雑記

きわどい雑記 2021 4月

投稿日:2021-04-01 更新日:

政治ネタや不平不満をつぶやきます。
文句ばかり言うので、あまり見ないでください。

4月

■0411:映画感想「ソニック・ザ・ムービー」

ソニックの見た目で炎上したやつ。

修正後はルックスに違和感ないし、普通に面白かった。
エッグマン(ジム・キャリー)がハマってる。

ソニックのスピード演出がクイックシルバーやフラッシュと似ていて既視感があるのは少し残念。

 

以下、コンプラの話。

ソニックのバディ役である白人の妻は黒人。いかにもな絵面でわざとらしい。
(調べたところ、白人の異人種・民族結婚は11%(2015年)とやはりレアケース。)

また、妻と姉は「リアルな体型はこれだ。これでいいんだ」といわんばかりに太っている。

サンフランシスコタワーの受付がいかにもな顔立ちのアジア人女性。
その顔をデフォにしてる時点で差別だろ。

 

■0410:

コロナに関する情報と俺の意見を母親に伝えたら、

「アンタの頭にはどれだけの知識が詰まってんの? 私の知る限りアンタはゲームの事しか考えてないでしょ。話を聞くと不信感しかないよ」(ちょっと意訳)

と言われた。
もしかしてめっちゃディスられてる?

 

■0410:

日本の食卓から国産が遠のいている。
牛肉・豚肉はアメリカ産、鶏肉はブラジル産、マグロは韓国産、アサリやうなぎは中国産…

自国産は輸出用にされ、富裕層以外の自国民は食べられない。これが発展途上国モデル。

積極財政で国民に金を流して所得を増やし、産業に金を流して生産拡大すればみんな豊かになって美味い物食えるのに。30年前から逆やってる。

 

■0410:

6%350ml程度なら翌日に残らないってことで、最近毎日酒飲んでる。
たしかに体調には影響ない。でもなんだかやる気が出ない。精神的に影響出てる気がする。
やっぱり酒辞めよ。

 

■0410:映画感想「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

あらすじを観て「これはもう勝確でしょ」と思って観た。

ながら観で字幕をチラ見していたせいで、1時間あたりで完全に置いていかれた。
英語なら雰囲気で流れを聞き取れるかもしれないけどこれフランス語。吹き替えで観るべきだったな。

ながら観を踏まえた上で案外イマイチな作品だった。

翻訳家って作家崩れが仕方なくやるような職業じゃないだろ。
部分部分で翻訳したら出来がバラつくだろ。

 

■0410:映画感想「トレマーズ 地獄島」

昔ビデオに撮って繰り返し観たトレマーズ1が懐かしくなったので。

続編作りすぎで方向性が大きくズレて、もはや俺の知ってるトレマーズじゃない。

あの巨大ミミズがほとんど出ない。対決もしない。
主な相手は二足歩行型クリーチャー。それすらロクに映らず、ずっと人間の動作を映して状況を伝える。

舞台はポカポカ陽気が気持ち良い島。終始バカンス気分で緊張感が無い。

バートはシリーズの重要人物らしい。
このインチキ臭い謎オッサンの活躍を楽しめるのは全作品観続けたシリーズファンだけだろう。

とはいえ、まあまあ面白かった。
バカすぎず真面目すぎずのさじ加減が絶妙。

 

■0408:映画感想「トゥームレイダー ファーストミッション」

ゲームの方が100倍オモロイ。

「トゥームレイダー(2013)」のシナリオそのままで作った方が良かったんじゃね?
まあ、燃える城や空中に吊るされた戦艦からのワイヤーアクションシーンなんて作る予算ないだろうけど。

日本人的には、
「卑弥呼なのに舞台は日本じゃないの?なんで香港から中国人と出港してんの?」
とまず引っかかる。

中国人が良い奴すぎるのも違和感。
特に絆とか無いのに命がけでララを逃し、脱出時はララを待ち続ける。

ララは銃で武装した敵相手に正面から弓で無双する。
だったら弓が超絶得意な伏線を入れてくれ。まあまあ総合格闘技が強い、自転車が得意、ぐらいの描写しか無い。

とにかく言いたいのは、同じく日本の孤島を舞台にした「トゥームレイダー(2013)」はオススメだ。

 

