「知っているかいないか」で大きな差がつく!人生逃げ切り戦略【書評】

投稿日:2020-07-15 更新日:

 

▼紹介

著者はエンジニア系インフルエンサー。
エンジニア、ブログ、オンラインサロンと展開し、少ない労働で月500万円得られるので暇になり、現在はYouTubeに進出中だそうです。

インフルエンサーがよく発信しているビジネス戦略から自己啓発まで、全般をまとめたような一冊。
一読すればインフルエンサーの考え方、というか世界観がわかります。

最近、僕はインフルエンサーを目指しているのか、アンチ・インフルエンサーなのかポジションがブレブレです。
なので、インフルエンサーへの認識をリセットするべく読みました。

 

▼メモ

■金を稼ぐ目的

金を稼ぐ目的は、不安の除去、自由(人間関係、時間、場所)を得るため。

得た後はリタイアでいい。これが逃げ切り。
凄い人になる!的な上昇志向ではない。

 

■なぜ個人が会社より稼げるのか

影響力は倍々で増える。その影響力に対して直接課金できるシステムがあるから。
今は個人が個人に課金するのが当たり前になったので、数年前より風当たりが少ない。

・影響力を大きくするコツ
良いタイミング(レッドオーシャンになる前)で、コツコツ発信。

 

■優秀さは必要ない。必要なのはポジショニング

優秀さは必要ない。
市場を占めるのは初心者だから。初心者より少し上程度が一番おいしい。

成功の可否は努力量ではなく市場の選定で決まる。
それがポジショニングであり、マーケティング。

・ポジショニング=ラクをして稼ぐ
・マーケティング=自分の発信によって誰をどの状態からどの状態にするか

まず狭い領域でマイクロインフルエンサーを目指す。
ポジションを取ってから横展開。

日本はインフルエンサー後進国なので、マイクロポジションが沢山空いている。

 

■強い意思も必要ない

ルーティンにすれば継続できる。

・起きる時間固定
・一日を1時間に細分化
・人と会ってモチベ維持

 

■ 情報発信のコツ

・個人的な問題解決の方法、体験を書く。
過去の自分に向けて発信。過去の自分をターゲットできれば、実体験を書くだけで読まれる。

・キャラになる
フォロワーは「この人ならこういうことを言うはず」を求める。つまり、マンネリを求めている。

・目線を下げる
市場を占めるのは初心者。

 

■学び方

目標と期限を決め、アウトプットを前提にしてインプットする。
自ら貪欲に学び、取り入れて実行し、量こなしつつ質を上げる。

 

■稼げる副業、稼げない副業

・稼げる→エンジニア、動画編集

フリーエンジニアは平均年収862万円。
常に供給不足。20年でAIにとって代わられると言われるが、逆に言うと20年は稼げるってこと。
gdpが下がり続けて小国化する日本を出るとなお良し。

動画編集も供給不足。やり方によっては荒稼ぎできる。
文脈を理解する国語力さえあれば、誰でもできる。

 

・稼げない→クラウドソーシング系
積み重ねても影響力が増えないから、その他大勢のまま。

 

■アンチへの対応

・無視
・見下す
アンチとの絡みは面白いコンテンツなので、子供をあやすようにじゃれ合うのはアリ。対等になるとダメ。

 

▼感想

初心者を少し上に引き上げる、まさに目線を下げた内容。本書の主張を体現しています。

僕はツイッターを始めた頃、誰かにとって有益なツイートを目指していました。
でも今ではメモ帳がわり。内容がブレブレです。いったい何アカを目指しているんだ…

根本的には、目標・期限を決めないからブレブレなのでしょう。
なんかこの感じが心地よいと思っちゃってるので、インフルエンサーになれる気がしません。

インフルエンサーになりたい気持ちはあるので、もっと色々見たり聞いたりして自己イメージを高めようと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-

執筆者:

関連記事

no image

【書評】楽しくなければ成果は出ない

楽しくなければ成果は出ない 田中 マイミ(著) もくじ1 紹介2 メモ3 感想 紹介 私は仕事が楽しいと思ったこと無いです。マジで。 やっぱり向いてないのかな…と悩んでいた頃に出会った本書のタイトル「 …

no image

日本再興戦略【書評】希望=俺

もくじ1 概要2 メモ3 感想:希望=俺 概要 帯の通り、希望の国(日本)のグランドデザインを描く本。らしい。   メモ 日本は欧米のシステムをつぎはぎして、その場しのぎで取り入れてきた。 …

no image

経済的自由への道は、世界のお金の授業が教えてくれる【書評】「お金持ち」でなくなった本当の理由

もくじ1 紹介2 メモ3 感想:「お金持ち」でなくなった本当の理由 紹介 経済的自由への道を教えてくれるということで読みました。 そんな道があるなら知りたい。   メモ ■日本にはお金の教育 …

no image

【書評】ドイツの脱原発がよくわかる本

もくじ1 概要2 メモ2.1 日本にドイツのマネはできない。する必要もない2.2 再エネが電力供給のセオリーをぶっ壊す!2.3 日本は放射線の危険性を煽りすぎ3 感想:小泉進次郎はこれを読め 概要 3 …

no image

いまこそ税と社会保障の話をしよう!【書評】GDP20%成長するから大丈夫!→はぁ?

  もくじ1 概要2 メモ2.1 自然にバランスするから大丈夫?2.2 消費税に反対する人は左?3 感想:俺は例外 概要 「成長はもうムリだから富を増やすのを諦めて上手く配分しよう」って話。 …