ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

ゲームまとめ記事 ゲームレビュー

歴代バイオハザードシリーズのおすすめ順【感想/評価】俺が選ぶ3つの神ゲー

投稿日:2019-10-25 更新日:





バイオハザードとはシリーズ累計売上8000万本以上!
ストリートファイターを上回るカプコン看板タイトル!

ですが、派生作品を含め作品数が多すぎてバイオシリーズになじみの無い方は何からプレイすればいいかわからないですよね。

そこで、各作品の特徴をザックリまとめてみました。

取り上げたのは僕がプレイ済の作品のみ。
実際に感じた出来の良し悪しを率直に書きましたので、作品を選ぶ参考になるかと思います。

ジャンルは関係無く、良いか悪いかで並べています。
バイオシリーズは傑作から駄作まで幅広いので、比べると面白いですよ(笑

個別記事もありますので、興味が出て詳しく知りたくなった方は作品紹介下にある個別記事リンクをクリックしてください。

ちなみにバイオ作品の時系列はつながっています。
しかし、初代~ベロニカ以降は設定がけっこうメチャクチャなので順番はあまり気にしなくていいかと。

抜けている作品は順次、追加していきます。




神ゲー:バイオシリーズ屈指の傑作

biohazard (リメイク)

biohazardは初代バイオハザードのリメイク作品。

旧バイオの「ラジコン操作※+固定カメラ」を前提にしたゲームデザイン。
そこに美しいグラフィックが見事に融合した傑作です。

※ラジコン操作

画面の向きではなくキャラから見た方向に動く
固定カメラの切り替えに合わせて採用された方式。上手く動かせない「もどかしさ」が恐怖につながっている。

グラフィックは完全作り直し。プリレンダCG(一枚絵背景)の究極といえる、こってりした質感がたまりません。
一枚絵ですが陰影の変化があったり、場所によってはムービーのように動きます。

最新グラフィックで表現された、映画のカット割りのような視点にはTPSバイオには無い臨場感。

 

攻略ルートはオリジナルから格段にボリュームアップ。もはや別ゲーです。

ドアが開かない。こっちはカギが違う、ドアノブが片方壊れてる。持ち物がいっぱいだからBOXまで戻る。
そんなことを繰り返しながらヒントを見つけて少しづつ進んでいく。
バイオの面白さは探索なんだと気づかされます。

僕はプレイしてすぐ、あまりのクオリティの高さに驚きハマってしまいました。

「バイオはカジュアルに遊ぶ派」の自分としては珍しく、攻略ルートを研究してタイムアタックや高難度モードで遊び込みました。

何周やってもなぜか飽きない。
縛りの強いプレイでも楽しみたくなる魅力があります。

初代をプレイしていると、リメイク前・後の違いや攻略ルートの変更点がわかるのでより楽しめますね。

バイオハザード オリジンズコレクション - PS4
カプコン (2016-01-21)
売り上げランキング: 4,292

 

バイオハザード RE:2

「バイオハザード2」のリメイク。
グラフィック、システムなど全てを一新。ほぼ完全新作です。

その出来は素晴らしく、歴代バイオの良い所をかけ合わせたハイブリッドなバイオに仕上がっています。

・旧バイオの探索要素
・「4」~「6」のドラマチックなTPS
・「7」のグラフィックとホラー演出

以上の、シリーズ歴代の要素が見事に融合。

 

「7」のゲームエンジン「RE ENGINE」なので、グラフィックは「7」のような雰囲気です。

アンティーク調な人工物の表現に最適な質感。舞台である警察署との相性は抜群です。

さらに凄いのが、フロア移動の完全シームレス化
これが圧倒的な臨場感を演出。

通路→部屋などがシームレス(ロード無し)なのはもちろん、外→警察署といった大きなつなぎ部分もロード無し。敵はドアを開けてフロアを移動します。

構造や攻略ルートは「2」とは別物。
にも関わらず「2」らしさをしっかり感じるのも高評価の要因。

「2」ならではの、周回による変化もあります。
タイラントが建物内を徘徊するようになり、「バイオ3」のネメシスのような「常に追い回される恐怖」も実現。

 

