽快。
相応に敵の動きも早く、スピード感のあるバトルになります。

後手に回るゲーム性はダクソと同じ。
敵は超反応でこちら入力に行動を被せてくるし、ステップは回避後の硬直がしっかり長い。
先制攻撃は危険です。

スタミナ管理が重要なのもダクソと同じ。
ただ、軽快な挙動によりスタミナのことを忘れがちなのが厄介です。
「スピーディーに回避しながら欲張ってブンブン!→いつのまにかスタミナゼロで詰み」になりがち。
ダクソとは一味違うスタミナ管理が求められます。

 

・盾が無い。銃が使える

ダクソで頼りになる盾が無い。
敵のハチャメチャ攻撃を、ひたすらステップで避けて反撃。
防御の選択肢を捨て、攻めを重視した作りです。

パリィは使えます。それが盾のかわりに登場した銃で使える「銃パリィ」。
決まると銃撃で敵の攻撃をバコォン!と弾き飛ばして爽快です。

 

・回復システム

ダクソなら、ダメージ受けたら離れてエスト瓶で回復して立て直します。
対してブラボは、ゲームスピードが早い上に回復アイテム「輸血液」の回復量が少ないので立て直せません。

一撃食らうたびに1個使うような状態。
回復が追いつかず、回復に追われて攻撃の効率が悪くなってジリ貧です。

そこで重要なのが新システム「リゲイン」。
ダメージを受けてから一定時間内に反撃すると体力が回復します。
ピンチであえて攻める。ここも攻めを重視した作り。

追撃を食らうリスクと、反撃が成功すればダメージ回復で一石二鳥のリターン。
このリスク・リターンのギャンブル性で熱くなります。

 

ダクソのエスト瓶と違い、ブラボは回復アイテム「輸血液」が回復しないのも特徴。

消費した輸血液を用意する必要があるため、ボス戦で気軽に「死に覚え」できません。
ダクソよりボス戦のハードルが高い。

輸血液はザコ狩りで入手します。
ボスに負けて集中力が切れた中でザコに苦戦し、稼ぐつもりが輸血液使いまくったあげくまた死亡、経験値もロスト。
みたいな悪循環で熱くなります。

 

・血の遺志

経験値にあたる「血の遺志」は、ソウルシリーズと同じく死亡した場へ置いていく仕様。
未回収で再びやられるとロスト、再びその場所に行って回収する点も同じ。

ただ、ブラボは血の遺志が敵に乗り移る場合があります。
こうなるとその敵を倒すしかない。ダクソのようにささっと回収してささっと帰れない。

「回収したらすぐ戻るつもりだったけど、せっかくだし道中の敵を倒してもう少し稼ぐか」
の流れで何度、血の遺志をロストしたか。

ロストすると、暗転していく画面とシンクロして本当に魂が抜けていく気がします。

 

途中で投げた理由

物陰から不意打ちされ、視界外から銃で撃たれ、ときには高所からガトリング砲で狙い撃たれ、被弾硬直中に複数敵に差し込まれて終了。

そんなのは別にいいんです。死にゲーだから。

途中で投げた理由は、

・敵の強さに納得感がない。
・かわり映えしないステージ
・ひたすら回避して斬るだけ(遊びの幅が狭い)

この3点。
詳しく説明します。

 

敵の強さに納得感がない

敵の攻撃が、見てから反応できない速度&見た目と一致しない攻撃範囲。
1回引っかかると、追撃食らって終了。

こちらはシビアなスタミナ管理を強いられるのに、敵は無双乱舞のようなめちゃくちゃ攻撃で5秒ぐらいずっとブンブンします。

見た目で判別できないスパアマ攻撃を超反応で被せてくるのもツラい。

総じて、被弾したときの納得感が無い。

 

接近戦に特化したゲーム性に合わせて常にカメラが寄り気味。
デカい敵がほとんど視界に入りません。

巨大ボスなんてもはや下半身しか映ってない。
自キャラがめり込んでなにやってんのか全然わからない。

「なんか動いたっぽい」と雰囲気で回避する感じ。

地形やカメラワークのせいとしか思えない死に方をすることも多々あります。
ガスコイン神父戦の、いやらしく配置された墓石とか。

 

慣れたらまあ遊べるけど、アクションゲームとしてはどうなんだこれ?って気がします。

 

こちらの手数に応じて敵が硬い。

ダクソなら攻撃1発で済むところが2発になったようなもの。2倍の操作量を強いられる印象です。

 

特にボスが気が遠くなるレベルで硬い

モーションを1つ1つを体で覚えて、かつお節のように体力ゲージを削り取る地道な作業です。

「弱点やギミックを理解したら体力がゴリッと減って楽勝」みたいな近道はない。

しかもたいていのボスはHPが半分切ると発狂状態の新モーションに変化します。
せっかく見切ったのに新モーションでボコボコにされてまた覚え直し。かつお節を削り直し。

倒しても達成感より「しんどかったー」な疲労感が強い

 

かわり映えしないステージ

探索の楽しさは最初、市街地がピーク

ステージはどこも暗くてかわり映えしない上に、狭くてややこしい。

どこに行っても同じ場所をぐるぐる周っている印象です。
先に進んでも進んだ実感がありません。

探索で手に入るのは使い道に困るアイテムばかりで探索しがいも無い。
せっかく脇道でアイテムを見つけても「なんだよ、こっちが順路じゃねーのかよ」とイライラ。

中盤に隠し街ヤハグルをうろうろするうち、何が楽しくてプレイしているのかわからなくなりました。

 

