ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション SFC

ロックマンX3【攻略/評価】使えるゼロと究極ボディシグマ登場!SFC最後のエックス

投稿日:2017-09-23 更新日:






「ロックマンX3」は、SFC最後のエックス
傑作「X2」の続編だけに期待は高まります。

SFC最後というだけあり、ゼロチェンジ、強化チップ、ライドアーマーなど新システムと収集要素が盛り沢山。
シリーズ最強といわれるシグマを筆頭に難易度は高め。

そんな歯ごたえ・ボリューム満点な「X3」を味わうための、新システム解説&おすすめステージ攻略を紹介します。
もちろんゼロサーベル入手に対応!





SFC最後のエックス

SFC作品の中で最大のボリューム

ロックマンとは違う、ダッシュや壁げりを使う「スタイリッシュアクション」が売りのエックスシリーズ。
「3」ではそこに様々な新要素を盛り込んでボリュームアップ!

具体的には、

・ゼロチェンジ:Xファン待望のゼロが操作できる

・強化チップ:パーツの能力を強化

・ライドアーマー:収集要素になり4種類に増えた

・ナイトメアポリス:X2のカウンターハンターにかわる新たなイベントボス
(ヴァジュリーラ、マンダレーラ)

・因縁の敵「VAVAMk-II」が専用ステージをひっさげて復活。

・「X1」にあった「他ステージの攻略状況に応じたステージ変化ギミック」が復活。
最終ステージは乱入ボスの撃破状況で大きく変化。最終ステージ2は中ボスが登場したり、ボス部屋が全く別ものに変わる。

以上のように新要素が盛り沢山。
また、新要素に合わせてステージが長いので、SFCのシリーズ作品中で最大のボリュームです。

ちなみに、シリーズ唯一の外注作品。

 

演出は劣化

ボリュームはシリーズ最大ですが、演出は劣化しています。
X2に比べて、X3が賛否両論なのはそのため。

 

■ステージ

やたら長く感じる、っていうか実際長い。

ナイトメアポリス部屋と、ボス同様の中ボス撃破演出でテンポが悪いためより長く感じます。
中ボス後が中間地点になっていないステージがいくつかあるため、ボスまでに死ぬと中ボスと再戦するハメに。

 

■中ボス、ボス戦

ボス登場演出のバリエーションが減少。画面上からただ降ってくるだけ。
ボスに弱点武器を当てたときの専用モーションもありません。

ザコや中ボスは凝ってるのに8ボスの動きは硬くて地味。ほぼ突進か小ジャンプの繰り返しです。
それでも強く感じるのは前作までと比べて被ダメージが大きいから。

SEが妙に少ないのも気になるところ。ボスが派手に動いてるのに無音だったりします。
「フローズン・バッファリオ」なんてデカい図体なのにほとんどの攻撃が無音。
そのせいでタイミングが取りづらい。ゲーム性に影響出ちゃってます。

 

■ナイトメアポリス

8ボスとは別の、ステージ本道にランダム乱入してくるボス。

全ステージに乱入ボス登場用のフロアがあるため、乱入がなくても必ず何も無いフロアを通ることになりテンポが悪いです。

X2にも乱入ボス「カウンターハンター」がいましたが、カウンターハンターは出現場所がわかるし本道には出ません。

ゼロが乱入ボスフロアで強制交代になるのも残念なところ。

また、ナイトメアポリスはカウンターハンターに比べてキャラの魅力がイマイチ。やってることが支離滅裂です。

ドップラー「エックスは生けどりで」→ ヴァジュリーラ「博士の命令だ、悪いが消えてもらう」

 

■BGM

前作から作曲者が変わりました。全体的にヘビィロック風。

聴きはじめは「おっ良い感じだな!」と思います。でもずっと聴いていると同じ部分がループしているように感じて単調。
ステージが短ければループも気にならないけどX3のステージは長い。

また、一曲ごとに聞くと良い感じですがゲーム全体としてみると曲調がどれも似ているのでバリエーションが少ない印象です。

前作までに比べて劣化とは言えませんが、単調に感じるのは確か。

 

