ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

ゲームまとめ記事

ニードフォースピード(NFS)シリーズ【オフ専のおすすめ】PS4の3作品比較

投稿日:2019-06-02 更新日:






どうも、2019年発売予定の「ニードフォースピード(NFS)」シリーズ新作に今から心躍らせているヤギです。

PS4のNFSを3作全てプレイ&レビューした経験をふまえて、3作を比較した記事を作りました。

具体的には「ライバルズ」「2015」「ペイバック」の3作。三者三様の作風です。

「PS4のNFS3作、どれをプレイしようか迷っている」
「セール中に安すぎて怪しい。本当に遊ぶ価値があるのか疑問」
そんな方の参考になるかと思います。

ただし、僕はオフラインプレイ専門なのでオンラインに関しては詳しくありません。
なのでオフラインで気ままに走ってコツコツとキャリアモードを進めるのが好きな男の感想になります。

 

3作を比較した結論を先に言うと、

・どうしてもガジェットが使いたいなら「ライバルズ」

・頭文字Dのような夜間公道レースを楽しみたいなら「2015」

・起伏に富んだオープンワールドをスーパーカーでかっ飛ばしたいなら「ペイバック」

がおすすめです。

「2015」「ペイバック」の2作はどちらも良作なのでセットで買う価値あり。

 

それでは本文で3作品の特徴を詳しく紹介していきます。
個別レビュー記事のリンクも貼りましたので、より詳しく知りたい場合はそちらをご覧ください。



ニードフォースピード(NFS)シリーズ【オフ専のおすすめ】PS4の3作品比較

ニードフォースピード ライバルズ

「ライバルズ」は3作の中で最も古く(2013年発売)、PS3など前世代機でも発売されています。

舞台はアメリカの架空の州「レッドビュー・カウンティ」。
NFSシリーズらしい、アメリカンな広くて開放感のあるマップ。
街、田園、森林、雪山、海岸など、のどかなロケーションが続きます。

 

本作最大の特徴はガジェット

ガジェットは「車に装備する武器」です。

電撃をまとって一時的に自車を強化したり、衝撃波を飛ばしたり、スパイクベルトを置いたり。
マリカーのアイテムみたいな感じで使います。

2つ装備可能なので組み合わせを考えるのが楽しい。
例えば、

攻撃的にいくなら、
「ESF+ 衝撃波」

カウンター狙いなら、
「ジャマー+スパイク」

バランス重視で、
「ES+ジャマー」

といった使い分けが楽しめます。

 

3作中唯一、警察側でプレイできるのも大きな特徴。

レーサー・警察のどちらかを選択してプレイ。
立場はガレージからいつでも切り替えできます。

レーサー・警察を行ったり来たりで遊ぶも良し、先にどちらかを極めるのも良し。プレイの仕方はあなた次第。

キャリア(進行度)はレーサー・警察でそれぞれ別で、ストーリー無し。
そのため、ただ課題をこなす繰り返しになり、淡々としたプレイになります。

 

キャリアモードとオンラインモードが融合した「ALL DRIVE」も特徴的。

オンライン状態だと自動マッチングした5人のプレイヤーが走っています。
他プレイヤーもレーサー・警察に分かれて各々好き勝手に走行しており、接近すれば対戦可能。

このような「シームレスなオンライン体験」が売りです。

 

あと、フェラーリ車の収録が嬉しいところ。
シリーズとしては11年ぶり、今回紹介する3作では唯一。

 

上記のように見どころはある作品ですが、3作の中ではオススメ度最下位です。
以下、その理由を説明します。

まずグラフィック。
当時の最先端とはいえ年代的にPS3後期水準なので、PS3のゲームをプレイしているような印象です。

次世代向けに一新した次作「2015」のフォトリアルな映像とは比べ物になりません。
本作と同じようにゲーム寄りな画作りの「ペイバック」と比べてもゴージャスさに差があります。

 

マップについては冒頭に「のどかなロケーションが続く」と言いました。

これが本当にだだっ広い麦畑や海岸沿いの道がどこまでも続き、どこを走っても景色がまるで代わり映えしないので飽きます。

メタセコイアが立ち並ぶエリアとかまんま「ホットパースト」の使い回しじゃないかと。

よって、流して気ままに走っても退屈なのでオープンワールドを探索する楽しみはありません。
にも関わらずイベント地点へのファストトラベルが無いため、目的地までの道のりがダルい。

 

また、「ALL DRIVE」でオンライン要素をムリヤリ組み込んだ関係で、オフラインにしてもロードが多くて長め。クラッシュなどで頻繁にガレージに戻る仕様とあいまってテンポが悪い。

