ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

Steam PS4 レース

redout【評価/攻略】スピード表現に特化した史上最速レースゲーム

投稿日:2019-01-10 更新日:






「Race Faster Than Ever」(これまでのどんなレースゲームより速く)を謳う超ハイスピードレースゲーム。

制作陣自らが「WipEout」「F-Zero」の後継者を自負しています。

steam版の方が安いけど自分のPCではデモ版がカックカクなのでPS4版を購入(DL専用)



「Race Faster Than Ever」

衝撃的なスピード表現

このグラフィックは「Rez」以来の衝撃。

未来的なデザイン、派手でゴージャスなエフェクト、光と影のコントラストでバキバキ。
コーナーを曲がるだけで色味が変わったり極端なエフェクト、強烈なモーションブラーがかかります。

フラットでカクカクな造形も独特の味わい。
あえてポリゴン数を少ないローポリに見せることでSFC・PS時代を彷彿とさせるレトロ感を表現。

 

BGMは耳に残るテクノ系。各ロケーションに2~3曲の専用BGMを用意。

ケイブ弾幕STG、鉄拳5~みたいな一昔前のアーケードゲームのに近い雰囲気がある。かと思ったら「ライアーゲーム」の旋律をそのままパクったような中田ヤスタカ風だったり。ちょい古なテイストがカッコ良い。

ライバルやオブジェクトやすれ違ったときには「フィーン」と気持ち良いSEが鳴ります。凄いスピードを出してる感があってスリル満点。

姿勢、スピードに合わせて画面だけでなくBGMの調子も変わります。

 

このグラフィック・BGM・SEがシンクロしてかつてない陶酔感を生み出す!


気分はジェットコースター。

常に集中線が出てるようなスピードと、上下左右へ立体的にうねるコース。
360°グルングルン回り、過激な演出で眼の負担も半端じゃない。

1時間以上プレイしたらクタクタ。
休憩には全く向いてないゲームです。

とはいえ、こう見えて絵作りが配慮されてるので見通しが悪くても流れに合わせて気持ち良く走れます。

 

機体は常に浮遊状態。「走る」というより飛行機が地面に吸い付けられているような感じ。
実際、ちょっと地面を離れるとはるか彼方へ飛んでいく。

グリップもへったくれもない挙動だけど、この挙動だとライン取りの重要さが際立つので繊細な操作が求められます。

 

壁やライバルにぶつかっときの減速は緩いので、多少のミスは常時ガンガン溜まるブーストでリカバリー可能です。けっこうラフに走れるのが嬉しい。

かといって大味ではなく、接戦のときや難所では今まで味わったことが無いほどの繊細さと緊張感があります。
やはり1時間もプレイするとクタクタ。

 

実は適度に壁にぶつけた方が速かったりします。
頭文字Dのガムテープデスマッチのようにケツを軽く壁に当てて余った慣性を消すと良い感じ。
ただ張り付いてしまうとロスが大きいので壁走りでクリアできるほど甘くはありません。

たぶん何度もリスタートすることになるけど、ロードを挟まないのでテンポが良い。つい何度も走ってしまいます。

 

コース上には宙返り、ジャンプ、チューブトンネル、ブーストステップなどのギミックを配置。

マリカーのようなレース中のアイテム取得はありません。
妨害系装備は目くらまし程度の効果なので弱い。そのためバトル要素は薄いです。

というか速すぎてライバルと絡んでるヒマがない。

 

グラフィックを観てわかる通り、スタイリッシュに特化したゲーム。
しかしUIまでスタイリッシュすぎてわかりにくいのは難点ですね。
レースイベントが任意選択できることにも気づかないほどで、機体のアップグレード、色変更ができることに気づいたのはLV18までプレイした頃でした。

あと、日本語翻訳がテキトー。

まあこの辺は一度覚えたら全然問題ないので、本作の魅力を損ねるものではないかと。

 

豊富なコース・機体

バキバキのグラフィックだけが売りではなく、豊富なコース・機体でボリュームも十分。

DLC込みで12ロケーション。
1つのロケーションに5種類のコース。計60コースの大ボリューム。

砂漠、雪原地帯、ジャングル、海底、宇宙空間、VR空間までロケーションも様々。

どのコースでどの瞬間を切り取っても絵になるほど、端々まで作り込まれています。

レースイベントの種類も豊富。
同じコースでも異なるルールによって全く違う印象になります。

そのため、ド派手なグラフィックで飽きが早そうに見えて不思議と飽きません。

 