まさにバイオシリーズの特色を全て盛り込んだ、旧バイオファンから新規プレイヤーまで大満足の作品。万人におすすめできる傑作です。

BIOHAZARD RE:2 Z Version - PS4

BIOHAZARD RE:2 Z Version – PS4

posted with amazlet at 19.10.25
カプコン (2019-01-25)
売り上げランキング: 343

 

バイオハザード リベレーションズ

リベレーションズは元々、ニンテンドー3DS用ソフトです。
出来があまりにも良いので何度もリマスターされ、PS4でも発売されました。

主な舞台は豪華客船「クイーンゼノビア」。
幻想的で美しく恐ろしい、初代に通じるゴシックホラーな雰囲気があります。
ロード区間で裏読みする仕様により、エリア移動がシームレスなので臨場感も抜群。

それまでの「うす汚いゾンビ」から脱却した、海洋生物をモチーフにしたクリチャーデザインも秀逸。

例えば、
個人的に「どらぎ・なつお」の愛称で呼んでいるドラギナッツォ。
サメがモチーフのイケメン、スカルミリオーネ。
見た目・動き・強さ・日記、どれも強烈なメーデーさんことスキャグデッド。

ただのゾンビは水死体をモチーフにしており絶妙にキモい。

 

主人公はジル・バレンタイン。
「3」以来の登場で30歳。ポニテのうなじやピチピチスーツがセクシー。顔は過去作と全然違います。

他、雪山でも腕まくりのクリス、半尻ダイバースーツのジェシカなど色んなキャラを操作できます。

 

そして、何といっても特筆すべきはレイドモード。

いわゆるエンドコンテンツにあたる、レア装備を集めるハクスラゲー。
最後に待ち受けるステージ「ゴーストシップ」のTB達成はリベレプレイヤーの語り草です。

COOPで相方に全部やってもらえばなんとかなるので、自分が下手でもやり込めます(笑

 

携帯機用の小規模なゲームデザインが「5」までに肥大化したシステムをすっきりまとめ直しており、それが不思議なほど全て良い方向に作用している傑作。

TPSバイオは作り方次第でここまで面白くなるのかと衝撃を受けました。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション - PS4
カプコン (2017-08-31)
売り上げランキング: 1,163

 

良作:評価が揺るがない名作

バイオハザード

「サバイバルホラー」という新ジャンルを開拓したシリーズ初作。

固定カメラ&ラジコン操作という基本システムは「コードベロニカ」まで踏襲されます。他社の作品にも多大な影響を与えました。

シリーズの基礎は初作で既に完成しています。
変な仕掛けだらけの建物を探索して謎を解くシンプルな面白さ。
ゲーム史上最も有名な通称「かゆうま日誌」や、シリーズ伝統アイテム「クランク」も登場。

 

主人公の2人は後のシリーズ作品にもメインキャラとして登場します。

「ジル・バレンタイン」
ベートーベンの「月光」を楽譜を見て即ノーミスで演奏できる才女。
簡単なドアはキーピックで開けちゃう。

「クリス・レッドフィールド」
「コードベロニカ」ではオープニングで武器全部落とす人。
体力が多い反面、アイテムの数・枠が少ないので難易度ハード扱い。

 

後の作品に比べると死にゲーです。
技術的な都合で同時出現数が少ないためゾンビ単体が強い。甘く見ていると囲まれてあっという間にゲームオーバー。

でも攻略チャートは短いので上達すればサクサク進めて楽しいです。

 

原色で明るい画面は、まるで細部を描かない絵画のよう。リメイク版とは違う「おどろおどろしさ」があります。
グラフィックのゴシックホラー感は初代が随一。

 

バイオハザード2

国内売上215万本以上、全世界約500万本。
1位「5」、2位「6」に次ぐシリーズ歴代3位の大ヒット作です。

 

舞台は謎解きギミックだらけの警察署。

前作のジワジワくる恐怖から、多数の敵に襲われる「数の恐怖」にシフト。前作とは違い大量のゾンビに襲われます。
でも1体の戦闘力が低くなっているので難易度は前作より低めなので遊びやすく、多数の敵を吹っ飛ばすのが爽快。

 

新主人公2人も人気キャラで、前作の2人と同じく後の作品にもメインキャラとして登場します。

「レオン・S・ケネディー」
21歳の新人警察官。
恋人とのケンカが原因で酔いつぶれ、配属初日に大遅刻!

