経済的自由への道は、世界のお金の授業が教えてくれる【書評】「お金持ち」でなくなった本当の理由

投稿日:2021-06-27 更新日:

B083NJBW98

紹介

経済的自由への道を教えてくれるということで読みました。
そんな道があるなら知りたい。

 

メモ

■日本にはお金の教育が無い

アメリカでは小学生から投資について学ぶ。北欧の教育でもお金について考えさせる。

対して日本にはお金の教育が無い。

だから、
・複利の計算ができない
・緊急時に備えた蓄え(給料3ヶ月分)があるのはたったの55%
・非正規手取り14万で奨学金返済5万を抱えてしまう。
16万人が返済滞る。卒業後すぐ自己破産する例もある。

「お金は汚ないもの」という意識を今すぐ捨てて勉強するべき。

 

■その他

リスクに対処する方法は3種類
運転でいえば、
・回避:免許証返納。乗らない
・移転:保険に入る
・低減:安全運転

ヒューリスティック(経験則、直感による意思決定)はバイアスがかかる。
・損失回避
・現状維持
・同調性行動
さらに、売り込むが側は「情報の非対称性」を利用してインセンティブを作る。

 

感想:「お金持ち」でなくなった本当の理由

たしかに本書のような、家計レベルの「お金の教育」は必要でしょう。

現在の日本は貧困化+増税により税金で所得の大半が消えるため、貧困層ほど節税や運用が死活問題となります。

私は個人事業主。確定申告が面倒くさすぎて3月は毎年どこかへ消えたくなります。
高校数学なんてやるヒマあったら申告書の作り方や複式簿記の書き方を教えろよ、と腹が立つ。

 

ただ、国のあり方として本当にそれで良いのでしょうか。

お金の教育が無いのは、考えようによっては良いことです。
だって、教育しなくても不自由なく暮らせたってことだから。

今までは貯金が無くても、奨学金があっても、正社員になれて安定収入があったから問題なかった。
お金について何も知らなくても、一生使わない数3や古文をのんびり勉強できた。

一生使わない何かの教育を削ってお金の教育をねじ込むということは、みんなが生活に困らず勉学に邁進できる社会から欧米型自己責任社会に向かうということです。

 

また本の帯「なぜ日本人は「お金持ち」でなくなってしまったのか?」を考えるなら、個人のやりくりより国家レベルの視点が必要です。

お金の教育には2種類あります。
それは家計(ミクロ経済)と国家財政(マクロ経済)。

本書で語られているのは前者だけなのが厄介です。
というのも、ミクロとマクロをごっちゃにして国家財政に家計感覚を持ち込んだのが貧困化の元凶だから。

借金は嫌、赤字は嫌。そんな家計感覚で政府が支出を減らしたため国民の所得が減り、日本人はお金持ちでなくなりました。
結果、限られた需要の奪い合いになってお金の教育が必要になった。

 

つまり、
・自己責任社会の是非
・ミクロとマクロの違い
この理解を共有する必要があります。
理解せずにお金の教育をしても、国家としては格差拡大しつつ全体的に貧乏になるジリ貧。

と、私のような貧困層が語っております。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-

執筆者:

関連記事

no image

日本再興戦略【書評】希望=俺

もくじ1 概要2 メモ3 感想:希望=俺 概要 帯の通り、希望の国(日本)のグランドデザインを描く本。らしい。   メモ 日本は欧米のシステムをつぎはぎして、その場しのぎで取り入れてきた。 …

no image

【書評】ドイツの脱原発がよくわかる本

もくじ1 概要2 メモ2.1 日本にドイツのマネはできない。する必要もない2.2 再エネが電力供給のセオリーをぶっ壊す!2.3 日本は放射線の危険性を煽りすぎ3 感想:小泉進次郎はこれを読め 概要 3 …

no image

【書評】楽しくなければ成果は出ない

楽しくなければ成果は出ない 田中 マイミ(著) もくじ1 紹介2 メモ3 感想 紹介 私は仕事が楽しいと思ったこと無いです。マジで。 やっぱり向いてないのかな…と悩んでいた頃に出会った本書のタイトル「 …

no image

【書評】バカとつき合うな

堀江貴文(著), 西野亮廣(著) もくじ1 概要2 メモ3 感想:つまんない書評書くバカ 概要 堀江貴文さん、西野亮廣さんが交互に、24+4パターンの付き合ってはいけないバカを晒します。 僕は自分がバ …

no image

「知っているかいないか」で大きな差がつく!人生逃げ切り戦略【書評】

「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略 やまもとりゅうけん(著)   ▼紹介 著者はエンジニア系インフルエンサー。 エンジニア、ブログ、オンラインサロンと展開し、少ない …