機体は4クラス各7種類。

凝った造形でどれもカッコイイので全機体欲しくなります。
クラスが上がるとデザインがイカつくなるので燃える。

カラーとパターンの組み合わせは驚きの22×48=1056通り。
しかも機体それぞれの形状に合わせてパターンが入るという凝りよう。
ランダムでいじくり回すだけで楽しいです。

「いい感じに仕上がった!→レース中は意外と映えないな…作り直そう→いい感じに仕上がった!」
この繰り返しで延々遊べます。

 

システム紹介

操作方法

・ステアリング:左スティック
・スライド、ピッチ:右スティック
・アクセル:R2
・ブレーキ:L2
・ターボ:L1
・パワーアップ:R1

右スティックをフル活用するのが最大の特徴。

スライド操作で飛行機のように機首を左右に平行移動。
細かいテクについてはよくわからないけど、とりあえず両スティックを使うことで旋回力が上がります。

右スティックはスライドだけでなくピッチ操作(機首の上下操作)にも使用。
上り坂は下に入れて機首を上げてダメージ回避。

上下に激しく動くコースでは縦軸も合わせた立体的な操作が求められます。

 

ジャンプ中はピッチ操作で飛距離を調節します。これ重要。

制御次第ではターボブーストでかっ飛ばしながら強引に着地するような力技が可能です。
失敗すれば1発大破のリスクと隣り合わせですが、上手くいけばライバルに大きな差をつけることができます。

 

壁にぶつかったりするとダメージが蓄積、限界を超えると機体が大破。コースアウトは1発大破。

この緊張感が半端じゃない。
テキトーに走ってるとゴリゴリ削られてあっという間に大破するし、ガードレールが少ないコースはまるでマリカーのスターロード。

復帰時間のロスは大きく、トップを走っていても1ミスでごぼう抜きされてしまう。

耐久力は時間経過で回復するので、大破ギリギリになってもリスクを抑えて走れば挽回は可能です。

 

武装

武装にあたるパワーアップパーツ2種類「アクティブ・パッシブ」をレース前に購入し装備します。
それぞれ6種類あり、最大3回アップグレード可能。

機体は何でも良いけど装備は重要です。
リーダーボードのランキングからオンライン上位の武装構成を確認できるので、そこからパクれば間違いない。

 

アクティブは「ターボブースト」がおすすめ。

ブーストエネルギー最大時に使える強化ブースト。
コントロール困難だけど、通常ブーストとは比べ物にならない圧倒的な加速!

パッシブで回転率を上げ、長い直線が続くような場所を覚えて効果的に使えばコーナリングをサボったゴリ押しも可能。

シールド、リペア、ブーストなど妨害系は自分で使うと効果薄いのにCPUが使うのでウザいです。

 

シングルプレイのメインモード「Carrer」

シングルプレイのメインモード、「Carrer」モード。

レースイベントをクリア(3位入賞)してポイントと賞金を稼ぎ、機体や装備をアンロックしていきます。

レースは全7種。ライバルと競う普通のレースの他、

・「アリーナ」「ラストマンスタンディング」
最後尾の機体が脱落していく

・「ピュア」
パワーアップで誤魔化せない

・「インスタギブ」
被ダメージ増大&回復無しのタイムアタック

などルールは幅広いです。

次クラスに上がるときに立ちはだかる「ボス」戦は1ロケーション全5コースを通しで数周、4分を超える長丁場。

ここまでくると集中力の限界、自分との戦い。それを乗り越えたときの達成感は格別です。

 

難易度は高く、ガチの走り込みを求められます。
それもまた魅力だけど賛否が分かれる部分ですね。

チュートリアルがわりのクラス1すら1位のペースがぶっちぎりで速いのでシルバー・ブロンズメダルの連続。

それでもクラス1は初見で3位入賞できます。
サクサク進むので「俺ってもしかして上手い?」と勘違い。

 

ところがクラス2に上がると早くも雲行きが怪しい。
いくら走り込んでベストを尽くしても先頭集団が遠ざかります。

難しいからといって詰むことはないのでご安心を。
イベントは自由に選択できるので、クリアできるイベントを先に進めて貯めた資金で機体を強化、その後難イベントに挑めば楽に戦えます。

ポイントを溜めるだけなら苦手なイベントはスルーして得意なイベントだけ回すのもアリ。(2回目以降、報酬半減)

途中リアイアでも報酬・ポイントが入ります。
クラス4なら1回$7000も貰えるため、「ラストマンスタンディング」「インスタギブ」のようにリアイアが早いレースを何度もやってるうちにモリモリ溜まる。