後の2作に「ALL DRIVE」が引き継がれていないのを見てわかるように、本作のオンライン要素は特にオフラインで楽しむプレイヤーの足を引っ張っており不評です。
今さらオンラインに人が沢山いるとも思えないのでオンライン派にとってもメリットはない。もはやデメリットしかないシステムと化しています。

 

上記のような、
・マップが単調
・オンライン要素でテンポが悪い
という難点に加えて、キャリア進行のテンポの悪さがツラい。

キャリアレベルごとに、
「~回追突しろ」
「~人のレーサーを捕まえろ」
「~KM出せ」
といった課題が複数セットで設定されています。
それらを全部クリアすることでレベルが上がり、次の課題へ進む仕様。

警察・レーサーのどちら側でプレイしても、まばらに走っているレーサーを見つける必要があるためレベルを上げるのは一苦労。っていうかダルいです。

警察側で走るとパトカーのランプで眼がめちゃ疲れるのも気になるところ。
プレイ中ずっとチカチカしており、ゲームをやめても画面の中心に残像が見えます。
個人的にはこの一点で「プレイしないほうが良い」と断言したいほど不愉快。

 

さらに車イジりの楽しみも3作中最低。
フェラーリ収録は嬉しいけど、一部の車はレーサー・警察のどちらか専用でカスタム要素はほぼ無し。
ボディキットの変更も不可。車をイジるのが好きな方は不満に感じるはず。

 

感想をまとめると、
オンライン要素を強引に融合し、それを売りにしたことでオフラインプレイの楽しみ・快適さが削がれています。

僕は「この荒野でオフ専の俺は何を楽しめばいい?」と戸惑いました。

どうしてもガジェットを使って遊びたい方にのみおすすめしたい作品。

本作を遊べば「2015」「ペイバック」の良さを実感できます。

 

「ライバルズ」の詳しいレビュー↓

 

ニードフォースピード (2015)

「ニードフォースピード」 (2015)は夜間の公道バトルに特化したストイックな作風。

実写と見分けがつかないフォトリアル(実写・写真風)なグラフィックが最大の特徴です。

フォトリアルってなんぞや?と問われると上手く説明できませんが、とにかくこのグラフィックがもたらす臨場感はゲームらしい画作りの他2作とは異質。
2020年現在でもここまで夜間のフォトリアルな質感に特化し、こだわったゲームは他に見当たりません。まさに「次世代のNFS」という感じ。

リアルタイムに通話が飛び込んでくるのでグラフィックと相まって臨場感が凄い。

 

ストーリー演出のこだわりも凄い。
ここでも、本作が次世代のNFSを目指していることがわかります。

なんと主観視点の実写ムービーでシナリオが進行。

主人公目線のやたらリアルな主観視点なので、パリピな仲間達に囲まれるとまるで親戚の家に連れて行かれたときのような気分になります。
(ちなみに本作の登場人物は全員パリピです)

ゲームの実写ムービーは本編から浮いて安っぽくなりがちですが、本作のムービーはじっくり観れるクオリティがあります。自分にしては珍しくカットせずに全部観ました。

イベントをクリアするとそれぞれのシナリオが進み、最後は各分野の実在カリスマが登場します。

レースを淡々とこなす繰り返しが苦手な方も、このグラフィックと主観視点ムービー&カリスマに引っ張られてハマってしまうでしょう。
でもシナリオにはあまり期待しない方が良いかと。オチがない(笑

 

舞台は都会と峠なので一本道が多く、だだっ広い荒野を突っ切るようなマップの自由度はありません。

その分、夜間に特化した公道バトルが熱い!
「頭文字D」的な抜きつ抜かれつのバトルが楽しめます。

レースイベントは以下の5種類。
それぞれのストーリーがあり、最後にはカリスマが登場してタイマン勝負になります。

・アウトロー:警察ともめ事
・スタイル:ドリフト、ジムカーナ
・ビルド:車のチューン
・スピード:速さを求める
・クルー:仲間とつるんで走る

警察と揉めたり、2台並んで派手にドリフトかましたり。とにかく、公道上で考えられる悪そうなことを網羅している。

 

オフラインプレイのテンポの良さは3作中トップ。

というのも本作は3作中で唯一、イベント地点にファストトラベル可能。移動の手間を省いてレースに集中できます。

また、後述するペイバックのように「金欠で買いたい車が買えない」ということがありません。
サクサク走り、サクサク稼いで好きな車を購入できるのが嬉しい。

 

適度な難易度で遊びやすいのも嬉しいところ。

好きな車が買えるしゴリゴリにチューンできるので、マシン性能でドライビングの腕をカバーできます。
僕はアヴェンタドールのフルチューン、ドリフト仕様のヌルヌル挙動であらゆるイベントをゴリ押しました。