豊富な新要素

ステージ攻略の前に、X3ならではの豊富な新要素について解説します。

ゼロチェンジ

「ゼロチェンジ」により操作キャラをエックスからゼロに交代!
ゼロを操作できるのはシリーズ初。

ただしX4以降と違いサポートキャラ扱い。

・呼び出せるのはステージ1プレイ毎に1回だけ
・ゼロの強化は不可
・ボス、中ボスとは戦えない
・乱入ボスフロアで強制交代

このように縛りが多いです。

 

肝心の強さですが、エックスをある程度強化した後は使い所がない。

使用感はX2で登場したときのイメージそのまま。
4段階チャージが楽しい。最後のビームサーベル攻撃が強力でカッコイイ。

しかしチャージ時間が長すぎる上、ダメージを受けると溜め解除。
サーベルを活かせるようなステージ構成でもない上、ボスと戦えないので活躍する機会がありません。

しかも非常に打たれ弱い。
食らい判定が大きいことに加え、アーマーがないので防御力は初期エックスと同じ。

特殊武器、サブタンク、ライドアーマーも使えません。

致命的なのが、ゼロで1度ミスするとそれ以降2度と呼び出せないこと。
トゲや穴に落ちるだけでゼロ絡みのイベントが消滅します。

 

ようするにゼロを使うのはハイリスク・ローリターン
効率良く攻略すると、オープニングステージから最終ステージまでゼロの出番はありません。

 

ゼロサーベル

かなり面倒な条件を満たすと、終盤にゼロのビームサーベルを入手できます。

前2作の「波動拳」「昇龍拳」に相当する隠し要素なだけあり超強力。
さらに前2作の隠し技と比べ、格段に使いやすいのが嬉しいところ。

・1撃でボスのライフ半分吹っ飛ぶ超火力
・アームパーツがあれば光波が出る。もちろん光波も超火力
・体力満タンじゃなくても使える
・前2作の隠し技と違いコマンド不要
・攻撃を食らってもチャージ状態を維持できる

ようするに使用条件なし・コマンド不要なのでテキトーに使えます。

 

気になる入手条件は、簡単そうに見えて意外とフラグを落としやすいので注意が必要。
確実にゲットするために本記事のステージ攻略を参考にしてください。

簡単にいうと以下の流れになります。


ナイトメアポリス2体を弱点武器で倒す
・ヴァジュリーラ (フロスト、サンダー)
・マンダレーラ(トルネード、レイ)


VAVAステージのVAVAを弱点武器で倒す(ブレード、レイ)
8ボス撃破後はVAVAステージに行けないので詰み。


ドップラーステージ2の中ボス「モスキータス」をゼロで倒す
水中から上がったところでゼロチェンジを忘れると詰み。

 

強化チップ

「強化チップ」は、シリーズおなじみの「パーツ」をさらに強化するチップ。

パーツ4ヶ所に対応したチップが4つありますが、取れるのは1つだけです。

効果はどれも微妙。
しかもチップの機能は隠し要素の「ハイパーチップ」で全て揃います。
そのため4つのチップは1つも取る必要が無い
ついでに言うと、ハイパーチップもあまり必要ない…

 

■各チップの能力

・ヘッドチップ
効果:待機するとライフ自動回復、満タンならサブタンク補充。

時間かかりすぎです。シグマ前の放置用。

 

・フットチップ
効果:各種エアダッシュを連続使用できる。ダッシュジャンプからエアダッシュも可能。

このゲーム、そこまでアクションの自由度が必要だろうか。
唯一アームパーツ無しで取れるので、1つ取るならコレかな。

 

・ボディチップ
効果:強化シールドで被ダメージ1/4。

一見有用そうです。しかしバグか設定ミスか、このチップをつけると被弾2段目以降のシールド効果がなくなり追撃ダメージが増えます。



・アームチップ
効果:被ダメージでエネルギーを溜める。満タンで「ハイパーチャージ」(チャージ14連射)。

対ラスボス専用。よってハイパーチップを取るなら必要ありません。

 

・ハイパーチップ
効果:アーマーが金色に輝き、チップ効果が全部揃う。

このチップを取るから他は必要なし。

ハイパーチップの入手条件:
パーツ全入手でドップラーステージ1へ→HP満タンで隠し部屋へ

 

