PS4 FPS TPS

ウォッチドッグス2【評価/攻略】街全てが俺のもの感

投稿日:2018-12-31 更新日:

B089P1QZ1G







ウォッチドッグス2ってどんなゲーム?

ウォッチドッグス2とは、広いマップに点在するクエストを進めるオープンワールドTPSです。

シリーズ最大の特徴はハッキング。
監視カメラやスマホをハッキングして情報収集したり中身をイジったりとやりたい放題です。

本作ならでは要素は、ドローンなどのガジェット。
自分の手を汚さず遠隔操作で敵拠点を制圧できます。

 

舞台は太陽が降り注ぐサンフランシスコ。

シカゴを舞台にした前作のシリアス調から一転、明るくポップな作風になりました。

西海岸らしい開放的な街並み。
まんべんなく密度が高く、精巧な作りで見応えがあります。

世界トップクラスの理系大学・スタンフォード大や最先端企業が立ち並ぶシリコンバレーがあり、ハッカー活動を描くのにうってつけのロケーションです。

 

■あらすじ

デジタル技術で便利になった一方で監視社会化が進み、ビッグデータを利用して一部の人間が甘い汁をすすっている。

ハッカー集団「デッドセック」は、自由を守る最後の砦としデジタル技術を利用して暴利を貪る輩と敵対しハッキング攻撃を繰り返す。

主人公・マーカスのデッドセック加入により、自由を守る戦いは激化していく。

ハッキング攻撃の結果、他人にどんな危害や悪影響が及ぼうと知ったことではない。ただ自分が信じる正義を貫くのみ!

メンバーいわく、カリスマハッカーと荒らしの違いはフォロワー数なのだとか。
たしかに今の時代、フォロワー数 is パワーですよね。

ややこしいストーリーは無し。
ただ、ハッカーがフォロワーを増やすだけの話です。

主人公・マーカスは最初から能力が高く、人物背景は全く描かれません。

24歳にして、
・凄腕ハッカー
・アメリカンクラッカー武器を使った近接戦闘
・銃撃戦
・3階から飛び降りても平気な超人的パルクール

このように何でもこなせる逸材です。

でも生まれ育ちや高い能力の理由は説明無し。
小難しい話はすっ飛ばして、ただハッキングするゲームです。

 

街全てが俺のもの感

街全てが俺のもの感を味わえます。

常にL1ボタンで不正アクセスしている、常時ハッキング攻撃状態。
ヒマな時間がありません。

L1ボタンを押すと近くの人や車をオートロックし、ひし形のアイコンが出ます。その内のどれかを選ぶだけでハッキング完了。

個人情報やメールを閲覧され、ワンボタンで7000円送金させられるNPCが気の毒です。

バッテリーを盗んだり、乗り物を遠隔操作してハンドルを乗っ取り事故らせたり、信号やガス管など公共インフラを混乱させてやりたい放題。

お前のものは俺のもの、街全てが俺のもの!

 

NPCの作り込みも充実。

1人1人に人物背景が設定されています。

個人情報を覗くと不正コピーの常習犯だったり、変な趣味持ってたり、駆けつけた救急隊員が悪質な前科持ちだったり。

行動パターンもそれぞれ。リアクションも豊富です。

眼の前に立つと煽り、肩がぶつかれば抗議してくる。
危害を加えれば警察に連絡し、中には殴り返してくる人もいます。
観察を続けるとNPC同士で小競り合いが起きることも。

生き生きとしたNPCも「街全てが俺のもの感」に拍車をかけています。

 

ステルス&パズル

メインはステルス&パズル。

ハッキングやガジェットを活用すれば楽に攻略できます。

例えば、ジャンパー&クアッドコプターにボム搭載して突っ込ませれば自分は足を踏み入れることなく拠点制圧可能。

その分、銃撃戦ゴリ推しのランボープレイは厳しい。

主人公は本当に生身の防御力なので囲まれるとあっという間に終わります。
また、増援を呼ばれて延々と戦い続けるハメになるし、後半に出てくる重装兵は硬すぎていくら撃ち込んでも倒せません。

