ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS1

DX人生ゲームV【感想/評価】友達がいないのでCPU3人と遊んだ結果

投稿日:






どうも、リアル人生ゲームでは最下位争いをしているヤギです。

人生ゲームって、調べると沢山あってどれを遊べば良いか迷いますよね。
でもご安心を、傑作として名高い「DX」5作から選べば間違いありません。

今回はその最終作である「DX人生ゲームV」(以下、DX5)を遊んでみました。

人生ゲームはパーティーゲームですから対人プレイが醍醐味です。
そこで友人と遊んだ様子を紹介して魅力をお伝えしようと思ったのですが…
残念ながら僕には一緒に遊ぶ友人がいません。

仕方がないのでCPU3人と遊びました。
CPU相手ですがガチで1位を目指しますよ!

正直、相手がCPUだと面白味に欠けます。
でも大まかなゲームの流れは理解できましたし、沢山のおもしろイベントに遭遇して楽しめました。その様子をお伝えします。

本作の後、シリーズが失墜したことについてもザックリ書きました。
作品を選ぶ際の参考になるかと思います。



DX人生ゲームの遊び方

まず今さらですが、DX人生ゲームの概要・遊び方を解説します。

ボード版と同じくルーレットを回してコマを進め、止まったマスのイベントをこなしていきます。
イベントにより、ステータス(体力・知力・センス・モラル) と所持金が増減。

ルーレットの運ゲー要素が強い一方、意図を持って計画的に遊べるのがハマる要因です。

どの職業につくかなど人生設計は立てられるし、ミニゲームでは多少のテクが物を言う。
このバランス、さじ加減が絶妙なんです。

またミニゲームやカードで引きずり落とす相手を選ぶことができるため戦略性があります。
足を引っ張り合ったり、トップをみんなで蹴落としたり。
まさに「友情破壊ゲーム」といえる熱さがります。

この面白さは、友達3人と遊べば100%楽しめますね。

 

複数のモードから選択します。

・わいわいモード:通常モード
・たっぐモード:コンビ戦
・クエストモード:決められた条件の達成を目指す

他はよくわかりません(汗
とりあえず今回は「わいわいモード」でプレイします。

 

次はキャラを作成。
名前、性別、外見、誕生日、血液型を決めていきます。

外見を「おまかせ」にするとほぼ化物になるので注意。
サンプルキャラや作成して保存したキャラを使うこともできます。

 

そしてここからが肝心なのですが、
・ゲーム開始時の段階
・マップの数
を決めます。

ゲーム開始時の段階は、赤ちゃん~社会人から選択。

マップ数は最大16個まで。

マップ数を増やせばゴールまでの距離が長くなります。
16マップを4人でプレイすると予想プレイ時間は13時間の長丁場。
お正月にみんなでまったりやるには良いかもしれませんね…

マップには「ホラー」「ラスベガス」「宇宙」など様々な種類があります。
それぞれ構成が大きく異なり特色に応じたイベントが起きるので、マップの組み合わせを変えれば何度でも楽しめます。

 

イベントも多彩。
状況・期間限定イベントも多く、4人同時プレイでもイベント被りはほぼ起きません。

社会人以前から始めると一定のポイントで「進学・受験・就職」といったイベントがあります。
このとき、ステータスが条件・成功率に影響します。

結婚は強制ではないので生涯独身でもOK。
ハートマスに止まっても「自分を磨く」を選べば、誰とも触れ合うことなく自分のステータスだけ上がります。

 

給料日マスで職業に応じた給料がもらえます。
ステータス条件を満たしていると役職と給料がアップ。

職業は、給料がルーレットで大きく増減するギャンブラーなものから、政治家のように安定・高収入、悪の大王やキャプテンなど職業といえるのか怪しいものまで様々です。

 

ミニゲームもあります。

大別すると「運・頭脳・アクション」系の3種類。
頭脳、アクションではプレイヤーの腕が問われます。

結果によるステータス・所持金の増減が大きいので力が入ります。

モチーフは当時の人気テレビ番組。
現在30代の僕みたいな世代にちょうどハマるネタですね。

 

こうしてイベントをこなしていき、最後に総資産が多い人が勝者となります。

 

CPU3人とプレイしてみた

CPU3人とプレイしました。

マップ4個、開始段階は赤ちゃんからでガッツリやります。
ノーリセットのガチ勝負。

この遊び方、
CPUを回す時間がダルすぎるので、時間があり余っている方以外にはおすすめしません。

4人×マップ4個で遊ぶとゴールするのに5時間かかります。

またCPUに戦略性なんぞありません。
僕がいうのもなんですが、CPUは行き当たりばったりの無計画人生なので張り合いがないです。

 

現実の自分に似るように外見を作った結果、本人よりイケメンになってしまいました。

名前を「ヤギ ゲーム」にしたのですが、本作は名字を呼ばれることが滅多にありません。
「ゲーム」ばかり表示されて悲しい。

CPU3人はサンプルキャラを使っています。

 

