PS4 FPS TPS

ゴーストリコン ワイルドランズ【評価/感想】ubisoftの現代オープンワールドはもう買わないでしょう

投稿日:

B06XCDPQ67







「ゴーストリコン ワイルドランズ」ってどんなゲーム?

「ゴーストリコン ワイルドランズ」とは、特殊部隊をテーマにしたTPSオープンワールドゲームです。

部隊行動が特徴。
プレイヤーは特殊部隊のリーダーとなり、ソロではAI3人を引き連れて行動します。

場所は忠実再現されたボリビア。
岩場や森から雪原や湖まで揃っており、大自然を堪能できます。

 

ゲームの進行は、敵拠点を制圧する繰り返し。
ubisoftのオープンワールドゲーでおなじみの流れです。
ストーリーは開始1時間で頭から抜けました。

拠点を制圧する方法は自由。
どこから攻めようが何を使おうが自由。

ミッション地点への行き方も自由。
車でグネグネ道をドライブするも良し、ヘリや飛行機で飛ぶも良し。
ファストトラベルと乗り物の現地配達で移動は快適です。

4人coop、4vs4のPvPが可能。多人数プレイが本作の醍醐味。
でも私はソロ専。当記事はソロプレイの感想です。

仲間AIは優秀で頼りになります。

・勝手に制圧してくれるぐらい強い
・SYNCショット(後述)が百発百中
・置いてけぼりにするとプレイヤーの近くへワープ
・ダウンしたAIを置いてけぼりにしても復活&ワープ

指示は3種類のみと大ざっぱで緻密な連携プレイはできません。
全体的に大ざっぱなゲームです。

 

アバターと銃のカスタマイズが異様に充実しています。
こんな細かいカスタム、こんな大ざっぱなゲーム性で意味ねーだろ。
って気がするけどイジれるだけで嬉しい。

 

以下、とりあえずこれ使っとけ的な攻略を紹介します。

 

・SYNC(シンク)ショット

タグつけした相手をロック(数字がつく)、×ボタン長押しで発射。
スキル強化で最大3人を一度に倒せます。
ソロプレイの圧倒的強み。マルチだとただの合図になります。

 

・ドローン

ドローンでタグつけ→Sync Shot。これが序盤のベスト攻略。
序盤から有効範囲とバッテリーをスキル強化すると良い。

 

・反乱軍

乗り物要請:便利
偵察:まとめてタグつけ。これさえあればドローン不要
傭兵、陽動:見つかったらAI投入でもみくちゃに

 

・武器

スナイパーライフル+アサルトライフル。
スナイパーは火力高いやつにタクティカルスコープを載せて。
アサルトはグレネード装備可能ならなんでも。

 

・エイム(L2)中の操作

↑:サプレッサーの着脱
←:射撃モード
→:ズーム
↓:グレネードランチャーの着脱

 

プレイした感想:2時間で飽きた

車やヘリでクエストの場所へ行く→そのうちボスが現れる→みんな倒す→ラスボス。

「ファークライ5」と同じ。
そうです、2時間で飽きたファークライ5と同じです。
本作も見事に2時間で飽きました。

 

AIを引き連れる「メタルギアソリッド5」(TTP)みたいで一見楽しそう。

でもTPPのように手の込んだデザインが無い。
印象に残るキャラやストーリー、手に汗握る場面が無い。

全体的に作りが大ざっぱで雑。
自動生成されたような無個性拠点にドローン飛ばしてタグつけて、スナイパーで片っ端から倒すだけ。
これを「自由度が高い」と良いように言うのはいかがなものかと思います。

なんだかTPPがやりたくなってきました。

B00UA2AFBC

 

まとめ:ubisoftの現代オープンワールドはもう買わないでしょう

ubisoftの現代オープンワールドって、小手先のシステムとマップが違うだけで中身全部一緒じゃね?

私は「ディビジョン」「ウォッチドッグス」「ファークライ」、さらにいうと「Steep」「ザ・クルー」も全部同じに感じます。

外見(ガワ)を用意して、あとは勝手にやれ状態。中身のデザインが無い。
だから何をやっても全部同じ。

かつてファークライ5のレビューで「よほどの刷新が無い限り今後このシリーズに手を出すことは無いでしょう」と言いました。

今回、「よほどの刷新が無い限りubisoftの現代オープンワールドはもう買わない」と決意しました。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS4, FPS TPS

執筆者:

関連記事

ワンダと巨像 (PS4)【感想/評価】クソゲー要素を詰め合わせて神ゲーを作る実験

あの「ワンダと巨像」がフリープレイ(2020年3月)になったので、やってみました。 もくじ1 ワンダと巨像とは:巨像を倒すゲーム2 挑戦的な作品:PS2版は途中で投げた3 プレイしないとわからない4 …

ニードフォースピード ペイバック【評価/攻略】スーパーカーのお祭りゲー 退屈させない工夫が盛り沢山

Paybackの意味は「復讐」。 仲間にハメられた主人公の復讐劇を描きます。 新世代機向けとしてはシリーズ2作目。 ド派手なカーアクションのおいしいとこ取りを存分に楽しめる一方、課金要素などいくつか気 …

ドラゴンボール ゼノバース2【攻略/評価】買い戻してわかった良い点・悪い点、俺の最強キャラ

「ゼノバース2よりメテオの方が良くね?」 そんな風に思い、酷評レビュー記事を作った時期が自分にもありました。 ふと思い立ち、1年後に再び本作をプレイしました…あれ、けっこう面白いぞ。 前記事の酷評を訂 …

無双OROCHI3 Ultimate【レビュー/評価】水増しの極み 次作が神術オロチなら買わない

オロチ3ULをプレイした結果、オロチ卒業を決意しました。 その理由をざっくり解説します。 本作を買おうか迷っている方は、当記事を見ることでお金と時間を有効に使えます。  ゲームときどき雑記ブ …

redout【評価/感想】史上最速レースゲーム

もくじ1 redoutってどんなゲーム?1.1 「Race Faster Than Ever」1.2 ゲーム性1.3 豊富なコース・機体2 システム紹介2.1 操作方法2.2 ダメージ2.3 武装3 …