yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

PC ★★★★★ アクション PS3 FPS TPS

【トゥームレイダー (2013)】レビュー/評価/感想:初めての冒険が血みどろ地獄

投稿日:2018-06-27 更新日:





5年ぶりにクリア。Steam版日本語DLC未購入なので英語でプレイ。

続編→【ライズ オブ ザ トゥームレイダー】

トゥームレイダー (2013)とは


リブートした新生トゥームレイダー。
シリーズを重ねるごとに共感しにくいスーパーヒーローになったララの設定をリセット。
売上世界1,100万本以上、シリーズ最大のヒット作になった。


舞台は架空の日本。かつて邪馬台国があった島。目を疑うような光景の連続。
島は魔の海域「ドラゴントライアングル」にあるらしい。ムービーでちらっと写った地図だと小笠原諸島のあたりだった。


リブート作品ということでレベルデザインが丁寧。シリーズ未経験でも遊びやすい。
ゲームを進めると弓、アサルトライフル、ショットガン、グレネードと装備が揃っていく。幅広いアップグレードが可能。敵の脳天に突き刺すピッケルも健在。


アクションのテンポが良い。目的地が表示されるインスティンクト(R1)もあり道に迷うことなくサクサク進める。進むたびに怒涛の展開が続くのでやめ時が見つからない。


日系の友人、サムが可愛くてよかった。洋ゲーでアジア系キャラが可愛いのは珍しい。性格も良い。パブリッシャーがスクエニだから?

 

ララ・クロフト、最初の冒険


リブートしたララは大学を卒業したばかりの21歳。キツめの顔立ちで良くも悪くも旧作に忠実な印象。初々しく、まだタフな面影はない。


初めての冒険で初めての人殺し、知人の死、など過酷な出来事を経験。冒険者として成長していく様子が描かれる。


成長といっても感情移入できるようなものじゃない。超人の素質を持った人が超人になる物語。
身体能力は最初から人間の域を超えてる。精神力も並じゃない。凹むのは一瞬であっさり立ち直る。


「島から脱出、邪馬台国の秘密を探る、友人を助ける」を全部やろうとする。そのため途中から何のために何をやってるのかわからなくなる。
自ら危険に飛び込んで勝手にヤンチャしてるようにようにしか見えん。


やればわかるけどララが一番ヤベー奴。


斜めがけで胸を強調。どうしても胸に眼がいく。
タンクトップはポリティカルコレクトが進んだアメリカでのギリギリまで攻めたセクシー衣装なんだとか。

最初が一番ハード


邪馬台国を探す調査旅行に出かけた考古学者のララとその他大勢。
大嵐に遭遇し船は難破。仲間とはぐれて見知らぬ島に流れ着くと、そこは目指していた邪馬台国だった。


いきなり謎の組織に拘束されて絶体絶命。
ゲーム開始5分で泥まみれ。この後、エンディングまでひたすらボロボロになっていく。
日本人が残虐に描かれているわけではなく、色んな人が漂流して独自の組織を作っているという設定。自衛隊なんとかしてくれー。


島からの脱出を目指す。自ら遺跡に乗り込む冒険とは違うスリル。
女主人公だから酷いことにはならない、なんて常識は通用しない。顔をそむけたくなるようなシーンの連続。
トラバサミに足を挟まれたり、顔面をボコボコに殴られたり、何度も致命的なケガを負う。
ハードさは続編「ライズ~」を遥かに上回る。


ゲーム開始すぐ、脇腹にトゲが刺さる大ケガを負う。しかし次のシーンで回復。何事も無かったように駆け回る。その後も高所から落ちたり矢が刺さったりと何度も致命傷を負うが動きのキレは増すばかり。


タンクトップ一丁なので、ゲームを進めるほど肌と服がズタボロになっていく。傷が肉をえぐるほど深くて痛々しい。絶対跡残るぞこれ。


1人だけ傷だらけのララ。仲間も引いてる。


そんな状況に傷つきながらも順応していき、最後には「邪魔するなら全員ぶっ殺すわよ!」とブチ切れ。これが「クロフト家の血」か。

 

