ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

レース PS1

ESPN Street Games【評価/レビュー】何このゲーム、面白そう!

投稿日:2019-08-23 更新日:









何このゲーム、面白そう!

「何このゲーム、面白そう!」
と思って手を出してみました。

見てくださいよこのグラフィック。
まるで「アウトラン」みたいな1980年代のアーケードゲーム。
PSの性能を全く引き出していません。

・グラフィック→しょぼい
・BGM→微妙
・ゲーム性→大味
だがそれがいい。

たまにこういうのが遊びたくなるんです。

 

まず洋ゲー特有の、まぎらわしくて操作しづらいインターフェイスに戸惑います。
メニューの配置や並び、決定ボタンとか全然統一されていません。

 

「普通のレースゲーと何が違う?」
はい、全然違います。

バカげた障害物競争。
さらにライバルに左右からボコボコに殴られます。
真面目にスポーツするゲームではありません。

 

「洋ゲーだから大味そう」
はい、その通りです。

大味だけどそれが売り。
堅苦しいことは無しでテキトーに走るのを楽しめます。

なんせコーナリングテクでスピードを競うとかニトロで加速するとか、そういったレース的要素は一切無し。

 

具体的な操作方法は、

十字キー左右:ハンドル
下+左右:急旋回
×:加速。体力消費
〇:姿勢制御。体力を使わずスピードに乗れる
□:ジャンプ
△:ブレーキ、後退
L・R1or2:左右を殴る蹴る

ね、簡単でしょ?

コーナーなんてハンドルを切らずとも自動で曲がります。ファミコン時代のレースゲームみたい。
加速に連打とか必要ありません。ボタン押しっぱ。

ライバルは殴る蹴るで蹴落とします。
体力を0にすると転倒、やったぜ!

普通に殴ると競り負けるので、反対側から一気に体を寄せ勢いをつけて殴るのがコツ。

 

そんな殴り合いの中、目の前に迫るのは山のような障害物。
ぶつかると「ウウぅ…」と低いうめき声が。痛そう(笑

 

コースは
・サンフランシスコ
・レイクタホ
・イタリア
・サウスアメリカ
・ユタ州
の5つ。(他にもあるかも)

アルプスや街中といったスポーツ感ある景色から、謎の遺跡やピザの斜塔まであり飽きさせません。

ジャンプ台にゲート、落石。
路上にタルが「ここはワイン倉庫か?」と思うほど転がっていたり。
コース上は無法地帯。

それをいかに上手く処理するかが問題になります。

 

なんと4種類のギア(乗り物)の無差別レース。
これがまたザックリとした味付けなんです。

ギアは以下の4種類。

・自転車
・スケートボード
・インラインスケート
・ストリートルージュ

挙動は全く同じです。
「最高速・加速・ハンドリング・」の味付けが違うだけ。
それも実感できない程度の差。
コースに応じて相性があるらしいのですが、僕なんぞにはわかりません。

もう気分です、気分。
「今日はスケボーかなーっ」て気分ならスケボー乗ればいいんです。

 

操作はファミコン、コースは障害物だらけ。ギアを変えても変化なし。
障害物になだれ込むように衝突してみんな倒れていく様はまさにバカゲー。
非常に大味です。

でも30代のオッサンは、この大味さに癒やされたりするんです。
「eスポーツ?そんなもん知ったことか。ゲームはバカげてるから良いんだぜ」
てな感じ。

まあ、すぐ出来の良いゲームに戻るのですが。

 

難しすぎる!

ここまで色々語ってきましたが、僕はこのゲームを全く楽しめませんでした。

ゲーム自体は面白いですよ。昔ながらの味。
しかしこのゲーム、難しすぎます。

普通のレースゲームって、開始から数時間は気持ちよく遊ばせてくれるじゃないですか。

ところが、難易度イージーでも全然勝てません。最初から心を折りにくる。
16人中10位以内に入れたら奇跡的に上手く走れた方。基本、最下位安定です。

 

コースが長い!長すぎる!
完走6分かかります。そんなガチのラリーみたいな長さにこの障害物の量。
集中力が持ちません。しんどい。

 

難易度は「イージー、ミディアム、ハード、エクストリーム」の5種類。
ところが、難易度を変えるとライバルの速さではなく「障害物の量」が変化します。

障害物が減ると転倒しにくくなる反面、逆転するチャンスがないためやはり勝てません。

というか、イージーからエクストリームに上げても障害物が増えてるかどうかわかりません。イージーでも十分多いです。

 

稼いだ賞金で性能の高いギアに乗り換えることができます。

しかし、これまた効果を実感できません。
しかもライバルまで高性能なギアに変わるので全く意味なし。
それどころか、スピードが上がることで障害物が避けづらくなって難しくなってるじゃないかと。

 

順位は低くても着実にゲートをくぐればスコア3位以内には入れます。
スコア勝負でなんとか総合1位を目指しましょう。僕は諦めました。

 

まとめ

やり込めばスルメゲーかもしれまんせんが、難しすぎてリタイア。

後続シリーズが出ていますが、初代の本作が最高という人が多いんですよね。
機会があれば続編もプレイします。

 

本作が気になった方はまずこちらを入手しましょう↓







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, PS1

執筆者:

関連記事

チョコボの不思議なダンジョン2【評価/レビュー】可愛いチョコボと可憐な少女シロマの組み合わせの威力

「不思議の」シリーズ×FFキャラで大ヒットした前作。 でも問題点は色々ありました。 大まかにいうと次の2点。 ・ローグライクの醍醐味を削ぐようなヌルいシステム ・「いつの間にか終わっていた」薄いストー …

【ペンペントライアイスロン】レビュー/評価/攻略:ロンチの隠れた傑作?ストロークで漕ぎ漕ぎ

もくじ1 はじめに1.1 なんともいえないキャラデザ1.2 隠れた傑作?2 アイスロンとは2.1 滑る2.2 泳ぐ2.3 走る3 コース4 難点:バトルゾーンが粗い5 おわりに はじめに トライアスロ …

ガンダム・ザ・バトルマスター2【攻略/評価】ロボ・ドット絵好きには一度体験してほしい

「オーヴァーヒーティング!」 ということで、ガンダム2D格ゲーの隠れた名作をプレイしました。 想像をはるかに超える面白さだったので、本作の魅力と各機体の簡単な攻略を紹介します。 もくじ1 ガンダム2D …

DEKA4駆【レビュー/評価】ミニ四駆と無関係!最強3D酔いレースゲー

もくじ1 DEKA4駆とは:ミニ四駆と無関係2 難点:とにかく酔う!3 まとめ:「俺はゲームで酔ったことないよ!」って方におすすめ DEKA4駆とは:ミニ四駆と無関係 ゲーム屋でなんか気になるタイトル …

ワイルドトラックス【攻略/感想/評価】SFC初の3Dレースゲー

もくじ1 ワイルドトラックスってどんなゲーム?1.1 SFC初の3Dレースゲー1.2 本作の思い出2 凝った設計のコース3 ワイルドなマシン達4 ゲームモード4.1 SPEED TRAX4.2 STU …