 

本作がいよいよ本領を発揮するクラス3。

スピード域が上がり制御困難な上、ライバルが速すぎ。
それ以上に目立つのがコースレイアウトの凶悪化

「これヤバくね?」と思うような理不尽レイアウトがちらほら配置されてるので完走すら困難。

例えば、

・ガードレールが無い

道のうねりが見えない、超スピードで眼が追いつかないのにアウト側にガードレールがありません。滑るように為す術もなく落ちていく。

 

・大ジャンプ

ジャンプした時点で終わってることが多いです。
軌道が悪いと飛んだ時点でコースアウト確定。空中でどうあがいても手遅れ。
コースに沿ってジャンプしたのに空中に配置されたオブジェクトにぶつかったり。
中でも着地点が見えない・正面からズレた場所にあるパターンが厄介です。

 

・チューブトンネル

いきなり謎の筒状空間に放り込まれて方向感覚を失い、グルングルンと目が回るような回転が止まりません。
そのまま出口であらぬ方向に飛ばされてコースアウト。
初見で意味不明、てか何度やっても意味不明。

 

ガードレール、ジャンプに関してはコースを知らなきゃどうしようもない。
チューブに関しては覚えてもどうしようもない。

それでも「スピードを抑えて修正の際ハンドルの戻しを小さくすれば安定するかも」とプレイヤーに対策を考えさせるなんともマゾい仕掛け。

 

ノーマル難易度「レッドアウト」ではキツいので、僕はクラス3から難易度「ルーキー」に下げました。
それでも鬼のように難しい。

難易度を下げてもライバルのペース以外何も変わらないので、タイムアタックのような自分だけ走るイベントでは無意味です。

あまりにもキツいのでクラス3を一通りやった後またクラス2に戻して遊びました。
まあ自分なりに楽しめばいいと思います。走ってるだけで楽しいゲームなので。

 

クラス4はライバル・周回数が増加。
ライバルが速すぎてレース系はほぼノーチャンス。

規定タイムが緩い「スピード」イベントが狙い目。
すぐ終わるから稼ぎ効率も良い。

DLCイベントが多いけどDLCは現時点で購入不可という謎仕様。

 

まとめ:本当に「Race Faster Than Ever」だった

新しいゲーム体験を求めている方にオススメ。

クラス3からの難度に全くついていけず、クラス4に到達した辺りでゲーム自体にヘトヘトでお腹いっぱいになりました。

とはいえクリアできなくても買って良かった、遊んで良かったと思える作品。
スクショを見てビビっときた方はハマること間違いなし。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-Steam, PS4, レース

執筆者:

関連記事

【グラビティデイズ2】レビュー/評価/攻略:爽快なシステムで窮屈なプレイを強いる

もくじ1 重力的眩暈完結編1.1 多層構造マップ1.2 重力操作アクション2  プレイした感想2.1 なんだか窮屈2.2 戦闘がつまらない2.3 ストーリーについていけない3 おわりに 重力的眩暈完結 …

the crew2【レビュー/評価】カジュアルに遊べば楽しい、ガチで遊べば苦行

レースをガチでやり込むというより、気ままに流して走りたい。 でもオープンワールドのレースゲーは色々やって飽き気味。 そんな中、目に止まった作品。 地・海・空のマシンに乗れる上、シームレスに乗り替えるか …

Aegis Defenders【評価/攻略】探索型アクション+タワーディフェンス

19/08/19時点で、本編クリアのトロフィーが1.1%の超レア。 フリプでとりあえずDLしたけど手をつけていない方が多そうですね。 そこで、クリアした私ヤギが本作の面白さ、そもそもどういうゲームなの …

Devil May Cry 5 (PS4 体験版)【攻略/評価】安定安心の仕上がりで面白かったよ!って話

スタイリッシュアクション「デビル メイ クライ」シリーズ最新作。2019/3/8日発売予定。体験版をなんとかクリアしたので、感想とボス「ゴリアテ」戦の攻略を紹介。 もくじ1 安定安心の仕上がり1.1 …

【ニーア オートマタ】攻略/感想/評価(10):ネタバレ無しレビュー 記憶に残る作品 秀逸なキャラデザとBGM 大胆な演出 ゲーム部分は大雑把

もくじ1 はじめに2 キャラデザ・シナリオ3 ゲーム部分は大雑把3.1 アクション3.2 フィールド3.3 STG(シューティング)要素4 まとめ はじめに 中古の値段が一向に下がらない名作。ネタバレ …