「クレア・レッドフィールド」
前作の主人公で音信の途絶えた兄、クリスの消息を追う19歳の女子大生。
女子大生の1人旅とは思えない服装が印象的。

 

「レオン表」「レオン裏」「クレア表」「クレア裏」の4種類のシナリオ・攻略ルートも特徴的。
この説明では意味不明だと思いますが「もう一方のキャラはそのとき何をしていたのか」という視点を導入した当時としては画期的なシステムなんです。

さらにシリーズおなじみとなるパートナーNPCが初登場。自分で操作する場面もあります。

総じて、
複数シナリオ、新キャラ、方向性の変化で、マンネリを防ぎつつ新たな魅力を打ち出した名作です。

 

バイオハザード CODE:Veronica

 

バイオハザード4

 

 

好みが分かれる作品

バイオハザード3 LAST ESCAPE

PS最後のナンバリング作品。

舞台は前作と同じラクーンシティですが、行動範囲が街全体に広がりました。
謎解きも街全体に拡大。街中に変な仕掛けがあります(笑

「数の恐怖」へシフトした前作。「3」ではさらに新たなる恐怖を用意。
シリーズ最恐の敵「ネメシス」と、厄介な新クリーチャーが登場します。

追跡者(ネメシス)はジルを含む「S.T.A.R.S.」メンバーを追い回す大男。フロアをまたいでもドアを開けて追いかけてくる!

 

主人公は初代バイオの「ジル・バレンタイン」のみ。
その分パートナーキャラ「カルロス」との絡みが濃く、進化したムービー演出でボーイミーツガールな物語が堪能できます。

また、選択肢「ライブセレクション」による展開の分岐と、ミニゲーム「マーシナリーズ」などやり込み要素も充実。

その他、
敵・アイテムのランダム性、弾薬調合により攻略の自由度がアップ。

 

街全体に広がった行動範囲と様々な新システムが楽しめる、まさに旧バイオの集大成といえる内容です。

反面、「閉鎖空間の探索」「シンプルなアイテム管理」という旧バイオらしい面白さは薄くなった気がします。

でも「2」→「3」の順で遊んだバイオファンの友人は、
「ラクーンシティを探索できたら面白いだろうなーと思ったら「3」で夢が叶った!楽しすぎて信じられない!」と言っていました。

好みが分かれる作品ですね。

 

 

バイオハザード0

 

バイオハザード5

薄暗い場所を探索するバイオシリーズのイメージを一新。
「炎天下の白と黒のコントラスト」を狙った作品です。

結果、ヒャッハーな人達とひたすら銃撃戦やカーチェイスで戦うゲームになりました。
敵のボス、ウェスカーの超人ぶりも見どころ。

グラフィックは2009年当時としては最高峰。

システムは前作「4」ベースのTPS。
ステージ構成も前作と同じチャプター制です。

以前の作品も一時的に2人組で行動することがありましたが、本作ではついにCOOP (2人協力プレイ)が基本になりました。

シングルプレイでも常にNPCと協力必須です。
NPCがわりとバカで、2人で協力するギミックや協力アクションが面倒。
2人の火力が前提の異常に硬い敵も厄介です。

 

主人公はおなじみのクリスと、新キャラのシェバ。

「クリス・レッドフィールド」
ベロニカ以来の登場。ハンサム顔からパワー系ゴリラにイメージチェンジ。本作から「ゴリス」の愛称が定着しました。

「シェバ・アローマ」
優秀で美しい黒人女性。良キャラだけど面倒なCOOPシステムのせいで嫌われ者。

 