武器の強化カスタムがないのでやり甲斐も薄い。

クエストでは敵地のど真ん中でパズルを解いてハッキングする場面が多いです。
銃撃戦で敵をなぎ倒したいときはストレスが溜まります。

本作はあくまでもハッキングがメイン。
銃撃戦でドンパチなランボープレイをしたいなら別のゲームをやった方が良いです。

 

ハッキング先から次のハッキングへ、ハッキングがどこまでも連鎖します。
監視カメラを乗っ取り、自分からは見えない範囲をサーチし、また乗っ取る。
発想次第でどこまでも可能性が広がります。

 

オンライン要素

ハッキングを活かしたオンライン要素があります。

 

・協力プレイ

自動マッチングで他プレイヤーと共闘できます。

楽しいけど攻略が他人任せになるので最初はオフにした方が良いかも。

ゲーム序盤、こんな経験をしました。

ゲームに不慣れでモタモタ中にマッチング
→他プレイヤーが敵拠点に車両を突っ込ませてもうめちゃくちゃだよ
→自分は警戒エリア外から監視カメラで様子を観察
→何もせずにメインミッションをクリア

「こりゃマズイ」と思ってすぐオフにしました。

 

・オンラインハッキング

ソウルシリーズでいう赤霊。

他プレイヤーのシングルプレイに侵入してハッキング勝負する1vs1。
侵入された側はハッキングが100%に達するまでにハッカーを見つけて倒す必要があります。

 

・バウンティハンター

反社会的行為が著しいプレイヤーはバウンティ(賞金首)となり、他プレイヤー最大3人の標的になります。

ハンター側がバウンティを倒すと報酬ゲット。
バウンティ側のプレイヤーがハンターを倒してもなぜか大量の報酬ゲット。

 

プレイした感想:体調が悪いせいかな?

結論を言うと、楽しめませんでした。

「面白いゲームのはずなのになぜだろう。体調が悪いせいかな?」
と考え、時間を空けてプレイしたけどやっぱりダメです。

以下、楽しめなかった理由を語ります。

 

欲張りなゲーム

非常に欲張りなゲームです。
結果、全ての要素が70点に感じます。

オープンワールド、ハッキング、オンライン要素を1つのゲームに盛り過ぎて焦点が定まらない感じ。

ステルスをやると「メタルギア」や「ヒットマン」が思い浮かび、気ままに自由行動すれば「グランドセフトオート」を思い出し、PVPなら別のゲームがやりたくなります。

例えば、ハッキングを活用したスニーキングは面白いです。
でもどうせ狭いエリアでやるのだからマップの移動を挟まず「ヒットマン」のようなミッション選択型でサクサク遊びたいと思ってしまう。

一言でいうとお子様ランチ。
エビフライ、ハンバーグ、スパゲッティなど好きなものを乗るだけ乗っけたやつ。

私はハンバーグの気分ならハンバーグだけ食べたいです。
こんなに色々盛られると食欲が無くなります。

 

俺の街は窮屈

街全てが俺のもの。
ただ、この街は窮屈です。

何をやっても警察に追われます。

・何かの間違いで他人を殴る
・〃車で人を轢く
・〃発砲
すると通報されて大量の警察がすぐに駆けつけます。車強盗も即バレ。

カーチェイスでは追跡が異様にしつこい。

こちらに対抗手段が多い分敵も本気。延々と前方に湧き続けます。
車から降りて物陰に隠れても、車を乗り換えようが何をしようが無駄。
360°赤外線センサー装備かと思うほど簡単に見つかります。

潜入後のカーチェイスで失敗すると潜入の最初からやり直しになるパターンが多いのもツラい。

ようするに、色々できるけどやると面倒。

マップに新鮮さはありません。

ファストトラベルのロードは20秒強と長め。
広いマップに散っているミッション開始地点へファストトラベルを多用するだけにテンポが悪い。

私は他人のプライベートを覗く趣味はないので、スマホのメールや会話の盗聴もあまり楽しめませんでした。

 

