ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション SFC

スーパードンキーコング【評価/攻略】SFCの限界突破!至高のグラフィック&アクション

投稿日:2018-04-07 更新日:






SFC(スーファミ)でおなじみのドット絵とまるで違う!
当時、小学生だった自分と同級生の度肝を抜いたプリレンダCGのグラフィック。

その秘密に迫りながら、本作の魅力を紹介します。
さらに久しぶりのノーコンクリアに挑戦したプレイレポつき。



スーパードンキーコングとは

横スクロールアクションの傑作

スーパードンキーコングとは、イギリスのレア社が開発したSFCの横スクロールアクション。

1994/11/26発売。SFC歴代売上4位の大ヒット作(日本国内)。

 

シリーズ最高傑作は続編「2」という意見が多いかも。
でも2より簡単で、サクッとコンパクトに遊べる本作も素晴らしい出来。僕は2と同じくらい好きです。

ヌルゲーでも難ゲーでもない絶妙なバランス。
シリーズ初作ということで「スーパードンキーコング」シリーズの中では一番簡単です。
慣れたら2時間ぐらいでクリア可能。

進むたびに工夫を求められる、レベルデザインも絶妙です。
タイヤ、ロープ、タル、アニマルなどのギミックが手を変え品を変えて登場。
先に進むほどアクション・ギミックを学習して上達している実感があります。

 

簡単とはいえ、タル大砲や「マインカートコースター」は何回やっても恐怖。

「カー、カー、カー」と連続で倒せる敵や、リズムよく配置されたタルで立ち止まることなくテンポ良く進めます。
一方でそのリズムを利用した罠があり、一筋縄ではいきません。常に緊張感があります。

 

ステージのパターンが豊富で、プレイ体験が濃厚。

ワールドは6レベルに分かれており、各レベルのマップからステージを選択。最後はボスと対決。

レベルごとに採掘場、雪山などテーマが異なるので構成にメリハリがあります。

ワールドマップ→各マップへの移動は自由です。

一方、マップ→ワールドの移動は、ファンキーコングの飛行機を使うかボスを倒す必要あり。
そのため、セーブできるタイミングが限られます。

このシステムが、「もう残機が…次のセーブポイントはまだかぁ~」という緊張感を生みます。
2に比べると簡単とはいえ、油断はできません。

 

操作キャラはドンキーコングとディディーコングの2人。
一方のキャラクターを操作し、残りは後ろからついてきます。いつでも交代可能。

2人には性能差があります。

・ドンキーは頑丈な敵を倒せる
・ディディーは機動力が高い

状況に応じて交代すると有利。
かと思いきやゲームに慣れるとドンキーの出番は少ない、というかほぼ無い。

 

2人プレイに対応しており、友達と一緒に楽しめます。

・それぞれのチームで交互に遊ぶ
・それぞれのキャラを担当

の2パターンから選択可能。
後者の場合、上手い人がディディーを担当するとドンキー担当の出番が無くなります。

 

グラフィックの特徴

発展途上のCG技術をいきなり完成した表現として仕上げてきた!

「プリレンダリングの3Dモデルを作る→2Dアニメーションに落とし込む」技術を、完璧なクオリティで活用。
ジュラシックパーク、ターミネーター2などに使われた、当時最新のCG開発ツールを使用しています。

「複数の色を交互に高速に点滅させる」というレア社の独自技術で、限界以上の色数を表現。
SFCの色数制限内で、フルカラーの3Dモデルを表現しました。

 

技術だけでなく、3Dモデルのデザインセンスも素晴らしい。
4種類のアニマルフレンド。敵のワニ、ネズミ、ハチ、ヘビ、魚、サメ、タコなど様々な動物が入り乱れてにぎやか。
色んな生き物が住む自然を堪能できます。

 

