yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★★★★ アクション PS1

【アーマードコア】攻略/感想/評価:男のロマンを詰め込んだ傑作 驚異の3Dアクション&完成されたアセンブル

投稿日:2018-03-25 更新日:





シリーズ全作プレイ済。それほど好きな作品。

PS三部作
【アーマードコア PP】
【アーマードコア MoA】

アーマードコアとは

機体のパーツを自由に組み換えて、自分だけのメカを作り操作する。男のロマンを詰め込んだゲーム。


フロム・ソフトウェアがキングスフィールドシリーズで培った3Dアクションゲーム制作のノウハウをフル投入。
ロボットの3D空間バトルを当時としては驚異のグラフィック・操作感で実現。「ロボット動かしてる感」は今でも唯一無二。

パーツを組み合わせてロボットを作るシュミレーション要素。そのロボットを動かす3Dアクション。その2つの要素がどちらも高い完成度。

1作目なのにミッションは50近い大ボリューム。内容も多彩。シリーズ中1、2を争う充実ぶり。1人でも長く遊べる、機体を変えて何度も遊べる。

ミッション中には対等なAC戦が無いのに対戦のゲーム性は完成されているのが不思議。パーツ数が少ないためバランスはシリーズ最高という声もあるほど。

PS2まで含めても本シリーズに匹敵する同ジャンルのゲームは出なかった。
ほとんどのロボゲーがガンダムに食われる中、孤高の存在として輝き続けている。

 


一作目にしてこの完成度。
技術的な都合で屋内だけかと思いきや、荒野・クレーター・山岳基地など様々な屋外ステージがある。

 


メカデザインはマクロスでおなじみ河森正治。逆足の敵デザインがマクロスっぽい。

 

ストーリー性、シナリオはほぼ無い。
プレーヤーは一介の傭兵(レイブン)なのでそんなものは必要ない。どんな汚れ仕事でも報酬のために淡々とこなす。


ゲームを始めるとチュートリアル無しでいきなり戦場へ。
プレイヤーキャラも情報、個性が全く無い。それがかえって高い没入感を生む。


キャラは登場するがキャラ絵無し。
音声はオペレーターの味気ない台詞と他レイブンの断末魔。どいつもこいつも意味深な台詞を残す。


ミッションの進行に合わせて入るメールで世界の状況を想像する。気分は傭兵。
ニーアオートマタは本作の影響があるのでは。

メールで理解が深まる→【ニーア オートマタ】(2)

 


ミッション中はBGMがない場合が多い。
無音の中、機械的なSE、爆発、警告音が響く臨場感が凄い。下水道の水が流れる音もBGMがないことで引き立つ。
たまに入るテクノっぽい尖ったBGMは今聴いても新鮮で格好良い。

 

これらの演出の簡素さは制作リソースと技術的問題を誤魔化す苦肉の策。
しかし無機質な世界の表現に合っており、後の作品にも受け継がれる。

 

操作

全ボタン使用はアーマードコアの伝統。
サイトに敵を捉えてロックオン。サイト移動は方向キー左右・LR2の4ボタンが4方向に対応。左右(旋回)はともかく、LR2の上下サイト移動は特に慣れが必要。

これをガチャガチャ操作しながら、ブースト残量を見ながらこれまた複雑な操作で自機を動かし、敵を追いかけてサイティングを維持。触ってすぐできることじゃない。
しかしガチ対戦でもしない限り上下は動かせなくてもいい。機体の高度を合わせればなんとかなる。武器をとっさに切り替える必要もない。

 

初代3部作は動きが速い・軽い・荒っぽいのが特徴。
PS2のアーマードコア2はモッサリ挙動だと不満の声が上がったほど。

・小ジャンプ移動
ジャンプ(ブースト2連打)を繰り返して低空を跳ねるように移動。低空なので着地硬直が無く、ブーストを切っても慣性で速度が出る。
通常のブーストダッシュより速度は落ちるが、エネルギー消費を大幅に抑えることが可能。

・踊り
R1押しっぱでL1を連打。L1の入力が優先されるため左右へ小刻みに動かせる。予測射撃を狂わせるので被弾率が下がる。


ノーロック武器やブレードを高機動戦闘で当てるのは至難の業。
総火力は圧倒的なので腕を上げれば見返りがある。

・空中斬り
地上より威力が上がる。PS3部作は特に強力。初代・PPは威力4倍、MoAは3倍。ブレードホーミング(ブレホ)補正も大きい。

 

パーツ組み替え


パーツ数は138個。ひとつひとつに燃料消費・重量などマニアックな性能がある。
バランスはすでに完成の域。どれも一長一短で下位互換が無い。

 

■脚部
最重要。脚部カテゴリーで機体の方針が決まるといってもいい。

・二脚
スタンダードな人型。汎用性が売り。

・逆関節
鳥のような逆足。高いジャンプ力で空中戦に向く。その分二脚よりも安定性、積載量は低め。

・四脚
多脚戦車のような4本足。移動速度が速く安定性が高い。地上でキャノンのような構え武器を撃てる。垂直機動が鈍くEN燃費が悪い。

・タンク
戦車。最高の装甲と積載量。構え武器を空中でも撃てる。移動・ブースト性能が低い。

 