パーツ

シリーズおなじみの、手足胴頭の4カ所に装備するパーツは健在。

ですが、性能はどれも微妙です。
攻略が有利になるどころか、操作の邪魔になることが多い。

一応、それぞれのパーツ能力を詳しく解説します。

 

■アームパーツ

・効果

①特殊武器をチャージ可能。

「ダブルチャージ」:チャージ1段追加でチャージ2発連続で撃てる。
(拡散弾→チャージショット)

「クロスチャージショット」:チャージショットを重ねると5発のチャージショットが縦に伸びる。
役に立たないどころかモーションが長くて邪魔。

 

・アームパーツの応用テク

「近距離2連射」

近距離で「ダブルチャージ」を2連射すると高火力。
前作と同じく足が止まるのが難点ですが、壁につかまって撃つと隙を消せます(壁撃ち)。

とはいえ前作のようにボスの無敵時間を無効化しないので2連射する意味がありません。

 

「バリア撃ち」

・敵の弾をかき消す
・グイーンと下がってから飛んでいくので着弾が遅い。

このクロスショットの特性を利用して、壁撃ちから弾に重なるように動くとクロスショット弾がバリアになります。
見た目は格好良いけど、結局は特殊武器でサクサク進む方が楽。やっぱり役に立ちません。

 

■フットパーツ

・効果
「エアダッシュ」に加え、空中で上にダッシュする「ヴァリアブルエアダッシュ(上ダッシュ)」が使える。

地形のショートカット以外に使うことが無いので、機動力アップした気がしません。
壁げりが上ダッシュに化けるのでストレスが溜まります。

でも他のパーツ入手に必須。

 

■ヘッドパーツ

・効果
「アイテムサーチ」でステージ開始時に全体マップを表示。アイテム位置表示つき。

シリーズ通して不遇なヘッドは今回もオシャレアイテム。

ステージ開始時に強制表示されるので、テンポが悪化します。
しかもマップがわかりづらいし自分では呼び出せない。

入手時期が後半なのも問題です。
隠しアイテムを探す機能なのに、ヘッドパーツを手に入れるのにフット&アームパーツが必要という本末転倒。

 

■ボディパーツ

・効果
①被ダメージ1/2
②被ダメージ時に「ディフェンスシールド」(バリア)を展開。バリア中はダメージ3/8。
バリアはダメージを一度受けるか一定時間で消える。

 

ちなみに、以下のパーツ揃え効果があります。
・フット&アームパーツでハシゴ移動速度アップ
・全パーツ装備で武器エネルギー消費量が減少

 

特殊武器

トライアードサンダーを筆頭に本作の特殊武器は使いやすいものが揃っています。
積極的に活用すれば攻略が楽。

 

「トライアードサンダー」

自分の周りに三角形バリアを展開し、敵がいる狭い場所も突き進めます。

 

「スピニングブレード」

攻撃力が高い。弱点武器より早くボスを倒せるほどで、耐久力の高いザコに有効です。
今回の攻略では最後に取る上、サーベルでボスを倒すのであまり活躍しません。

 

「フロストシールド」

この武器で敵を倒すとライフ回復が出やすい。
困ったときに回復できるので、本作の難易度調整を一手に引き受けるほど役に立ちます。

 

「アシッドラッシュ」

こちらは武器EN回復が出やすい。

 

ライドアーマーも収集要素

ライドアーマーもアイテムのように入手します。
以下4種類のライドアーマーを用意。

・ベースの「キメラ」
・攻撃力強化「カンガルー」
・飛行型「ホーク」
・水中型「フロッグ」

複数のライドアーマーを使えるのはシリーズ初。
さらに、ほぼ全ステージに乗り場があります。

乗機中、ダメージを受けたり穴に落ちて大破するとそのステージでライドアーマーを使えなくなります。
フロッグ以外のアーマーで水中に入ると一発大破。

 

せっかくの凝ったシステムですが、
入手条件がチグハグなため、順当に攻略するとほぼ出番が無いという残念な仕様になっています。

3機の使用はキメラ入手が条件ですが、キメラの入手は後半です。
しかも攻略に必要なのは「ホーク」「カンガルー」だけ。

こんな具合なので、ライドアーマーを収集するシステムの評判はいまいち。
続編には引き継がれませんでした。

 

おすすめステージ攻略

今回の8ボスはコイツら!