面白い作品ではありますが、
・TPSとして見れば、相棒システムが不便、謎解き要素が邪魔
・バイオとしてみれば、ホラー感もサバイバル要素もない
よって中途半端で粗い印象。

しかし本作はシリーズ最高の全世界750万本を超える大ヒットになりました。
そのためゲームが洗練されることも、問題点が修正されることもなく、次作「6」で悪化します。

 

バイオハザード7 レジデント イービル

アクション要素が強くなる反面、ホラー要素が薄れていったバイオ「4~6」。
その流れを断ち切り、純粋なホラーに回帰した作品。

「6」までのTPSから「アイソレートビュー」と呼ばれる一人称視点になったのが最大の特徴です。
高い没入感で恐怖が倍増。

本作のために開発されたゲームエンジン「REエンジン」によるグラフィックは、暗闇でアンテーク調の人工物を見せることに特化しており見応えがあります。

マップはロード挟むことなくシームレスに繋がっており抜群の臨場感。
初代のキャッチコピー「そこを歩く、という恐怖」を実現しています。

 

「4~6」のように倒した敵からアイテムが出現することはありません。アイテムはマップのいたるところにあるので探索が熱いです。
弾が尽きるのが先か、体力が尽きるのが先か。不安に駆られながら先へ進むあの感覚が再び。

ただし初代のようなゴシックホラーではなくB級ホラー。
初代で感じた「なんだかよくわからない居心地の悪さ」ではなくド直球の嫌悪感で押してきます。頭のおかしい敵、グロ、汚物、虫!

 

旧バイオと全くの別物に見えますが、旧バイオっぽいフィーリングは確かにあります。
FPS・グロ・汚物で敬遠するのはもったいないですよ。

 

おすすめできない:シリーズの評価を下げた駄作

バイオハザード6

前作「5」から約3年半振りのナンバリング。
ホラー要素が薄い「5」の反省を踏まえ、原点回帰を目指したらしい。

主人公4人から1人を選ぶマルチシナリオ。
クリス、レオン、エイダ、シェリーなど過去作の人気キャラに新キャラのジェイクを加えた豪華な顔ぶれ。
全体としてはシリーズ最大のボリュームです。

結論を言うと、「カプコンはゲーム作りをやめたのか?」と思わせる究極の駄作。
その出来は、社長が「同業他社の商品のクオリティに対し競争性が無かった」と認めるほど。

 

自動生成したような光景が続く一本道マップは「ドア開かない~落とされる→戻る」の繰り返しでウンザリ。ボスもとにかくしつこくて疲れます。

さらにリベレーションズで廃止されたQTEがなぜか復活・大増量。

パトカーに乗り込み車のキーを探す場面はトラウマもの。「わしゃ動物実験のサルか!」と言いたくなります。

また説明もないままバイク・車・スノーモービルなど質が低いミニゲームをやらされるのもツラい。

クネクネ、ヨロヨロした挙動なのでTPSなのにメッチャ酔います。
使いづらいイベントリ&UIもストレス。見にくい&使いづらい上、主人公によってデザインが変わります。

 

あまりの酷さに、僕は初めて「思い出したくないからレビューを書きたくない」という気持ちになりました。
「5はまだ遊べたけど6とアンブレラコアはマジで意味わからん」とバイオファンの友人も激怒!