僕は現実と同じく孤独の道を歩むことにしました。

ライバルのCPU達は結婚し就職して大学教授になる人も現れる中、僕だけ大学生で独身の借金生活。
ゲームでも結局こうなるのか…

 

もうこうなったら悪の大王になるしかありません!
高学歴なのにネタ職業についてしまいました。

 

悪の大王は早々に極めてランクアップしなくなったので「デビル人間」に転職。
それもすぐ極めたので最後は「政治家」になり、総理大臣に登り詰めました。

 

とりあえず、りえは悪魔にイジられた髪型を直せ。
旦那さんもなんか言ってやれよ。

僕も悪魔に外見をイジられたけど速攻で直しましたよ。

 

最後には老後マップが待っています。

人生の先が見えるとなんだか悲しくなってきますね。
老後のイベントも…「今さらステータス上げても」って感じで虚しい。
実際の老後もこうなのかと思うとテンション下がります。

 

結果ですが、
優勝しました!

1つのステータスにつき、トップだとボーナス5億もらえます。
3つで圧勝した僕は15億もらって圧勝。

結婚とか子供とかクオリティオブライフ的な要素はあまり加味されません。資産がすべて。
まあ世の中の悩みごとの95%は金で解決すると言いますからね。リアルな判断基準かもしれません。

 

悪の大王からデビル人間。その異色の経歴で政界入り。
孤独と自由を愛す、理想に近い人生を歩めたので満足です。

 

DXをおすすめする理由:シリーズの失墜

人生ゲームの中でも、PSで発売された「DX」系をオススメするのには理由があります。
それはこの先、シリーズの出来が下がり続けるからです

人生ゲームはDX2ぐらいで既に完成度が非常に高かったので、DX3~5すらマンネリと言われてきました。

その後、PS2に移行した「EX」シリーズはDXからの使いまわしが多くテンポは悪化したので評価を落とします。

Wiiで発売された人生ゲームはマンネリどころか全てが劣化し駄作を連発。

wiiで最後に発売された「人生ゲーム ハッピーファミリーご当地ネタ増量仕上げ」はついに2011年クソゲオブ・ザ・イヤー大賞に選ばれました。

簡単にいうと中身スカスカの無料ゲームみたいな作品に成り果て、それを6000円で売ってます。

以上により、今から人生ゲームシリーズを遊ぶならDXが1番良い。
そしてDX系は順当に進化しているので、最終作のDX5がオススメ。
あと、PS3で遊べる人生ゲームはDX5だけです。

 

まとめ:手元に置いておきたい

当たり前ですが、1人プレイでは20%も楽しめません。
でもパーティーゲーとしての出来は間違いない傑作。

中古を見つけたらとりあえず買っておきましょう。
機会があれば友達や家族と盛り上がれるはず。
いつか家に友達が押し寄せたときのために本作を手元に置いておきます。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS1

執筆者:

関連記事

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説【感想/評価】DBならなんでも売れる! 当時の原作人気を証明

もくじ1 偉大なるドラゴンボール伝説とは1.1 画期的な多人数バトル1.2 割り切った戦闘システム2 Zキャンペーンモード3 まとめ 偉大なるドラゴンボール伝説とは ポルンガが登場するオープニング。ワ …

【メガチュード2096】攻略/感想/レビュー:無性にバーチャロンがやりたくなる

当時のファミ通で紹介されてたのをチラ見してから、ずっとプレイしたいと思っていた作品。 もくじ1 「メガチュード2096」とは1.1 操作のクセがすごい1.2 謎の対戦バランス1.3 個性豊かなのに個性 …

ロックマンX6【攻略/評価】X4までとは別ゲーの弾幕アクション!

前作から1年未満で発売。 プレイする前からただよう地雷臭。 発売当時、頑張って最終ステージに進むもトゲ壁で詰んだ苦い思い出。 前作「X5」もテンポが悪い進行と劣化した演出で出来が悪いと思ったが、あれは …

バイオハザード3【攻略/評価】ジルとカルロスを追う追跡者(ネメシス)の恐怖 リメイクを期待したい作品

「2」リメイクの「RE:2」に続いて「3」リメイクが出るのでは、と期待が高まる作品。 国内売上160万本のヒット作。 それにしてはPS1中期を盛り上げた前作「2」に比べて存在感が薄いような気がする。 …

【拳聖】攻略/感想/評価:ゴーダ”ハングマン”タケシで詰み 対戦相手の特徴は「特にない」「それほど無い」

もくじ1 「拳聖」とは2 操作が難しすぎる3 CPUの強さに疑惑あり4 まとめ 「拳聖」とは セガサターン「キング・オブ・ボクシング」の続編。 タイトルは「キング~2」とかの方が良かったのでは。「拳聖 …