「さーてどこから行こうかな」と気ままにプレイするのも良いですが、今回はハイパーチップ&サーベル入手対応のおすすめ攻略順で進めていきます。

 

まずはオープニングステージからスタート。

vs マオー・ザ・ジャイアント

オープニングステージのボス。
元々は「ドッペルタウンの平和のシンボル」だったらしい。
どこがやねん!

 

マサイダー

・サブタンク:流れる泥ゾーン右上。ダッシュジャンプ。

 

vs ヘルクラッシャー(中ボス)

火力が高いのでこの段階では強敵。
上下に別れたら、僕は負けを覚悟します。

1回の突進で2発攻撃できれば早く倒せます。

 



vs スクリュー・マサイダー
[弱点:アシッド]

「X3」はとにかく突進系ボスが多い!

突進を左右に避けるだけですが、体力半分からの点滅突進はスピードが早くダメージもデカいので厄介。

フェイントは必ず左右交互に振り向きます。逆を向いたら攻撃のチャンス。

 

バッファリオ

・ライフ:ドリルで地道に氷破壊
・フット:ボス前、右端上。ダッシュジャンプ
・サブタンク:同フロア左端「ねずみ返し」。フットパーツで上ダッシュ

 

「X3」の道中はかなりキツい。

何フロアあるかわからないほどステージが長いです。さらにボディパーツ前提の調整なのか一発一発のダメージがデカい。ザコの攻撃でも3割減ります。

 

vs フローズン・バッファリオ
[弱:パラスティックボム]

また突進系ボス。
なぜかSEが無い。
無音突進が恐い。氷バラまきも無音、大技の氷ビームすら無音。

 

2ボス撃破でナイトメアポリスが登場します。

この段階で弱点武器2つ持ってるのでいつどちらが出てきてもOK。
そのため、最初に倒す2ボスはマサイダー、バッファリオが鉄板です。

 

タイガード

・サブタンク:2フロア目の右端上。普通にジャンプ
・アーム:突き当り。ドリルで壁破壊→上ダッシュ
・ライフ:ボス前。普通にジャンプ

壁げりで上ダッシュ暴発、クロスチャージも邪魔。
フット&アームパーツが揃ったことで動きづらくなりました。

 



vs ワームシーカーR(中ボス)
[弱:フロスト]

弱点のフロストシールドを出現位置に置く。

 

vs シャイニング・タイガード
[弱:ブレード]

飛び道具の「フ~ン、フ~ン、フ~ン」という謎SEがマヌケ。だが避けにくい。

地上にいるときは攻撃中以外ガードされます。後半は無敵パターンの繰り返しで面倒臭い。
ボス戦のテンポの悪さもX3の評価を下げている要因です。

 

ビートブード

・フロッグ:外に出たとこ「ねずみ返し」。上ダッシュで

 

フロストは回復が出やすい。助かるわ~

 

vs グラビティー・ビートブード
[弱:レイ]

突進系ボスその3。
レイスプラッシャーは攻撃範囲が広いのでどう撃っても当たります。

 

シーフォース

・ライフ:分岐の上
・キメラ:水中ゾーン上の「ねずみ返し」。チャージ氷を足場に

 

vs ヴァジュリーラFF
[弱:フロスト]

2体の乱入ボスを弱点武器で倒すのがサーベル入手フラグです。
間違ってもバスターでトドメを刺さないように注意。

 

vs ホタリーカー
[
弱:フロスト]

中ボス。ボス戦のフロスト温存のためにバスターで戦います。
途中地点が中ボスより前なので面倒。穴やトゲで死ぬと海中前からやり直し。

中ボス後は明らかに穴とトゲで殺しにくる構成になっているのが頭にきます。

 

vs アシッド・シーフォース
[弱:フロスト]

フロスト置いてダッシュでくぐるだけ。ちょうど弱点武器を当てやすい感じで動いてくれます。

 