金欠と強化人間


プレーヤーは一匹狼の傭兵。自機の修理・弾薬費は自分持ちなので報酬から天引きされる。
初代は支出が大きく報酬が少ないので金が溜まらない。下手すると赤字。

■金欠対策
・安いパーツで組んで修理費を下げる
値段が高いから高性能というわけではない。実用性の高い安物パーツで揃える。

・EN武器を使う(弾薬費ゼロ)
EN武器を使うとEN管理が難しくなる。それなりの武器、ジェネレーター、ブースターが必要。EN武器自体の値段も高い。

 

■強化人間

金欠の救済措置。
借金を繰り返すことで6回まで強化人間手術を受けることができる。
強力な能力が追加され、借金はチャラ。パーツはそのままでミッション進行度リセット。

強化人間の力
・2脚でも構え武器を自由に撃てる
・ブーストEN消費半減
・ブレード光波追加


2脚無反動キャノンは男の憧れ。シリーズの強敵はだいたい細身で大砲背負ってる。

 

強化人間でクリア


後にOP詐欺といわれる、シリーズ伝統の格好良いオープニングムービー。初代からクオリティが高い。


最初なのにチュートリアル無し。初期機体はジェネレーター性能が低すぎてまともに動けない。
金が溜まったらまずジェネレーターを交換。
・GBG-10000 >通称「銀ジェネ」最高出力


シリーズ伝統、不法占拠する労働者の排除。ACにクレーン車で立ち向かうブルーカラーの意地を見よ。


トラックを破壊するとミッション失敗。しかし敵の攻撃であっという間に破壊される。


コンデンサやタンクを破壊すると大爆発。


破壊するだけでなく救出任務もある。


取れそうで取れないGBG-XR(金ジェネ)。


ミッション開始までの演出が雰囲気を盛り上げる。


オトリに使われたり、他レイブンに騙されて閉じ込められたり踏んだり蹴ったり。


中盤、どちらの企業につくかでルートが分岐するが最終的には同じ結末になる。


中盤以降の難易度は高め。迷宮のようなステージが難しい。狭いので攻撃を避けることもできず、道に迷ってるうちにAP(耐久値)をゴリゴリ削られる。


金属が腐食する毒ガス。


生体兵器。BGMが無い中、鳥肌が立つようなキモいSEが響く。


隠しパーツを集めるのも楽しみのひとつ。


最終兵器、ジャスティス!


AC一機で企業を潰した新人レイブン。イレギュラー(秩序を破壊しかねない不確定要素)に認定され狙われる立場に。
ただ真面目にミッションをこなしただけなのに。


最後の足場乗り継ぎは強化人間さまさま。重い機体は詰む。


秩序を乱すイレギュラーを排除するために現れた最強AC「ナインボール」。
空中をふわふわ飛びながら魔改造パルスとグレネードを撃つ。足場が悪すぎて視界に捕らえるのも困難。余裕がなければ無視。


最後まで余計な説明なし。そこにシビれる憧れる!

 

まとめ

一作目でシリーズの基礎はすでに完成。ミッションの数が多く内容も充実。
軽い挙動はPS三部作ならでは。PS2以降のシリーズしかプレイしたことがない人にもおすすめ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★★★★, アクション, PS1

執筆者:

関連記事

【アーマードコア ネクサス】攻略/感想/評価:動けない撃てないAC 腐ってもAC 

発売日の朝に購入。高校卒業後、もう俺に残ってるのはAC熱だけなんだよ・・・。 自転車が跳ねてカゴからソフトが飛び出すぐらいのスピードで持ち帰ってさっそくプレイ。その日のうちに落胆した。 ACシリーズの …

【アーマードコア3】攻略/感想/評価:パーツデザインを一新 進化したグラフィック 軽快な挙動

当時、もちろん発売日に購入。小遣い的になんかのゲームと2択みたいな状況だったけど、なんだったか思い出せない。 ACシリーズのレビュー 初代 :【初代】 【PP】 【MoA】 2    :【2】 【AA …

【グランツーリスモ2】攻略/感想/レビュー:前作から大幅ボリュームアップ

もくじ1 前作から大幅ボリュームアップ1.1 車種5倍!1.2 コース1.3 GTモードもボリュームアップ2 GTモードをサクッとクリア2.1 まずはライセンス全クリ2.2 レース生活スタート2.3 …

【機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー】攻略/感想/レビュー:ザクがライバル ハイゴックとドムは格上 ブルーデスティニーはモンスター

もくじ1 伝説の三部作2 量より質3 全5ステージを30分でクリア3.1 STAGE1「月下の出撃」3.2 STAGE2「戦慄のブルー」3.3 STAGE3「荒野の死闘」3.4 STAGE4「ジオンの …

【バットマン アーカムシティ】攻略/感想/評価:「おいおいマジかよ!ここを自由に動けるなんて冗談だろっ」

7年ぶりにSteamでプレイ。GOTY版はDLC3つ入り。 もくじ1 傑作がさらにパワーアップ1.1 ストーリー1.2 アーカムシティという箱庭2 コンバット・プレデター2.1 コンバット2.2 プレ …