ドリフトの判定がやたらと甘く、スピンするだけでがっつり得点が入るのでドリフトが苦手な方にもおすすめ。

遊びやすいけど決してヌルゲーではありません。
対向車や分岐に引っかかると一発逆転されるから走ってるときは必死です。
最終戦、10分かかるレースを5回やりなおしてギリギリクリアできたのはいい思い出。あの達成感は忘れられません。

NFSらしい爽快感ある走りを楽しむならちょうど良い難易度といえます。
ストレスが無く、達成感と楽しい思い出だけ残りました。

 

総じていうと、
「夜間の公道バトルを楽しみたいならこれ!」
といえる素晴らしい出来。

実写のようなグラフィックで夜の公道をかっ飛ばす臨場感は本作でしか得られないもの。
実写ムービーも面白いのでついやめ時を見失いますよ。

 

「2015」の詳しいレビュー↓

 

ニードフォースピード ペイバック

タイトル「ペイバック」の意味は「復讐」。
仲間にハメられた主人公の復讐劇を描きます。

前作のストイックな作風から一転、「スーパーカーのお祭りゲー」な作品。

オフロード、数百mの大ジャンプ、ドラッグレースなど、ド派手なカーアクションのおいしいとこ取りを楽しめます。

 

最大の見どころは、自由度が高すぎるマップと、それを活かした多種多様なイベント
このフリーダムさは他2作と比べて圧倒的。比較にもなりません。

舞台はラスベガス風の架空都市。
ド派手な大都市を中心に荒野や山が広がっている、考えられるロケーションをギュッと詰め込んだ美味しいとこ取りなマップとなっています。

見える場所はどこでも行ける。やりたい放題。
道路から外れたオフロード部分も走れるので、ナビのルートでは蛇行するような道のりも直線で突っ切っちゃう。

地形が起伏に富んでおり、ショートカットやジャンプ台がいたる所に配置してあるので移動中も退屈しません。

さらに、各地に山のようにチャレンジが点在し、フリーラン中いつでも挑戦可能。
チャレンジ中でなくてもドリフトや逆走、ニアミスでスコアが入るためつい走りに夢中になります。

そんなマップに看板、放置車両・パーツ、トラップボックスなど収集要素が盛り沢山で探索も楽しい。

 

ファストトラベル地点からイベント地点までの距離が秀逸なのも良い。適度にフリーランを楽しめます。

「あれ?ライバルズのときと言ってることが違うじゃないか」
と思われたかもしれません。
たしかにそうなのですが、要はゲーム全体のバランスの問題です。

「ライバルズ」と違い、起伏に富んだ地形に収集要素やチャレンジがあるため移動が楽しい。
工夫を凝らした本作のオープンワールドを味わうならちょうど良い仕様となっています。

さらに「ライバルズ」と違い、ロードが早い。
こんなに広いマップをどうやって読み込んでいるのか不思議になるほど早い。ほぼロード時間無しでシームレスに移行する感じです。
PS4での開発ノウハウが進歩し、最適化が進んだ成果だと思われます。

 

このように、ただ走るだけも楽しいマップ。
そのマップで挑むイベントの種類も様々で、3作中最も幅広い遊び方ができます。

イベントには「スタイル」があり、スタイルに応じて3人の主人公・車が切り替わります。
スタイルは以下の6種類。

・バトル
・ドラッグ
・ドリフト
・オフロード
・Speedcross
・ランナー

ようするに「他に車でできることある?」と思うほど何でもできます。

いつもの公道レースの他、悪路を突っ切るラリーイベントや街中でのドラッグレース。ときには何かをお届けする運び屋の仕事も。
それぞれに独自の難しさ、コツがあるので飽きません。

 

さらにカスタム要素が本格的。NFSシリーズの中でもトップクラスの充実度を誇ります。

車体ごとにパーツがほぼ別デザインなので色々組み合わせて眺めるだけでもニンマリ。
グリグリと視点を変えながら部位を指定できるため、ガレージでパーツを合わせるような感覚が味わえます。

 

ここまで語ってきたように、文句なく楽しめる作品です。

ただ、「ポストエフェクトをバリバリに効かせた前作に比べると、本作はいかにもゲームらしいグラフィックに退化している」という意見もあります。

たしかに静止画ではその通りですが、プレイすれば必然性がわかります。

・マップが起伏に富んでるので、絵作りに凝らなくても見映えが良い

・朝~夜まで時間帯によって景色が大きく変わるので飽きにくい
(エリアによって時間帯が変わるニセ時間経過だった前作と違い、本作はリアルタイムで時間が経過する)

よって本作のグラフィックは静止画だと物足りないように見えるかもしれませんが、ゲーム性に合っています。プレイすれば不満は感じません。

 