地形&2枚重ねの一枚絵で構成された、背景の美しさも圧巻。

「クリスタルトンネル」の背景を見ると、2020年の今でもうっとりします。
木や岩の質感、海、雪の雰囲気も抜群。

この豪華なグラフィックで、キャラが見やすいのも凄い。
美しいだけではない。遊びやすいように配慮した絵作りです。

 

■余談

意外なことに、ファミコン~PS2の画面解像度はあまり差がありません。
本作が次世代機水準のグラフィックに見えるのは、やはり色数の影響が大きい。

解像度
・FC :256×240
・SFC :256×224 512×448(インターレース) ※例外あり
・PS1 :256×224 640×480(インターレース)
・PS2 :720×480(インターレース)

色数
・SFC:32,768色
・PS1:1677万色(=フルカラー)

サウンド

サウンドメモリの限界を感じさせない幻想的なBGM。
それまでのゲーム音楽の常識を超えた、曲を聴くだけでも満足感がある贅沢な音です。

「アンビエント」(環境音楽)を巧みに取り入れ、耳から頭へすっと入ってくる。
集中して勉強したいときなど、作業用音楽としても聴きやすい。

コンポーザー(作曲)はデビッド・ワイズ氏。
スーパードンキーコングシリーズ以降の活躍が少ないこともあり、伝説的存在になっています。

サウンドトラックにプレミアがついて、「ドンキー2」サントラが20万円なのは有名な話。

現在、何万円で売っているか確認しよう↓

ゲーム・ミュージック(アーティスト)

 

SEも独特。

敵を倒したときの「あ゛ー」「フゴォー」「キー」といった生々しい叫び声が耳に残ります。
蜂を倒したときのSEが生々しすぎるので続編「2」で修正されたほど。

着地、鳥の羽ばたきなど細かいSEも秀逸です。

 

久しぶりにノーコンクリアに挑戦

久しぶりにプレイしました。

小学生のときから数えてもう何十回とクリアしたけど、ステージギミックとかほとんど忘れてます。
せっかくなのでノーコンクリアに挑戦。

 

ドンキーでスタート→2人揃ったらさっそくディディーに交代。
シリーズ通して不遇なパワー系ゴリラの活躍機会は少ないです。

・動きが遅い
・体が大きいから食らい判定がデカい
・タルを頭上で持つから横方向に無防備
・角度をつけて投げるから扱いづらい。モーションが遅い

このように不遇。

 

コング達を手助けしてくれる「アニマルフレンド」は操作が難しい。
助かるどころかミス要因になることが多いです。

 

海の表現も見どころ。
水中の浮遊感が上手く表現されています。慣性でスイスイ進むのが気持ちいい。

BGM「サンゴの海」は切ない気持ちになる名曲です。

 

シリーズの特徴的なギミック「タル大砲」が連続する1-5「タルたいほうの谷」。

個人的にタル大砲が苦手。せっかちだからすぐ発射してミスる。
モニタ2つ用意して友人と並走したら、いつもタル大砲で追いつかれます。

 

ボス戦は続編に比べて単調です。
まあシリーズ初作だから仕方ないところですね。

 

アニマルの中でも特に操作が難しいカエル。
せわしなく跳ねるし、体型的に接地感が無い。
安定を取るなら僕は乗りません。

 

2-1「マインカートコースター」で早くも残機を吐き出しました。ゲームオーバーの危機!

 

カエル&足場が小さくて大ピンチ。

 

レベル3の難関ステージ、3-3「ジンガーの森」。
いよいよ難易度が上がってきました。

 

「裏切りマンキーコング」では、コング族を裏切ってクルール側についたマンキーコングが登場。

 

レベル4「ホワイトマウンテン」は、中盤にして「ドンキー1」の最難関。

最初のステージ4-1「ふぶきの谷」がいきなり本作トップクラスの難しさ。

アニマルフレンドのダチョウの扱いづらさも最高クラス。
落ち着きが無く、全く接地感がありません。

先に進むとだんだん吹雪が激しくなり不穏な音楽になります。
タル大砲が連続する後半の難しさが異常。みるみる残機が減りました。

レベル4は「ふぶきの谷」以降も難しいステージが続きます。
しかも、4-5「トーチライト トンネル」をクリアするまでセーブできません。

レベル4を超えられるかどうかが、ノーコンクリアの分かれ目です。

 

