レース SS

アウトラン【感想/評価】セガの青色は青空の青

投稿日:2019-11-29 更新日:

B0009W1Q2A






アウトランってどんなゲーム?

アウトランはセガのアーケードレースゲーム。1986年稼働。

大画面&スピーカーに加え、可動する大型筐体を採用。
ハンドル操作に合わせて筐体が左右に動き、クラッシュ時には振動するのだとか。

ディレクターはあの鈴木裕※さん。
(※「バーチャファイター」「シェンムー」などの生みの親)

 

当時の2D表現を突き詰めた、美しいグラフィックが特徴。
景色がチカチカと流れる独特のスピード表現は今でも見応えがあります。

舞台はヨーロッパっぽい公道。
自車のモチーフはあのフェラーリ・テスタロッサ。

制限時間内にチェックポイントを通過できないとゲームオーバー。コンティニュー無しの一発勝負です。

全部で5ステージ、15コース。

ロケーションは、ステージごとに海岸、遺跡、砂漠、夕暮れなどバリエーション富か。
1つのルートをクリアした後、他ルートも走ってみたいと思わせる魅力があります。

 

操作は「アクセル、ブレーキ、2段シフト」のシンプル操作。
挙動は素直。アクセル・ブレーキの速度調整でコントロールできます。

クラッシュすると300km/h弱からカップル2人が投げ出されるけど、気を取り直ししてまた乗り込みます(笑

 

史上初のドライブゲーム

本作がゲーム史に名を刻む名作といわれている理由は、「史上初のドライブゲーム」といえる作品だからです。

車ゲーといえばサーキットで順位を競うものしかなかった当時、美しく描かれた公道を景色を楽しみながらひた走る「ドライブゲーム」として作られたのが画期的です。

 

制限時間内にチェックポイントを通過するシステムは従来通り。
その上で、分岐の自由度があります。

1ステージごとに左・右分岐があり、プレーヤーが自由に選択可能。
コース分岐は「ダライアス」※のような樹形図状に広がります。
(※ダライアスは1987年稼働なので、むしろ本作が元ネタ)

当時、この自由度は画期的。
美しい景色と相まって従来のレースゲームとは別次元の開放感があります。

ステージの移行はシームレス。
徐々に景色が変化する演出が美しい。

 

音楽もドライブゲームにふさわしく、5分フルで聴かせます。
最後まで走りきればちょうどフルで聞ける仕様。
ゲームBGMといえば短いフレーズのループが当たり前だった当時、これは画期的です。

ルートだけでなくBGMも選択可能。

・MAGICAL SOUND SHOWER
・SPLASH WAVE
・PASSING BREEZE
の3曲いずれも名曲です。

B082JQ363X

 

これらの要素が相まって、今プレイすると2D版「首都高バトル」「ニードフォースピード」って印象です。
史上初のドライブゲームといわれるのもうなずけます。

そんな本作はストイックにレースを走るゲーマー、車好きの心までキャッチして世界中で大ヒット。

当時のセガは間違いなく世界最先端のゲームを作っていました。

 

サターン版のみ完全移植

PCエンジン、メガドライブ、サターン、PS2、3DS、Switchなどに移植されています。
その他、「シェンムー」や「龍が如く」のゲーム内ミニゲームにも登場。

PS2版はポリゴンでリメイク&自車デザインが別物。なので今遊ぶなら3DSかSwitch版が良いかと。
ただし権利の関係でやはりどちらも自車デザインが別物です。

 

オリジナルのテスタロッサにこだわるならサターン版一択。
それ以前のハードは性能が足りないため劣化移植。完全移植といえるのはサターン版だけです。

またサターン版は追加機能が盛り沢山で、オリジナルを超えたと一品と評価されています。

追加要素は以下。

・国内・海外バージョンを選択可能
・「エキストライージー」
・オートマ
・隠しモード「スムースモード」
(オリジナルの30fpsを60fpsにする)
・グリップ力向上機能

今回はサターン版でプレイしました。
元のハンドル操作はアナログなので、サターンパッドのデジタル操作では少々厳しい場面も。
セガマルチコントローラー(マルコン)ならアナログ操作可能。本物にこだわる方はマルコンも買いましょう。

 

プレイした感想:難しい!

