ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

シュミレーション SS

Jリーグプロサッカークラブをつくろう!2【感想/評価】「寝る前にあと1年」が止まらない

投稿日:2019-09-07 更新日:






どうも!前回遊んだ「世界初、サッカーRPG」でフラストレーションが溜まったヤギです。

おまたせしました、本命の登場です!

サカつくが面白いのはわかる、でも
「サカつくシリーズってたくさん出てるけど、どれが最高傑作なの?」
ってことが気になりますよね。

DCの「サカつく特大号」と並び、サカつく最高傑作と呼び声高いのが本作。

サターン持ってるならプレイしなければ損!
とまであえて言っちゃう出来に仕上がっております。

・簡単な序盤の攻略
・最強おすすめ選手の紹介
も書きました。

サカつく原点の面白さを知りたい方はぜひご一読を。

 

つくろうシリーズのレビューはこちら




Jリーグプロサッカークラブをつくろう!2とは

サッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称「サカつく」の2作目。

プレイヤーは新規参入クラブのオーナーとなり、チームの運営、選手育成からホームタウンの発展まで全てを引き受けます。

・チームを育成すればクラブの人気が出て収入が増える
・収入が増えれば経営の自由度が増えて育成が有利になる

このように経営・育成を連携させてクラブを強化していくのがサカつくの面白いところです。

 

つくろうシリーズといえば、最初の最初、ホームタウンとチーム名を選ぶときが一番ワクワクしますよね。

僕は人口400人の田舎出身です。
なので、ゲームでは逆に都会を本拠地にしてやろうということで憧れの(?)新宿を選択。

「新宿ミストラル」という、バイオレンスな漫画や映画のタイトルっぽいチーム名になりました。

 

大幅進化したサカつく2作目

2作目で前作から大幅にシステムが進化。
サカつくシリーズの基礎となった作品です。

具体的な進化点は、
・エディット選手、日本代表などが追加
・試合後ニュースのスキップ可能
・試合シーンのクオリティアップ
など

 

Jリーグ選手は実写取り込み顔グラフィックと専用コメントつき。これは嬉しいです。
対して架空選手の汎用エディット感よ。

 

試合画面は見応えあります。
時間がかかるのでやはり観ませんが。

でも簡易版の試合画面も面白いんですよ。チマチマした動きがまあもどかしい。
ライン押してるのにぽろっと失点して負けたら「おのれら!やる気あんのか!」とオーナー気分になります。

 

ワールドカップに重なり、50万本を超える大ヒット

前作からの進化に加え、特筆すべきは1997/11/20という発売のタイミング。

日本代表がワールドカップ初出場(1998年フランス大会)を決めた追い風を受けて、50万本を超える大ヒットになりました。

 

当時、僕は中学生。
TVでめちゃ盛り上がっていた記憶があります。
サッカーにあまり興味なかった僕ですら、ドゥンガとか名前だけは覚えてるもんなー。

それまではスラムダンクの影響でバスケが人気でしたが、ワールドカップの流れでみんなサッカーを練習し始めました(笑)

こんな時期にこんなゲームを出せばそりゃ買いますよ。

 

シンプルなシステム&低い難易度による中毒性

つくろうシリーズ特有の中毒性が、シンプルな作りで際立つ作品。

サカつくは現在までになんと20作以上が発売されています。

そう聞くと「最新作の方が面白いのでは?」って思いますよね。
たしかに後の作品ほどシステムが進化しています。
でもゲームとしてはどうなのかなと。

サカつくってPS2以降にも出ていますが、なんか違うんですよね。
新しい作品ほどシステムが複雑化。弱小チームから抜け出すのも難しいんです。

 

それに比べると本作はシンプルなシステム&低い難易度でとっつきやすい。
気軽に遊べるので「寝る前にあと1年、あと1年…」が止まりません。

例えば、スカウトはポジションを指定するだけでリストに上げ続けてくれます。大ざっぱで楽だわー。

続編は、狙う選出の出身地やらプレイスタイルを指示する必要があって「そんなもん知らんがな!」と言いたくなるので。

トレードとか他チームからの引き抜きも無いのでJリーガーもスカウトで探します。

 

また、本作はシリーズで最も簡単といわれています。
2年目から普通に勝てるようになるので、嬉しくなってついまた1年やってしまう。

反面、たぶん誰がやっても同じような順位をたどるので物足りないとも言えます。

でも、つくろうシリーズって詰まるところ
「常勝チームになった後、どれだけ粘って最強にこだわるか」
という自己満足の世界なので、それまでは簡単で良いと思うんです。

弱小の時期って本当にツラいですからね。
上手くなれば話は別ですが、間口を広げるという意味で難易度を下げたのは正解だったのかなと。

 

このシンプルなシステムと低い難易度により、やめどきを見失います。

僕なんて、せっかく買った「モンハンワールドアイスボーン」を積んでずっと本作をやってましたよ。それぐらい止まりません。

 

簡単な攻略

オマケ程度ですが、簡単な攻略を書いておきます。

チームを作ったら、まず安上がりな無所属か新人で補強しましょう。

若ければどんなザコ架空選手でも初期メンバーよりはマシ。
最初の5年はエディット選手「やぎ」がエースになりました。
ただ、やぎは文句が多いです。我ながら腹が立ちます。

監督はバランス型が良いかと。
尖ったタイプだと選手との不和が起きて面倒。

戦術はカウンターが最強らしいですが、シリーズ中最も簡単といわれるぐらいですから何でも通用するのでご自由に。

 