4-4「クロクトパスの海」。
水中ステージの難易度もアップ。イカの動きのいやらしさはマリオ譲りですね。

 

4-5「トーチライト トンネル」。
スコークスライトが方向転換たびフラッシュするので目に悪いです。
なるべく方向を変えずに進みたいけど、そうも言っていられない難しさ。

 

難関レベル4を突破し、なんとかレベル5へ。

5-4「ヘドロのみずうみ!」は初見で本作屈指の難しさ。
画面外からいきなりスピナーが現れ、気づいたときには慣性がついているので避けられない。

水中ステージもここまでくると気持ちよく泳いでる場合じゃないです。

 

オンボロすぎて停電する5-6「オンボロこうじょう」。
「真っ暗でも進める俺スゲー!」と思わせてくれる絶妙な暗転時間。

 

レベル5ボス「ダムドラム」。
吐き出すザコ敵を倒し続けるとなぜか倒したことになります。

レベル4を越えた後はわりと簡単。最後までスムーズに進めます。
てかレベル4が難しすぎた。

 

6-5「最後のステップ」。
最後のステップに最後の初見殺しがあります。

ステージ最後、足場に居座る太った敵「クランプ」をディディーで踏みつけると跳ね返されて落下死。
クランプに備えてドンキーに交代すると、モーションが遅いから後半の早い展開についていけないジレンマ。

 

ついにたどり着いたラスボス「キングクルール」。

 

見事倒してノーコンクリア達成…?

 

いきなり立ち上がってめちゃ鋭い軌道でジャンプしてきた!
なす術もなく敗北。

何度目かにコツをつかんで倒せました。
ノーコンクリア達成!

 

この期に及んでエンディング用専用モーションとか、もうどんだけ作り込んでるんだと。開発者に感謝。

 

まとめ

グラフィック、サウンド、アクション、どれも飛び抜けて素晴らしい。SFCを代表する名作の1つです。未プレイの方はぜひ。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, SFC

執筆者:

関連記事

【スーパーボンバーマン2】レビュー/評価/攻略:クラシックなボンバーマンの決定版

もくじ1 はじめに2 ノーマルゲーム3 バトルモード4 おわりに はじめに スーパーボンバーマンシリーズ2作目。 新要素を追加して正当進化。 ■追加アイテム ・「パワーグラブ」削除、「パワーグローブ」 …

【インファマス セカンドサン】レビュー/評価/攻略:超能力パルクール 太く短い快感

もくじ1 本作の特徴1.1 ストーリー1.2 超能力パルクール1.3 シアトルの街並み1.4 カルマシステム2 4つの能力2.1 スモーク2.2 ネオン2.3 ビデオ2.4 コンクリート3 不満点3. …

【グラビティデイズ2】レビュー/評価/攻略:爽快なシステムで窮屈なプレイを強いる

もくじ1 重力的眩暈完結編1.1 多層構造マップ1.2 重力操作アクション2  プレイした感想2.1 なんだか窮屈2.2 戦闘がつまらない2.3 ストーリーについていけない3 おわりに 重力的眩暈完結 …

サイレントヒル 【攻略/評価】バイオとは似て非なる「静的」ホラー

もくじ1 サイレントヒルとは:「静」の恐怖2 攻略2.1 スタート~2.2 MidwichElementarySchool(学校)2.3 ALCHEMILLA HOSPITAL(病院)2.4 ~下水道 …

ロックマンX7【評価/攻略】ゲームというよりストレス発生装置

記念すべきPS2第一弾のナンバリング作品「X7」を紹介します。 なんとフル3Dになり、システムも大きく一新。 それまでの横スクロールアクションとはまるで違うゲームになりました。 失礼なタイトルからお察 …