当時のアーケードゲームらしくシビアです。
正直、美しい景色を眺める余裕なんてありません(汗

難易度ノーマルだと1回クラッシュするだけでタイムオーバー必至。

ステージ1から緊張感が半端じゃないです。
最初からコースを左右に振って看板にぶつけようとしてくるからたまらない。
少しでもミスるとタイムロスが後に響いてクリア不可能になります。

中盤以降、アップダウンで見通しが悪くなってからのいきなりカーブとか、
右に振ってから左急カーブで少しでも反応遅れると看板直行とか、
完全に殺しにくるので初見では厳しい。覚えゲーです。



コースを覚えても一般車の配置はランダムなので毎回気が抜けません。

他車にぶつかるとスピンでコースアウト。
車の処理に集中するとコース脇に追いやられてカーブでやはり外に弾き出される。

他車が嫌らしく幅寄せしてくるし、ステージが進むと交通量が増えて後半は「ディーフェンス!ディーフェンス!!」とラグビーのように自車が取り囲まれます。

他車は自車が横に並んだ瞬間に消えて判定も無くなるのが救い。
後ろから追突されたり、横から押されたりすることはありません。

 

総じて、100円を瞬時に吸い込む難しさ。
大型筐体でコストかかってるだけあって回転率が良いですね(笑

私は難易度ノーマルを諦めてイージーでクリアしました。
イージーでもゲキムズです。

 

ちなみに左(上ルート)が簡単で右(下ルート)が難しいらしい。
最終ステージごとにエンディングが違います。
下ルートの方が扱いが良い気が(笑

 

まとめ:セガの青色は青空の青

今プレイしても美しいと思えるグラフィック。
一方、1クラッシュも許さない難易度は当時のゲームらしくて懐かしい。
今プレイしても面白いです。

本作によりセガのゲームといえば青空の開放的なイメージが定着したらしい。
それほどの影響を残した名作です。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, SS

執筆者:

関連記事

no image

セガラリーチャンピオンシップ【感想/攻略】ラリーゲーの革命

もくじ1 セガラリーチャンピオンシップってどんなゲーム?1.1 初の本格ラリーゲー1.2 完璧な移植2 チャンピオンシップモード1位を目指す2.1 初級「DESERT」2.2 中級「FOREST」2. …

カーズ3 勝利への道【評価/攻略】意外と遊び込めるスルメゲー

もくじ1 「カーズ3 勝利への道」ってどんなゲーム?2 システム3 まとめ 「カーズ3 勝利への道」ってどんなゲーム? 「カーズ3 勝利への道」とは、映画「カーズ 」を題材にしたレースゲームです。 キ …

ニードフォースピード ペイバック【評価/攻略】スーパーカーのお祭りゲー 退屈させない工夫が盛り沢山

Paybackの意味は「復讐」。 仲間にハメられた主人公の復讐劇を描きます。 新世代機向けとしてはシリーズ2作目。 ド派手なカーアクションのおいしいとこ取りを存分に楽しめる一方、課金要素などいくつか気 …

ソニックチームレーシング【評価/攻略】そろそろマリカーを超えてほしい

もくじ1 ソニックチームレーシングってどんなゲーム?2 見どころ3 難点4 まとめ ソニックチームレーシングってどんなゲーム? ソニックチームレーシングとは、セガの看板キャラ・ソニックとその仲間達が入 …

no image

Jリーグプロサッカークラブをつくろう!2【感想/評価】「寝る前にあと1年」が止まらないやつ

どうも、前回遊んだ「世界初、サッカーRPG」でフラストレーションが溜まったヤギです。 おまたせしました、本命の登場です! サカつくが面白いのはわかる、でも 「サカつくシリーズってたくさん出てるけど、ど …