ホーネック

・キメラ:倉庫フロア。橋げたを破壊して下~ドリルで壁破壊
・ライフ:同フロア右端上。フットパーツで上る

 

vs シュリケイン
[弱:アシッド]

前作に引き続きワイヤフレームの中ボス。
前作の剣より迫力が無くなったような…

 

vs マンダレーラBB
[弱:トルネード]

乱入ボスその2。またしても突進系。
こいつも弱点武器で倒します。ひたすらドリル撃って左右にジャンプ。

 

コンテナの落下SEがライドアーマーの使い回し。けっこう気になる。

 

vs エクスプローズ・ホーネック
[弱:バグホール]

弱点武器を撃つだけでなぜかダメージが入ります。当てる必要すらない。

 

ナマズロス

・ライフ:トゲゾーンのエレベーターを上へ
・ボディ:エレベーターを上へ。溜めバグホール

 

・サブタンク:ライドアーマーに乗る。落下で床破壊した先

 

vs エレキテル・ナマズロス
[弱:トルネード]

アシッド・シーフォースと同じ反復横跳び系。


さて、ナマズロスを倒して残り1ボスですが、ここで注意。

最後のボスを倒すとVAVAステージに行けなくなる

僕はすっかりVAVAのことを忘れて最後の8ボス、シュリンプァー戦まで行ってしまいました。
戦っている途中でVAVAステージへ行ってないことに気づいて、慌ててゲームオーバーで脱出。なんとか間に合いました。あーよかった。

VAVAステージはナマズロスステージから行くのが楽です。

 

VAVAステージ

vs VAVA MK-II
[弱:ブレード、レイ]

vava本体を弱点武器で倒すのがサーベル入手フラグ。
ライドアーマー戦で武器を使い果たさないようにしましょう。

ライドアーマーはバスターで十分倒せます。やっぱり突進系なので左右にダッシュ壁げり。

 

炎はジャンプでギリ飛び越えることが可能。
バラまき弾は手前に引きつけて壁げり。

 

ついでに取り忘れていたボディパーツを回収。

 

シュリンプァー

・ホーク:開幕フロア。溜めサンダーで床破壊。
・ライフ:落下ゾーンの途中。ライドアーマーのミサイルで破壊

 

vs シザーズ・シュリンプァー
[弱:サンダー]

ヒップアタック系の突進ボス。妙に当たり判定が大きいのであまり近づかないように。
密着でサンダーを撃つと多段ヒットするのか、体力半分ゴッソリ減るときがあります。

 

アイテム回収


■グラビティー・ビートブード

・ライフ:室内左上の「ねずみ返し」
ステージ変化で通れるようになってる。

 

■スクリュー・マサイダー

・ライフ:最初の分岐右。チャージサンダーで岩破壊
・ヘッド:ボスゾーンの先、分岐左。〃で岩破壊

 

これで全アイテム入手完了!

強化チップはハイパーチップの条件に関係ないのでスルー。
どうせすぐハイパーチップ取るから必要ないです。

 

ドップラーステージ


■ドップラーステージ1

動くトゲ天井&穴。さらにザコの連携。殺る気マンマンですね~

 

vs REX-2000(中ボス)

ザコから中ボスまでブレード無双。

 

・ハイパーチップ

中ボスの先の穴。左壁沿いに隠し部屋があります。
体力満タンが条件なのでサブタンクを惜しみなく使用。

ハイパーチップ入手でチップ全装備の黄金アーマーになりますが、性能的にはあまり恩恵を感じないのが悲しいところ。

 

vs プレス・ディスポーザー
[弱:トルネード]

こう見えて鼻には当たり判定がありません。
上にいるときは狙わず、落下に合わせて顔面の位置にドリルを設置。上手く重なれば3発入ります。

鼻を壊すと下に降りなくなるので面倒なので、顔面狙いで。

 

■ドップラーステージ2

vs モス・キータス

こいつをゼロで倒すとようやくサーベルゲット!
水中から上がった後、ボス戦前のゼロチェンジを忘れずに。

久しぶりに使うゼロの弱さが泣けます。
敵が強いのかゼロが弱いのかわからん。はやくサーベルを渡せ~

ここで1度でもミスると、今まで積み上げてきたフラグ立ての苦労が水の泡になります。



トゲゾーンが面倒臭い!
サンダーを張りながら乗り換えると楽ですね。

 

vs ボルト・クラゲール
[弱:フロスト]

サーベルを持ってることを忘れていました。
ミサイルは引きつけて壁げり。左右からフロスト撃ちまくり。

 

■ドップラーステージ3

8ボス再戦。
サーベル祭り開幕!