練習では休息が大事。

休息を取らせないと怪我をして、その怪我が悪化して引退するまでやり続けます。
放おっておくと「気がついたら選手6人しかいなくて試合できない→ゲームオーバー」みたいなことに。

これには「お前らは言われたことをやる続けるロボットか!」と言いたくなります。

なので一定のタイミングで休息を入れたいのですが、本作は練習のルーティンを設定できません。
適切なタイミングで毎回、休息を指示する必要があります。

まず「休息」というコマンドが無いので混乱しました。
練習を解除すると休息扱い。

ルーティンは無くても指示した練習メニューは解除しても維持されます。
しかし、練習の種類を変える組んだメニューがリセットされてしまうのが厄介。
メニューを組み直すのが面倒なので基礎練習以外をやりたくなくなります。
練習後に次からの練習を指示できないのも不便。

このように、まだ2作目なので後の作品と比べると不便な部分がけっこうあります。
とはいえザックリ大ざっぱになら遊べる範囲。実用上は問題ないかと。

 

まずはランニングなどの基礎練習でザックリ鍛えていきます。
効果を確認しながらポジションに合わせて伸びる項目を適当に。

シーズン中は適度に特別調整を入れて調子を上げます。
調子は試合の勝敗に直で影響するので、全員絶好調みたいな相手にはまあ勝ちにくい。

収入が少ない上に施設が全部高いので序盤は経営で何も手を打てませんが、ツラい数年を超えたら一気に自由度が上がるので頑張りましょう。

 

最後に、最強を目指すチームに迎えたいおすすめ選手を紹介。

サカつくには実在選手をモデルにした外国人・OB選手が登場します。
権利の関係で紛らわしい名前になっているので、元ネタを知ってるとより楽しめますね。
能力値は現役選手より高いので、見かけたら即ゲットしたいところ。

中でも特に有力な選手を紹介します。

 

FW

ナシメント:サッカーの神様、ペレ
ロナルド:当時世界最高の怪物FW、ロナウド
ピアジオ:イタリア代表のファンタジスタ、ロベルト・バッジョ
フォーリット:オランダ代表の「自由人」こと、ルート・フリット
河本鬼茂:日本代表の通算得点1位、釜本邦茂

 

MF

マルドラド:伝説の5人抜きと神の手ゴール、マラドーナ
ジカリ:1980年代最高の選手で元日本代表監督、ジーコ
グラーフ:オランダの伝説的選手、ヨハン・クライフ
ミシェル:フランスの「将軍」、ミシェル・プラティニ
杉下竜次:日本の名ウイング、杉山隆一

 

DF、GK

バウアー:ドイツの「皇帝」、ベッケンバウアー
バンチ:イタリアの伝説的リベロ、フランコ・バレージ
奥村辰彦:ブンデスリーガで活躍した「東洋のコンピューター」、奥寺康彦

シュマイゼン:デンマークの名GK、ピーター・シュマイケル

 

まとめ

今やってもハマる傑作。
後の作品よりシンプルで遊びやすい。

進化の途上なので、続編に比べれば粗い部分もあります。

・移動や画面切り替えで入る細かいロード
・練習ルーティンを組めないから指示が面倒

上記の2点は特に気になります。

とはいえ、シンプルに「サカつく」原点の面白さを味わえる傑作という評価は揺るぎません。
この一作でサターン本体を持ってる意味があるというもの。(色んな作品に言ってる)

とっつきやすいシステムとシリーズ最も簡単といわれる難易度なので、つくろうシリーズ初心者におすすめです。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-シュミレーション, SS

執筆者:

関連記事

ゲイルレーサー【評価/攻略】誰も得しない改悪移植 これでリッジに対抗するのはムリ

もくじ1 ゲイルレーサーとは2 難点:AC版から大幅劣化3 まとめ ゲイルレーサーとは 1994/12/2発売。 本体発売(11/22)から2週間で登場した記念すべきセガサターン初のレースゲー。 その …

【ドラゴンフォース】レビュー/評価/攻略:200体入り乱れるドット絵で癒される

もくじ1 はじめに1.1 不思議な魅力1.2 レジェンドラ大陸制覇を目指す8国2 攻略2.1 内政2.2 戦術3 イズモ国でプレイ3.1 ミラケル侵攻3.2 トパーズ侵攻3.3 トリスタン侵攻3.4 …

ゴジラトレーディングバトル【評価/レビュー】ナメてかかると出来の良さに驚くゴジラ版遊戯王

「ゴジラゲーまとめ記事」を作るにあたり、見逃してるゴジラゲーはないものかと調べていたところ発見。 「自分も知らないようなゴジラのトレーディングカードゲームなんてどうせ安っすいキャラゲーだろ」と思いなが …

ダイナマイト刑事【攻略/感想】ダイハード風ベルトスクロール 見た目はネタ、難易度はガチ

今回プレイしたのはサターン版。 アーケード版がサターン互換基盤「ST-V」を使用しているため、ロード時間長い以外は完全移植。 「SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.26 ダイナマイト刑事」 …

新スーパーロボット対戦【評価/レビュー】超豪華なドット絵だが地上・宇宙編2分割がもったいない

もくじ1 新スーパーロボット対戦とは1.1 リアル頭身のスパロボ1.2 ドット絵のクオリティが凄い!2 難点3 まとめ 新スーパーロボット対戦とは リアル頭身のスパロボ リアル頭身のドット絵が大迫力! …