ダクソと違い、各エリアからのファストトラベルができないのも面倒。
別エリアに行くときは拠点(狩人の夢)を経由して毎回ロード2回挟みます。

エリアロードの長さは地味に効く。というのも、

・どこも見た目が同じな上に、どこに行けばいいのかわからない
・ぱっと見でピンとこないエリア名

よって場所を間違えて拠点と各エリアを何度も往復するハメになります。
そのたびに長いロード2回はプレイをやめたくなるほどダルい。

 

ひたすら回避して斬るだけ

接近して回避しながら斬る。敵のモーションを覚えて差し込む。
最初からずっと同じことの繰り返しです。

例えばダクソなら、
「大斧に飽きたら片手剣、近接に飽きたら魔法キャラ作って、見た目に飽きたら防具を色々替えてみて…」
と色々なビルドを楽しめました。
ブラボにその楽しみはありません。

まず盾・弓・魔法が無い。

ソウルシリーズと比べて武器の種類も少なく、使用感はどれも似たり寄ったり。
変形ギミックで攻撃の使い分けを楽しむといっても、結局は接近して斬るだけです。

「銃で遠隔攻撃が楽しめるじゃないか」
と思われるかもしれません。しかし銃は銃パリィ専用
弾数が少なく攻撃力が低い。遠距離でちまちま撃っても全然倒せない。

肝心の銃パリィは、確定するタイミングが曖昧すぎて使う気が失せます。

攻撃モーション中に確定するかと思えば、そうでもない。
石を持った大男の振り下ろしとか、明らかにパリィ取れたはずなのにズドンと振り下ろされて大ダメージ。

結局、ザコ戦ではパリィを狙わない方が安定します。
銃が空気。盾がない=防御の選択肢も無い。
よって回避しながらザクザク斬るだけです。

 

防具の組み合わせも楽しめない。
見た目・性能ともに大差が無い。返り血をあびると全部ただの黒い布です。

ビルドに幅が無いのでキャラ育成の楽しみも薄い。
レベルを上げ、武器を強化しても各ステータスがちょっと上がるのみ。

武器強化も楽しめない。
武器はめったに落ちていないし、強化素材の縛りが厳しい。

 

輸血液が回復しない仕様は、ザコと積極的に戦闘させる仕組み。
結局のところ、道中を突っ切りショートカットを見つけてボス戦にたどり着くまではダクソと同じ。
稼ぎ場で稼ぐ手間が増えただけです。

 

まとめ:ガスコイン神父まではおすすめ

「もういいや。クリアできなかった記事にしよう」
と決心してプレイをやめると、何かから開放されたようにスッキリした自分がいました。

・敵の硬さ、納得感の無い攻撃がダルい
・輸血集め作業もダルい
・景色がどこも同じに見える
・やることも代わり映えしない。ザクザク斬るだけ

結果、中盤あたりで飽きました。

 

例えばブラボが、カプコンやスクエニが作った新規IPでも同じように高く評価されただろうか?と疑問に思います。
フロムのブランド力で紛れた部分があるのでは。

 

ただ、徹底したゴシックホラーとダクソ以上の死にゲーを味わえるブラボは現在でも唯一無二のゲームです。

中盤で心折れた自分も、序盤のガスコイン神父を倒すまでは濃厚な体験ができました。
早めに投げ出すのが前提ならプレイしても損は無いかと思います。

 

ソウルシリーズの原点↓
B08JH9BJGN






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4

執筆者:

関連記事

no image

ロックマンX3【攻略/評価】使えるゼロと究極ボディシグマ登場!SFC最後のエックス

「ロックマンX3」は、SFC最後のエックス。 傑作「X2」の続編だけに期待は高まります。 SFC最後というだけあり、ゼロチェンジ、強化チップ、ライドアーマーなど新システムと収集要素が盛り沢山。 シリー …

仁王2【評価/感想】DLC2「平安京討魔伝」:土蜘蛛倒すのに3時間もかかる奴おる?

意外と早く出ましたねDLC2。 DLC1「牛若戦記」(7/30)からたった2ヶ月半です。 本編(3/12)→DLC1の4ヶ月半に比べるとほぼ半分。 この調子なら年内のDLC3もあるか?…さすがに無いで …

バイオハザード7【評価/感想】紛れもなくバイオでした

 ゲームときどき雑記ブログ バイオハザードシリーズのおすすめ順【感想/評価】神ゲーからク○ゲーまでhttps://yagino.net/game-review/biohazard- …

クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!【攻略/評価】名作の良リメイク

もくじ1 クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!ってどんなゲーム?2 システム2.1 ターボ・ターバー・ターベスト!2.2 アイテム2.3 「おはなしモード」3 難点3.1 ちょうど良い …

カーズ3 勝利への道【評価/攻略】意外と遊び込めるスルメゲー

もくじ1 「カーズ3 勝利への道」ってどんなゲーム?2 システム3 まとめ 「カーズ3 勝利への道」ってどんなゲーム? 「カーズ3 勝利への道」とは、映画「カーズ 」を題材にしたレースゲームです。 キ …