ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

日本大空爆 ―米軍戦略爆撃の全貌【書評】

投稿日:

 

▼紹介

アメリカ側の史料と被爆者のインタビューで、日本本土空襲の実態に迫ります。

毎日新聞(大阪本社版)の連載をまとめたものなので、関西の話がメインです。

 

▼メモ

■原爆不要論

米国戦略爆撃調査団は敗戦直後、「戦略爆撃」検証ために1000人体制で日本各地を調査した。
その報告書では、原爆を落とす必要はなかったと結論づけている。

 

■住民標的爆撃

日本への空爆はもはや無差別、盲爆ではない。
いかに効率よく住宅を焼き払うかを考え尽くした「住民標的爆撃」。

・無差別の前例はある
ドイツ:スペイン・ゲルニカ
日本:重慶

 

■主要4都市爆撃

焼夷弾は中心にまとめて落とし、炎の波を作るのが重要。まだらな火災になるとダメ。
主要4都市爆撃では、焼夷弾の落とし方の結果検証が行われている。実験として落としたのは明らか。

まず関東大震災の火災調べあげてデータ化。
対象都市を機能・燃えやすさで細かくゾーン分けし、最適な配分で爆撃。

わずか1週間で、4都市で実験。

東京(3.10):投下間隔が広がりオペレーションは失敗したが、強風により燃え広がり結果は成功。

名古屋(3.12):東京の結果を踏まえて投下間隔を広げたが、まばら火災になり失敗。

大阪(3.13):東京・名古屋の結果から得た投下間隔で成功。

神戸(3.17):大阪の成功モデルを実証。

 

■爆弾の使い分け

・爆弾
4.5t:模擬原爆「パンプキン」
2.0t:住友桜島工場(現USJ)を徹底破壊
1.0t:爆撃のトラウマを与える大型爆弾
500,250kg

・破片爆弾
避難・消化活動を妨げる。現在は非人道的すぎて禁止されているクラスター爆弾の原型。

・焼夷弾
エレクトロン焼夷弾:水をかけると燃える
黄燐焼夷弾:ガスが広範囲に広がり、皮膚・呼吸器を侵食

 

■地方都市爆撃も凄まじい

富山は焼失面積あたりの焼夷弾投下数が東京の10倍。都市破壊率は驚異の99.5%。
和歌山串本町へ、爆弾を捨てるように爆撃。
迎撃力もないため、B29だけでなく普通に空母艦載機が飛んでくる。

 

■その他

大阪砲兵工廠(大阪城周辺):アジア最大規模の軍事工場
甲子園:戦時中は兵器工場として使われた

 

▼感想

大阪爆撃後の写真を見ると、原爆投下後の広島と大差ない更地になっています。

日本に迎撃力が無いから何度でも爆撃できるので、更地にするだけなら原爆は必要ない。
圧倒的優勢な側がいくら「新兵器のインパクトでビビらせた」的な理屈を言っても説得力ゼロ。
やはり原爆は不要だったと思います。

爆撃は天気予報が死活問題になるようです。
戦時中の研究が今の天気予報に活きているのかも。

 

現在僕は大阪に住んでいるので「大阪砲兵工廠」に興味が出ました。
大阪城東(京橋~森ノ宮)の敷地全てが軍事工場だったってマジ?

調べたところ、
あの辺りは「焼跡地は不発弾があり危険」ということで戦後約20年ほどは更地で、その後鉄くずを回収する「アパッチ族」がバラック集落を作り、昭和30年代初頭まで警官と合戦を繰り広げたのだとか。

どうりで、あの辺りはホームレスが多いわけだ。(関係ない?)

 

当時、アメリカが日本の都市がどう燃えるかを調査するため、関東大震災を調べ上げているのが凄い。日本より詳しく調べているのでは。
爆撃では東京・名古屋・大阪・神戸と、結果を踏まえながら着実にデータを積み重ねています。

この、調査・結果・検証のサイクルが強さの秘訣かも。
精神論を振りかざし、ガダルカナルで「戦力の逐次投入」をしていた日本と違う気がします。

とはいえ アメリカの場合は余裕があり、戦後を見越してるから冷静なのは当たり前ともいえます。
そりゃこんだけ戦力差あったら実験感覚で色々できるわ。

戦勝国・アメリカは上手くやった分が見習うべき前例になる一方、敗戦国・日本は上手くやった分だけ責められるというバイアスもある。

戦争の反省点については、当時のリアリティも踏まえて考える必要がありそうです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-

執筆者:

関連記事

【文章・話し方】30代独身男が教養をつけるための読書【書評】

もくじ1 文章1.1 言葉を減らせば文章は分かりやすくなる1.2 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉1.3 6億円文章術1.4 言語化力1.5 新装版「分かりやすい表現」の技術1.6 まんがで身につ …

no image

バカとつき合うな【書評】

バカとつき合うな 堀江貴文(著), 西野亮廣(著)   ▼紹介 堀江貴文さん、西野亮廣さんが交互に、24+4パターンの付き合ってはいけないバカを晒します。 僕は自分がバカ側である自覚があるの …

【勉強法】30代独身男が教養をつけるための読書【書評】

もくじ1 読書術1.1 死ぬほど読めて忘れない高速読書1.2 1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読1.3 知識を操る超読書術1.4 考える力と情報力が身につく 新聞の読み方2 メモ2.1 メモ …

no image

9割捨てて10倍伝わる「要約力」【書評】

9割捨てて10倍伝わる「要約力」 山口 拓朗(著)   ▼紹介 最近はイラストに力を入れているので、ライティングの勉強が疎かです。 そろそろ自分のライティングノウハウに何かプラスαしたいなと …

書評記事まとめ (仮)

もくじ1 ジャンル別1.1 歴史1.2 政治/経済1.3 仕事術1.4 勉強法1.5 自己啓発/哲学1.6 文章/話し方1.7 絵/創作2 個別記事 ジャンル別 歴史  ヤギ雑記ブログ&nb …