■0408:

プラットフォームを介した依頼に、コンペ型の案件ってあるでしょ?
これよく考えると意味わからん。

リスクを負うのは一方的にクリエイター側。クライアント様は不特定多数に働かせて良いのを選ぶだけ。
しかも報酬を上位で分けるから、1位すら報酬額は相場の半額。

以前は落選した奴(俺)の自己責任だと思っていたけど、よく考えたら違うでしょ。
普通は会社が正規で雇って安定環境の下でチャンスを与え、使えなくても指導して育てるものでしょ。

大勢に働かせて一番選んではいさようなら~ってなんだこれ。

 

■0408:

毎日1本ペースで古い記事を作り直して密かに公開してるから見てね。
一回消したせいで検索順位だだ下がりだからなるべく長時間見てね。
そのゲームが欲しくなったら俺の記事からAmazonに飛んでね。

 

■0407:映画感想「レディ・プレイヤー1」

まあまあゲーマーの俺でもよくわからん。
というよりゲーマーだからこそハズい。これが共感性羞恥心か。

美少女アバターの中身が美少女なわけねーだろ。
中身が謎のアバターに性的マッサージをする女も女だ。

最近、声を美少女にするツールを使った実況観た。あれはマジで中身オッサンなの忘れる。アバターや話し方で中身を判別するのは絶対ムリ。

ガンダムvsメカゴジラとか波動拳!とか、大のオトナがよくこんなの作れるなと。
すっかりオトナになってしまった俺は、最後にはハズさを超えて感心した。

 

■0407:

日本のデフレは社会の成熟がうんぬんと言う人は、他国の成熟が日本に追いついたらGDPは人口に比例すると思っているのか?

そんなわけねーし。
てか日本の社会インフラや平均賃金はもはや韓国以下だし。

 

■0407:

俺はこの部屋に8年住んでいる。
8年の間に近くの商店街が潰れ、オシャレなカフェもめちゃ美味いラーメン屋も閉店した。
開店したのは歯医者と眼医者ぐらい。
明らかに衰退してる。

 

■0407:映画感想「われらが背きし者」

弁護士の美人妻がいるのに教え子に手を出して、特に何不自由なく暮らす世間知らずな教授がマフィアに利用されるだけの話。

話が進むほど、教授は疑念を抱くどころかマフィアに肩入れして仲良くなる。
「子供のため」で全員が奮起し、どんどん深入りして教授は人殺しまでやって、そんな正義感あふれる夫に妻は惚れ直して…んなアホな。

辻褄合わすなら「教授は元凄腕エージェント。正義感強すぎる故に周りとの不和で退職し、今は自殺寸前な自暴自棄」ぐらいの設定が必要。

 

■0406:映画感想「ウォーリアー」

いわゆるロッキー物。
底辺な生活を試合で昇華してカタルシスを得るやつ。

色々詰め込みすぎ。上手くいきすぎ。
あまりにも無理がある。

天才肌の弟が勝つだけならまだわかるけど両方勝ち上がるのかよ。
2人とも大きすぎるブランク明けでこの強さ。2人は範馬の血統かよ。親父は範馬勇次郎かよ。

弟は作中でほぼレスリング経験だけなのにワンパンマン。
ミドル級チャンピオン(モヒカン)がかませ犬すぎる。

兄は総合経験者だが元々イマイチな選手。その上しばらく教師をしており何もかも鈍りまくっている。
なのに強敵を次々となぎ倒し、ついにはヴァンダレイ・シウバみたいな無敵チャンピオンに勝利。

総合なんてボクシングより大番狂わせが難しいと思うけどな~。
総合といえば俺の世代だとPRIDE。ブランク明けの無名選手がヒョードルに勝つ試合なんて見たことないぞ。

 

兄は無敵チャンピオンを疲労&負傷させつつ負けて病院送りになる
→兄が「俺の仇をとってくれ」つって弟が奮起。兄が与えたダメージのおかげもあり勝利
→賞金は兄と父にやる。弟「俺は昨日カジノで稼いだのさっ」

この方が自然じゃね?