 

バイオハザード リベレーションズ2

 

バイオハザード アンブレラコア

3対3の対戦型TPS。

バイオシリーズの世界観を活かした狭いフィールドでプレイヤーが2勢力に分かれてバトル。フィールドには第3勢力としてゾンビが徘徊しています。

リスポン無し、1ラウンド数分で決着がつく短期戦。

 

結論からいうとバイオ史上最強のクソゲー

僕はフリプで遊びました。
プレイ開始10分で感じた「あ、これヤバいやつだ」
何が酷いのか考えるのをやめたぐらい酷い出来です。

あまりの酷さから発売直後にオンラインは過疎。
海外レビューでは39点という最低レベルのメタスコアを記録。
(ファミ通クロスレビューでは謎の36点(40点満点)。プラチナ殿堂入り)

 

後に開発者が以下のような反省の弁を述べています。

「ユーザーが求めるもの、「バイオハザード」から想像するものとは異なるものを作ってしまった。自分たちが好きだけど匂いのきついシメサバを、「においがするもの」だと理解してもらわずに、シメサバどころか生魚すら食べたことのない人に提供して、「これは腐っている!」という感想を受けるのと同じだった」

問題はそんなことではなく、単純に「シメサバが腐っていた」のだと僕は考えます。

また、国外版タイトルは英題「Resident Evil」を外しているあたりに悪質な売り逃げの姿勢を見て取れます。

ちなみにパッケージ版のプロダクトコード有効期限は2016/11/30。
発売から1年以内に切れています。買っても同梱のサントラが聞けるのみ。

そんなに遊んでほしくなかったのでしょうか?

 

まとめ:おすすめのプレイ順はコレ!

ここまでの評価を踏まえた上で、僕が考える歴代バイオシリーズおすすめのプレイ順を発表して記事を締めます。

上から順に、

1→2→3
コードベロニカ
1リメイク
4→5
リベレーション

RE:2

他は好みが分かれるので、気が向いたらどうぞという感じ。

TPSやアクションゲームが好きな方は「4」から始めるのも良いですね。

最近のゲームに慣れている方はあえて「RE:2」から始めるのもアリだと思います。
最初からレトロゲーに手を出すと、粗いグラフィックと不親切な仕様で萎える可能性がありますから。PS1の粗いグラフィック、僕は好きですが。

ではでは、よきバイオライフを~

 

■オマケ

最後に「バイオっぽいゲーム」も紹介しておきますね。
本家バイオとはまた違った魅力があるのでぜひ。

サイレントヒル

ディノクライシス1 2

DEEP FEAR

 ブルースティンガー

サイコブレイク1 2

 

バイオハザード バリューパック - PS4
カプコン (2018-12-13)
売り上げランキング: 11,361







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ゲームまとめ記事, ゲームレビュー

執筆者:

関連記事

PS4のトゥームレイダーシリーズ3作まとめ【レビュー/評価】この順番で遊ぶのがおすすめ!

どうも!映画のトゥームレイダーは観たことがないヤギです。 PS4のトゥームレイダーは3作ありますが 「どれからプレイしたらいいのかわからない」 「ストーリーはつながってる?シリーズ未経験でも遊べる?」 …

ニードフォースピード(NFS)シリーズ【オフ専のおすすめ】PS4の3作品比較

どうも、2019年発売予定の「ニードフォースピード(NFS)」シリーズ新作に今から心躍らせているヤギです。 PS4のNFSを3作全てプレイし3作レビューした経験をふまえて、3作を比較した記事を作りまし …

【2018 個人的GOTY&KOTY】

もくじ1 GOTY1.1 現行機部門1.2 レトロゲー部門2 KOTY3 おわりに GOTY ※GOTY (ゲームオブザイヤー)とは 雑誌やWebサイトなどのゲームメディアや業界団体が「一年で最も優れ …

パズドラ感想まとめ(1)【評価/攻略】人生初スマホゲーでガチャの悲しみと喜びを知る

どうも、アマテラスをチームに入れて安定感が出たヤギです。 スキルブースト助かる~ ここ1ヶ月、初スマホゲー「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」にがっつりハマった結果をお伝えします。 初めてのスマホゲーな …

チョロQゲームまとめ (PS1)【評価/攻略】1/2/3/コンバット/マリンまで【全て傑作】

こんにちは。一度も玩具のチョロQで遊んだことがないヤギです。 PS1のチョロQゲーム5作を遊び込んだ感想をふまえて、それぞれの作品の特徴をまとめました!   そもそもチョロQとは、ゼンマイバ …