ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

シュミレーション SS

日本代表チームの監督になろう! 世界初、サッカーRPG【感想/評価】無性にサカつくがやりたくなる

投稿日:






どうも、高校の体育ではいつもゴールキーパーにされていたヤギです。

突然ですが、「サッカーRPG」というジャンルをご存知でしょうか。

世界初にして唯一のサッカーRPGが本作です。

監督ゲーといえば「つくろう」シリーズですが、経営が面倒くさいと思ったことはありませんか?
僕は年俸管理がしんどかったです。

本作ではその辺をばっさりカット。
RPG感覚でフィールドを移動し、RPG感覚で監督・選手をレベルアップさせる。
そんなシステムになっています。

結論をいうと、「サッカーRPG」なんてジャンルは存在しませんでした。
無性にサカつくが遊びたくなる一作。

その理由を簡単に解説していきます。
サクっと読めますのでぜひご一読を。



世界初、サッカーRPGとは

まず「サッカーRPGって何?」って話ですが、プレイした僕にもよくわかりません。

ざっと特徴をあげると、

・プリレンダCG背景をポリゴンキャラで移動するフィールドマップがある

見た目はたしかに当時のRPGっぽいですね。
しかも、日本だけでなく世界各国のマップがあります。

これにはワクワクしますが、実は同じ施設があるだけなので特に意味ありません。
ショップの品揃えが多少違うのと、各地に有名選手が散らばっているだけです。

 

・監督&選手は試合で得た経験値によるレベルアップで成長

つまり試合の相手はザコ敵。ザコを倒して経験値を稼ぐのです!

強いザコの方が多くの経験値をもっています。なるべく世界ランクが高い相手との試合をスケジュールに組み込みましょう。

練習では成長しません。
疲労を考えながらトレーニングメニューを組むとか、そういう要素は潔くカット。
個別練習はできますが、1人の練習が終わるたびに次の選手を指名するという仕様が面倒くさいです。

 

・年俸の管理、街の発展など経営要素もカット

まあ国の代表監督ですから(笑)

年俸管理しなくても良いのは楽。
僕は「つくろう」シリーズの年俸管理が大の苦手なんです。
メンバー何十人と交渉するのが面倒くさすぎるし、言い値で受けると年俸ハネ上がるし。

ただし、本作も結局は金で貢献する必要があります。
ウィンスロー財団に何億と寄付し、その貢献が十分ならいくつかの施設をアップグレード可能。

貢献が足りないと「人気・技術が足りないからムリ」と断られますが、目標値が示されないのが不親切。断られると一週間が無駄になります。

 

試合中画面は実況つきでなかなかの作り込み。
ですが早送りや途中スキップが無いためまず見ません。
リザルト画面一択です。

 

難点:無性にサカつくがやりたくなる

一応、ウィンスローカップとかいう初級トーナメントで優勝しました。
でも3年目で飽きて終了。

このゲーム、RPGというわりにRPG要素が感じられません。RPGっぽいのは見た目だけ。
結果、何をを楽しめばいいのか謎な、ジャンル不明の迷作となっています。

 

フィールドマップがあるせいで施設が色んな場所に散っており、移動が面倒。

一応、エリア移動のショートカットはありますが、どちらにしろロード画面とエリア内の移動を挟みます。これが毎週繰り返しだからもうしんどい。

フィールドではモブキャラと会話できます。しかしイベントが発生するわけでもなく監督の仕事と結びつきません。

あと、試合を組んでいる週は1週間を消費する行動はできません。
どこに行っても「試合のある週ですよ、スタジアムに連れて行きましょうか?」と言われて強制連行されます。
送ってくれるのは親切に感じる一方、「いったい何のためにフィールドを移動してるんだよ…」と根本的な部分が不親切に感じます。

全てメニュー画面から全て管理できる「つくろう」シリーズの良さに気づく。

 

育成面では、監督・選手の成長がレベル制になっただけで結局やってることは「つくろう」シリーズと同じ。

というか、「つくろう」の育成で面白い部分がカットされています。
やっぱりキャンプ組んで特殊練習したり、コーチやスカウトを変えたりしたいんですよ。本作では何もできません。

 

総じて、ゲームを構成している要素の噛み合わせがチグハグ。
全てが中途半端に感じるため、

・なぜ監督ゲーでRPGみたいなフィールド移動やレベル上げを強いられるんだ
・なぜRPGで監督ゲーみたいなことをしなきゃいけないんだ

とダブルで不満を感じます。

結果、本作をプレイすると無性にサカつくがやりたくなってくる。

ここまで読んだ方は、
「いや年俸管理とかが苦手って言ってたやん。無い方が良いんじゃないの?」
と突っ込んだかもしれません。

たしかにその通りです。
でも、面倒は嫌だけどそれらしいことはしたい。プレイヤーはわがままなんです!

 

まとめ:素直にサカつくをやれ

一言でいえば、面白い部分をカットされた上に3倍に薄められたサカつく。

本作をプレイする前の自分に「素直にサカつくをやれ」と伝えたいです。

「世界初のサッカーRPG」というからには、もっとRPG要素を前面に押し出してほしかった。
パーティーを組んでダンジョンを探索しながら選手を集めるとか (笑)






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-シュミレーション, SS

執筆者:

関連記事

【デイトナUSA】レビュー/評価/攻略:劣化移植でもハーフミリオンの大ヒット

画像はSS版。 もくじ1 はじめに1.1 絶妙なゲームアレンジ1.2 歌うBGM2 サターン版の特徴2.1 劣化2.2 追加要素3 おわりに はじめに アメリカでメジャーなカーレース「NASCAR」が …

【フロントミッション4】攻略/感想/評価:淡白な同時進行シナリオ 淡白な戦闘 淡白なレビュー

当時、なぜ本作を買ったかといえば、アーマードコアみたいなゲームだと勘違いしたから。 もくじ1 淡白なシナリオ2 淡白な戦闘3 まとめ 淡白なシナリオ 発売日に買ったけど何も記憶に残ってない。今再びプレ …

DEEP FEAR【攻略/評価】深海×バイオハザードなんて面白いに決まってる(?)

「深海×バイオハザード」 そんなの面白いに決まってる。ハズれるわけない。 発売時期はすでにサターンが終わりかけてた頃なので知名度は低いです。 当時サターンを持っていた僕は、ゲーム誌「サターンマガジン」 …

全日本プロレス featuring virtua【感想/評価】3D化でプロレスゲーが一気に進化

もくじ1 全日本プロレス featuring virtuaとは2 まとめ 全日本プロレス featuring virtuaとは 全日本プロレスを題材にした3D対戦ゲーム。 1997/10/23発売。 …

【K-1王者になろう!】攻略/感想/評価:ローキックでK-1王者になろう!

もくじ1 「k1王者になろう」とは1.1 謎の「角田信朗&谷川貞治」押し1.2 オリジナル選手育成モード2 K-1チャレンジで優勝する方法(を探す)2.1 初見プレイで挫折2.2 パンチ特化キャラ2. …