 

役者のミドル級らしく仕上がった体と、エンディングのベートーヴェンアレンジ曲は良かった。

 

■0405:映画感想「プロスペクト」

これは良かった。
SFならではの限定条件下を上手く利用し、余計な要素を排除してコンパクトな物語を描いている。

ラストシーンの笑顔がなぁ…

親父がね、実は良い親父じゃないのよね。
宝石に目がくらんで娘まで危険に晒したわけだから。
男がトドメを刺すとき「あんな可愛い娘がいるのにテメーって奴は」とやるせない感がある。

 

■0405:映画感想「パラレルワールド・ラブストーリー」

これはマジで訳わからん。

作者の頭の中だけで話が展開している。

まずルールを示してくれ。
いつ別世界に切り替わっているのかを説明してくれ。

起床したらパラレルワールドになるんでしょ?たぶん。それが一切わからん。
さらに時系列が前後するからもうわけがわからない。

本来はネタばらしでスッキリする2時間過ぎた辺りからよりカオスになり、まるで夢の中にいるみたいだった。

こんな作りはありえねーって。
安くてテキトーな作りのホラー映画でもルールぐらいはちゃんと説明してくれるぞ。

相変わらず無味無臭な吉岡里帆の演技も、設定がムチャすぎるから許せる。

試写会とかでどんな空気になって、それを関係者はどんな顔で見たのか知りたい。

マジで訳わからんので逆に一見の価値あり。

 

■0404:映画感想「パッセンジャー」

1人が2人になるだけで地獄が天国になるから人間って凄いよな~

まあ理想の女を召喚したから天国なわけで、馬が合わない人だったら地獄がなおさら地獄になるだけかも。
そのうちウザさ限界突破して、相手を亡き者にして一人に戻るかも。

ところで俺は今、ほぼパッセンジャー生活だ。
ジェニファー・ローレンスのカプセル開けたい。

 

■0404:映画感想「アポカリプト」

昔観たときはグロなんて何とも思わなかったけど、歳とって共感性が高まったのかクラクラして吐きそう。

グロはリアルな一方、妻のいる洞窟が嘘くさかったり追跡劇に移ってからチープだったりエラくタイミング良くヨーロッパ艦隊がやってきたり。なんだかアンバランスな気が。

 

以下、政治色の強い話↓

めちゃくちゃ白人目線の映画だ。

・冒頭の「文明が征服される原因は内部からの崩壊である」がまず意味わからん。作品中で内部からの崩壊なんて描いていない。

・マヤ文明はとにかく野蛮で腐敗しており、原住民を苦しめている。

・映画のラストではヨーロッパの白人が十字架を持って、まるで救世主のように登場する。

つまり「野蛮な文明が自らのせいで崩壊したところに、白人様が救いの手を差し伸べてやった」とでも言いたげ。
侵略を繰り返してきた白人らしいプロパガンダだ。

戦後、日本にも同じプロパガンダが使われ続けている。

こういう野蛮で卑劣な侵略者から自国を守るために過去の日本人は頑張ってきたんだけどな。
今では外から領土侵略、内側からはグローバル化つって自ら国を差し出そうとしているから困ったもんだ。

 

■0404:

以前は、意見対立する論客が公開討論すりゃ良いと思ってた。
嘘ついてる方が論破されてどちらが正しいか明らかになると思っていたから。

でも討論なんてやっても無意味。
だって政治絡みで私腹を肥やす輩※はプロパガンダで嘘ついてるから。
反証を受けて真実を追求する気なんて毛頭無い。いくら論破されても絶対に間違いを認めない。


・利益誘導が目的の資本家
・自分の間違いに途中で気づいたけど名声を墓場まで持っていくつもりの学者
・ガチで頭空っぽな政治家

討論をやっても、嘘つき野郎がなんか揉めてる感を出して五分五分な雰囲気を作り煙に巻くだけ。
煙に巻く訓練がディベート。不毛な討論の典型が朝生。

 

■0403:感想「イヌ その秘められた力」

湾岸戦争で重症を負った人の話は何度聞いても泣ける。

 

イヌは人間と共生必須故のヤバい力を持っている。

イヌの秘められた力、それは人間をメロメロにする力だ。

俺はパピヨンちゃんと出会う前、イヌなんて可愛いとも何とも思わなかった。
しかし何回か一緒に散歩するうち完全に頭をやられた。他人のイヌまで可愛く見えるようになり、散歩しているイヌに視線がロックオンしてしまう。どうしてくれるんだパピヨンちゃんよ。