誰も見たことがない日本


架空の日本、邪馬台国の遺跡が舞台。とにかく日本のイメージがとんでもないことになってる。
設定を知らずに遊んでた初プレイ時は舞台が日本であることに気づかなかったほど。


神社仏閣、平安~戦国時代~戦争まで様々な時代の遺物がごちゃ混ぜ。
外国人が描く日本はだいたい変だけど、ここまで凄いのは見たことが無い。


孤島に立派な城。ファンタジーすぎて笑う。


卑弥呼の壁画が浮世絵。卑弥呼の像はどう見ても仏像。

邪馬台国というより大日本帝国


日本軍の大規模な遺物の印象が強い。戦争遺跡に行ったような気分になる。


泥くさくて赤サビっぽい廃墟が多い。冒険といえば中世のガレー船みたいな木造のイメージなので新鮮。


海からだいぶ離れた空中ドック。日本軍は空中戦艦でも作ってたのか?


よく緑色の毒ガスが吹き出る。日本軍=毒ガスみたいなイメージなんだろうか。

 

まとめ


冒険のハードさはシリーズ最高。血とサビの臭いがするようなおどろおどろしさ。ララの肌をこんなにズタボロにする作品は今後も出ないだろう。
続編「ライズ~」も良いけど本作もオススメ。

日本語DLC

最後にゲーム以外の話。
ゲーム自体はCrystal Dynamics制作の傑作。しかしパブリッシャーのスクエニがSteam版日本語吹き替え&字幕をわざわざ削除して3000円のDLCとして売りつけた。
他社のゲームを自分の利益の為に貶め、その利益でクソゲーを作る。これまさに鬼畜の所業。
現在、Steamセール中のゲーム本体は300円。日本語DLCは500円。ゲームより日本語が高いという逆転現象が起きてる。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PC, ★★★★★, アクション, PS3, FPS TPS

執筆者:

関連記事

【ガンダムブレイカー3】攻略/感想/評価:ガンプラを組んで動かす楽しさは進化 その他があまりにも手抜き

高校生のときPGゼータガンダム(2万円)を買おうとしてたのを思い出す。 攻略はこちら やってみた→【Newガンダムブレイカー(β)】 もくじ1 「ガンプラを組んで動かす」部分は進化2 近年まれに見る最 …

【DmC Devil May Cry】攻略/感想/評価:アクションゲーとしては間違いなく一級品。むしろダンテ以外のキャラに問題あり

制作はイギリスの会社「Ninja Theory」。洋ゲーっぽいテイストになっている。設定も変更され、過去シリーズとのつながりは無い。そのためナンバリングではなく、タイトルは「DmC」(小文字のm)。 …

【ウルフェン:TOB】レビュー/評価/感想 :ナチ・オカルト・バイオハザート

「4つ数える、息を吸う。 4つ数える、息を吐く。」の人、再び。 前作→【ウルフェン:TNO】 もくじ1 ウルフェン:TOBとは2 攻略2.1 パート1「ルディ・イェーガーとオオカミの巣」2.2 パート …

【アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝】評価/感想/攻略:ネタバレ無しレビュー

1年半前、最初に買ったPS4ソフト。当時は「よーしPS4でゲームやるぞー」ってノリだったので、長いムービーと移動の連続でゲンナリ。10章あたりで辞めて積んでた。 最近、のんびりゲームを遊ぶ気分になった …

【セガラリーチャンピオンシップ】攻略/感想/評価:ゲームとしてアレンジした面白さ ラリーゲーの革命

「セェッガルァリーッチャンピオンシッープ!(ブロローン!)」 もくじ1 セガラリーとは2 現代のレースゲームと比べて3 完璧な移植4 4.チャンピオンシップモード1位を目指す!4.1 初級「DESER …