うーん、弱点武器を使った方が楽かも。

 

vs Dr.ドップラー
[弱:アシッド]

なんか色々やってくるけど、サーベル光波を当てやすいのが致命的な弱点です。

 

シグマ

vs シグマ
[弱:フロスト]

攻撃は回避困難。
やられる前にやる、このサーベルでなっ!

 

vs カイザーシグマ

ドップラーが作った「究極のボディ」を手に入れたシグマ。
X3のシグマは変形前込みでシリーズ最強との呼び声が高い

弾幕が激しく本体も邪魔で回避困難。
小顔なので攻撃を当てにくい。

たしかにボディは無敵ですが、顔丸出しなので小さな頭を狙ってサーベルで仕留めましょう。

 

倒した後、脱出イベント。
ワイヤフレームシグマも前作よりショボくなってるような気が。

エンディング前のちょっとした演出みたいなものかと思いきやガチで殺しにきます。
実際、ここで1回死にました。

ミスるとシグマ前からやり直し。サブタンクを溜めなおすハメになり絶望です。

 

この時点の構想では、シリーズのラスボスはゼロだったのでしょうか。

3作やっても一向にストーリーが進みませんな。

 

まとめ:かみ合わない新要素のチグハグ感

新システムによってボリュームアップ。難易度も高め。
爽快にサクサク遊べる前2作とはひと味違う、遊びごたえのある作品。

しかし、全体的に新システムがかみ合っていません。
そのため遊びの幅が広がったというより、やり込みのための課題と化しています。
結果、どの要素も蛇足な印象。

洗練して良くなりそうな可能性は感じますが、本作の特徴的なシステムを引き継いだ続編は出ませんでした。

 

次作はグラフィックとシステムを一新。X2並の爽快感を味わえる傑作↓

 

ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2 - PS4
カプコン (2018-07-26)
売り上げランキング: 1,878

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, SFC
-

執筆者:

関連記事

F-ZERO【感想/評価】ローンチタイトルにして完成している美しいゲーム

もくじ1 新機能をアピールするSFCローンチタイトル1.1 画期的な疑似3Dグラフィック1.2 マシン・コース2 完成している美しいゲーム3 まとめ:続編に恵まれないのも納得 新機能をアピールするSF …

ロックマンX5【攻略/評価】低予算のファンディスク? 1歩進めばエイリア通信

前作「X4」は傑作なのに、なぜか黒歴史扱いの「X5」。 その理由はプレイすれば身にしみてわかる。 おすすめステージ攻略順とアイテム入手方法を紹介しながら、「X5」のどこが悪いのか、逆に良い部分はあるの …

MGSV:TPP【攻略/感想/レビュー】80時間プレイしてわかった TPPの良いところ悪いところ

良い部分、悪い部分を並べれば圧倒的に後者が目立つ。 でも面白い。だから余計にもどかしい。 そんな作品。 もくじ1 不満点を上げるとキリがない1.1 未完成1.2 発売後の展開がない1.3 稼ぎゲー1. …

アーマードコア MoA【レビュー/評価/攻略】PS1三部作の集大成 EXアリーナの変態ACに挑む!

マスターオブアリーナ、通称「MoA」。 前作「PP」から1年で発売されたシリーズ三作目。 ・初代・PPで培った技術をフル投入 ・シリーズNo.1の収録数を誇るアリーナ ・初代の設定を補完し解答するシナ …

ロックマンX【攻略/評価】シリアス&ハードに生まれ変わったロックマン

ロックマンの一人称が「僕」に対し、 エックスは「俺」。 頭身が高く格好いいドット絵の新ロックマン「エックス」が登場。 エックスは見た目だけなく、性能も格好いい。 新アクション「壁蹴り」と「ダッシュ」で …