映画で人間は簡単に死ぬのにイヌは絶対死なないのもうなずける。
イヌが絡むとジョン・ウィックがキレるのもわかる。

 

日本は無責任に子犬を量産するカス業者&糞尿を放置するカス飼い主が多いから、
・ペットショップ廃止
・飼い主の免許制
を希望する。

殺処分ゼロの前にまず工業製品のような出産を止めろと言いたい。

うちのパピヨンちゃんはこんなに可愛いのにもう少しで売れ残るところだった。
もし売れ残るorカス飼い主に買われたらうちのパピヨンちゃんは今頃どうなってたんだ?と考えると恐ろしい。

 

■0402:映画感想「プレデター」「プレデター2」

プレデターがガチ軍隊相手に無双する一作目は至高。

二作目のいかにもなB級ノリも面白い。
ただ、プレデターうんぬんの前にロサンゼルスが世紀末すぎる。そっちに引くからプレデターの脅威が頭に入らない。

 

■0402:

今唯一やってる格ゲー、鉄拳7で剛拳になった~

鉄拳ってゲームは未だに意味がわからん。
なにげない下段蹴りで浮いて、コパン連打みたいな変なコンボでステージ中央から端まで運ばれて体力半分減り、壁際でダウン中にサッカーボールキック食らい続けて死ぬ。

 

ところで俺、格ゲー辞めますわ。

個人的に格ゲーは休憩に向いてない。
休憩は5分、長くて15分で終わらないと。
格ゲーはまずマッチングで5分かかるし、勝っても敗けても5分で終わるわけない。てか3時間でも終わらん。
3時間やってストレスと疲労を溜めたあげく「仕事の他に確定申告とか洗濯とか、時間がいくらあっても足りないわ~」とか言ってる自分が意味わからん。

あと、格ゲーはやっぱり自分以上に熱いリアル対戦相手がいてナンボだと思うな。
リアル友達が格ゲー引退したから格ゲー触るのがもう虚しいわ。

 

ゲーム自体はオススメ。3D格ゲーならプレイ人口的に一択状態。夜間ならマッチングに苦労しない。↓
B01MSADRLN

 

■0401:!?「最終的には、使い捨てのワンウェイプラスチックを日本から無くしていくのを目指す」

小泉進次郎、キサマぁ…

親父は構造改悪で国民の所得を減らし、息子はレジ袋やペットボトルを取り上げて環境税を課すわけだ。

お前らだけは絶対許さねぇ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-雑記

執筆者:

関連記事

no image

好きな曲「miss you」(m-flo)について語る

どうも、19歳でm-floに魅了されたまま30代半ばになったヤギです。 当記事は、好きな曲「miss you」(m-flo)について思い出話を絡めつつ語るだけの記事です。   僕にとって、音 …

コロナについてよくわかんないから情報をまとめていく

コロナに関してはよくわからないんですよ。 僕はどちらかというとネトウヨと呼ばれる方だけど、今回は保守系論客にも「正気ですか?」と思うことが多い。信頼のおける論客2人の意見が真反対なこともある。 頭がモ …

レジ袋がほんま腹立つ

レジ袋がほんま腹立つ、って話をする。 当記事、特に主張は無い。 ストレスを消化するために書いた。 共感できる方に、心の中で頷いてもらえたら本望だ。 ・環境問題に対してどの程度効果があるか ・そもそも、 …

今こそトイレットペーパーの話をしよう

何か書こうと思ったがネタが無い。 なら書かなきゃ良いけど、僕はヒマだ。 人間、ヒマが一番ツラい。だから書きたい。 ところで今、トイレットペーパーの買い占めが問題になっている。 そこで「トイレットペーパ …

no image

「刀剣の鉄人」を観た感想:鉄製造関係の職に就きたくなる「殺せるね♪」

「刀剣の鉄人」とは「料理の鉄人」の刀剣版。 予選では4人の刀剣職人が与えられた鍛冶場でナイフを作り出来を競う。 2人脱落した後の決勝は、指定された伝統武器を自前の工房で作る。 「火事場へようこそ」 「 …