本当に問題なのは金欠とガチャ要素。

スタイルごとに車が必要なので常に金欠です。せっかく魅力的な車が揃っているのに欲しい車が買えません。

得意なイベントは最低限のマシンでクリアし、稼いだ金を苦手なイベントに使うマシンに突っ込むといったやりくりが必要。

チューニングはなんとガチャです。
スロットを回してチューニングパーツの性能を決定するため、理想的なパーツを狙うと苦行。

金欠で車が買えない上にチューニングがガチャなので、せっかくカスタムが充実しているのに車をイジる自由度が低く感じてしまいます。

 

難易度が前作「2015」より高めなのも気になるところ。

後半から難易度が急上昇。特にオフロードで苦戦を強いられます。

難しいのは良いけど理不尽に感じるのが問題。
オフロードのコースは色味が紛らわしい上、柵も無いので道がわかりません。さらに前の車の土煙で何も見えない。

コースレイアウトも意地悪で、大ジャンプからいきなり急カーブとか、邪魔な場所に障害物があったりで初見では避けようが無い。
コースは広いのにチェックポイントが狭いのもツラい。

 

上記のように、
・金欠、チューニングガチャで車をイジる自由度が低い
・ラリーが理不尽に難しい
のはたしかに気になります。

とはいえ、総じていえば3作中で最も自由度が高く起伏に富んだマップで、ド派手なカーアクションが楽しめる作品。

難点を踏まえた上でも、クリアするころには満腹になることを保証します。

 

「2015」の詳しいレビュー↓

 

まとめ:「2015」「ペイバック」を両方買おう

というわけで、

・どうしてもガジェットが使いたいなら「ライバルズ」

・頭文字Dのような夜間公道レースを楽しみたいなら「2015」

・起伏に富んだオープンワールドをスーパーカーでかっ飛ばしたいなら「ペイバック」

がおすすめです。

「2015」「ペイバック」はどちらも面白いし、タイプの違う作品なので両方買って損はありません。

本記事で紹介したNFSシリーズ3作のDL版は、セール時に1000円以下になるので逃さず買っておくとお得です。

セール時なら「2015」が500円、「ペイバック」が800円で売っているので、両方合わせても1300円。
これはもう買うしかない。買わない理由があるなら教えてほしい。

一方、「ライバルズ」はセールで500円なら…という感じ。
まあいくら安くても、僕なら「ライバルズ」を遊ぶ時間があるなら他のゲームをやりますが。

 

ではこの辺で記事を締めます。

2019年発売予定のシリーズ新作が楽しみですね。
僕は買います。レビューします。

追記:新作「ニードフォースピードヒート」発売されちゃいましたね…レビューはもう少々お待ち下さい(汗

Need for Speed Heat - PS4

Need for Speed Heat – PS4

posted with amazlet at 20.02.06
エレクトロニック・アーツ (2019-11-08)
売り上げランキング: 232

 

オープンワールドの車ゲーがお好きな方はこちらもチェック↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ゲームまとめ記事

執筆者:

関連記事

ゲームレビュー記事まとめ (シリーズ別・五十音順)

もくじ1 あ1.1 アーマードコア1.2 エースコンバット2 か2.1 ガンダム2.2 グランツーリスモ2.3 ゴジラ3 さ3.1 サガ3.2 スーパーロボット大戦3.3 ソウルキャリバー3.4 ソニ …

歴代バイオハザードシリーズのおすすめ順【感想/評価】俺が選ぶ3つの神ゲー

バイオハザードとはシリーズ累計売上8000万本以上! ストリートファイターを上回るカプコン看板タイトル! ですが、派生作品を含め作品数が多すぎてバイオシリーズになじみの無い方は何からプレイすればいいか …

アーマードコアシリーズまとめ【PS1/PS2全11作】初心者におすすめな作品はこれ!

PS2世代までの11作品。いわゆる「旧アーマードコア(AC)」シリーズの特徴をまとめた記事です。 僕は11作を全てプレイしほぼ全作がっつりレビューしましたので、その経験をふまえて各作品の特徴を解説して …

ロックマンXシリーズのおすすめ作品ランキング【最高傑作を決める】

シリーズ全9作もあると全作遊ぶのは大変。 どうせなら出来の良い作品からプレイしたいですよね。 そこで、ロックマンXシリーズ全作品プレイし全作品レビューした僕の実感に基づいて「ロックマンXシリーズのおす …

ドラゴンボールゲームまとめ【評価/感想】SFC~PS4の面白くておすすめな傑作からネタゲーまで

まともに遊べそうな作品を厳選して紹介します。 もくじ1 ドラゴンボールゲームの歴史2 SFC2.1 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説2.2 ドラゴンボールZ 超武闘伝1~33 SS/PS3.1 ドラゴン …