作業的なドローン戦闘

ドローンを活用した戦闘がなんだか作業的で楽しくない。

ラジコン&ドローンで敵をおびきよせては爆弾投下で潰す繰り返しです。

ガジェットとボムは復活するので撃ち落とされてもOK。
クールタイムを待ち、復活するたびエリア外から交互に投入するのみ。

そんな作業が続いて中盤からもう面倒くさくなり、先ほど「ランボープレイしたいなら別のゲームをやった方が良い」と言った私がランボープレイになりました。

スキルアップグレードでやることを増やそうにも、アップグレードにはマップ特定ポイントで入手する「重要データ」が必要。

いちいちややこしい場所に隠されており謎解きが面倒です。

取り方がわからない場合は泣く泣くその場を去ることに。
やはりこの街は窮屈です。

 

3D酔い

3D酔いがキツい。

というのも、

・走る、カバー、撃つ、全ての動きがグニャグニャ

・モーションブラーが強烈
効き具合のオプション設定不可。

アクセス可能な場所をわかりやすく表示する「ネットハックモード」はさらに酔います。
それでも便利なので使わざるを得ないのがツラいところ。

色々不満点がある中、一番ダメだったのは3D酔いです。クラクラしてアクビが止まりません。

 

まとめ:俺、Ubisoftのゲーム向いてないかも

銃撃戦から個人情報抜き取りまで何でもできる。この街全てが俺のもの。

しかし、
・何をやっても強めに怒られる
・進んでやるより、やらされる場面の方が多い
・何でもできる結果、作業的プレイに収束する

そんなゲームです。

 「ファークライ5」 「the crew2」に続き「俺、Ubisoftのゲーム向いてないかも」と思いました。

 

そもそも、金銭的メリットでも無い限りハッキングなんてやりたくないです。街中でドローンを飛ばしたいとも思いません。

私とは違い、ハッキングやドローンに興味津々な方は合うかもしれません。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS4, FPS TPS

執筆者:

関連記事

ソニックチームレーシング【評価/攻略】そろそろマリカーを超えてほしい

もくじ1 ソニックチームレーシングってどんなゲーム?2 見どころ3 難点4 まとめ ソニックチームレーシングってどんなゲーム? ソニックチームレーシングとは、セガの看板キャラ・ソニックとその仲間達が入 …

Horizon Zero Dawn【評価/レビュー】出来の良い優等生。そこが物足りない

「とにかく神ゲーだからやるべし!」 とよく言われる作品です。 でも、 「他のゲームとどう違うの?」 「グラフィックが良いのは見ればわかるけど、何が面白いの?」 と疑問ですよね。 実際、私は本作の魅力が …

仁王2 β体験版【感想/評価】前作以上の死にゲー!あのツラく楽しい日々が再び

あの戦国死にゲーが再び! 前作未プレイだと「仁王初心者やアクションゲー苦手でも大丈夫?」 仁王1(以下、前作)経験者は「前作と何が変わったの?」 って部分が気になりますよね。 そこで、仁王2は買いなの …

STEEP【感想/評価】ウィンタースポーツが嫌いになりそう

もくじ1 STEEPってどんなゲーム?2 難点2.1 グラフィック2.2 挙動・操作2.3 難易度2.4 その他3 まとめ STEEPってどんなゲーム? Steep(スティープ)とは、ヒーハー!なオー …

デモンゲイズ2 Global Edition【評価/感想】どーでもいいから早くダンジョンに行かせてくれ!

もくじ1 「デモンゲイズ2 Global Edition」ってどんなゲーム?2 難点2.1 掛け合いが冗長2.2 ギャルゲー要素2.3 ヌルゲー2.4 その他3 まとめ 「デモンゲイズ2 Global …