ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション PS4 仁王2

仁王2【評価/感想】ウンザリしてきたのでDLC3まで寝かせる

投稿日:








ウンザリしてきたのでDLC3まで寝かせる

前回記事を書いた後、4周目を進めてついにDLCエリアを解放した。プレイ時間は120時間超え。

4周目を進めるうち本格的にウンザリしてきたのでDLC3まで寝かせることにした。
実は3周目からウンザリしており、DLC1感想記事から既にそんな空気が出ている↓

 

以下、ウンザリした理由を述べる。

 

まずステージ道中の敵配置につくづくウンザリする。

3周目以降、敵の強さ・配置から感じるのは悪意のみ。

必ず目の前の敵をカバーするように伏兵が仕込まれており、その伏兵をカバーするように伏兵…とエンドレス。
どこからともなくワラワラと湧いた敵に囲まれ、逃げた先にまた敵。

そいつらとやり合っていると、見えない角度に配置された敵が銃や大砲でバスバス撃たれる。
敵の銃や大砲のリロード速度が尋常ではなく、2秒間隔で連射してくる。

一発食らうと追撃&追撃でそのまま死。
たまらず逃げた先に今度は目視困難な穴があり落下死。

あまりの有様に操作する手は止まり、あきれて真顔になる。

 

しかも3周目から異様に敵が硬い。マジでやってられないぐらい硬い。
神宝+25武器で攻撃しても気が遠くなるほど硬い。
一方、こちらは1、2撃で死。なんだこの格差は。不公平すぎる。

歴史を変える主人公より圧倒的に強いザコがゴロゴロいるのはオカシイだろ。

 

ボスも硬くて徒労感が凄い。
妖怪はともかく人間ボスの硬さよ。自キャラと同じ人間じゃないのかよ。
あまりに酷いので、斬っても斬っても減らないのを確認したらすぐ「ひもろぎの欠片」で離脱しちゃう。

 

配置の次は、敵の動きにウンザリ。
ウンザリするのは次の3点。

 

①スパアマ&隙消しカウンター

敵はたいていスパアマ持ちなので先に攻撃を当てても怯まない。よって後出しが基本。

しかし敵の行動には隙を消すカウンター行動が仕込まれているので後出しもダメ。

先出しもダメ、後出しもダメ。
一通り食らってパターンの穴を見つける、初見殺しのパズルゲー。

特にDLC敵は差し込めるタイミングが少なすぎ。
夜叉なんて弾飛ばしながらずっと乱舞している。

もうね、パズルじゃなくてアクションゲームをさせてくれと。
パズルとアクションで何が違うのかわからないけど、仁王2はアクションゲームをやっている気がしない。

 

②執拗なバクステ

反撃回避のバクステがあからさますぎる。妖怪ではなくスポーツ選手の動きで不自然。
姑獲鳥の華麗なステップはバスケをやっているかのよう。

攻撃するときは飛んだり跳ねたりでハチャメチャなのに攻撃後はじわじわ下がるいやらしさ。
こちらが攻撃すると、待ってましたといわんばかりにスカしてカウンター。
「変わり身の術」から復帰するとき絶妙に落下攻撃がスカる間合いを保つなど、間合い管理が妖怪の域を超えている。

ちなみに①②は「モンハン:アイスボーン」でもイラついたやつ。

 

③内部入力見てから反応

格ゲーの超反応CPUのように、回復や術など何かしらのボタンを押したのに合わせて潰してくる。
あからさますぎて、敵と戦っている気がしない。ゲーム自体と戦っている。
よって敵を倒しても、倒した気がしない。パズルを解いた気分になるのみ。

 

①②③が相まって、何が楽しくてプレイしているのかわからない。
悔しいから死んだ目でリトライし続けるだけ。

頭と手が勝手に学習してだんだんと勝利に近づくため、3時間戦えば大抵の相手には勝てる。
でもそれが楽しいかといえば、楽しくはない。
残るのは膨大なエネルギーと時間をムダにした罪悪感。

 

システムも複雑すぎてウンザリ。120時間やっても慣れない。

せっかく「呪」反映改変の武器を持っていたのに、魂合わせで強化する中に愛用度マックスの武器が紛れており継承が書き換えられて台無しになった。
これは俺の不注意以上に、ごちゃごちゃすぎるシステムが原因。
多数のシステムに多数のオプションが絡んで、もう何が何だかわからない。

操作もごちゃごちゃすぎ。
未だに頭真っ白になって妖怪技や特技の出し方がわからなくなるし、アイテム枠切り替えや構え変更が暴発する。

あと、すけびとや妖怪化が敵の一撃で溶けるのふざけすぎな。

 

まとめ

ゲームってこんなにしんどいものだったか?楽しいものじゃないのか?
と不満がつのるばかり。

一周目は楽しかったような気がするけど、そんな昔のことは忘れた。

 

今年買う新作ゲームはたぶん仁王2だけになる。
そのゲームに対する感想がこれだから、ブログの名称を「ヤギゲームブログ」から「ヤギ雑記ブログ」に変えるのも仕方ない。
俺はもうゲームが上手くなりたいなんて気持ちは無いし、ゲームで頑張りたくない。

仁王2はちょうど「ヤギゲームブログ」~「ヤギ雑記ブログ」の過渡期に買ったから、今こんな感想になっている。

一応、DLC3が来たら味見はする予定だが、どこまでやり込むかは未定。

ひとつ確実にいえるのは、仁王3が出ても買わないってこと。

 

3年前の記事でほとんど同じこと言っててワロタ↓







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4, 仁王2

執筆者:

関連記事

【機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙】攻略/感想/評価:ストーリーモードだけなら遊べる 宇宙と無重力に飽きる

思い返すとこの頃のガンダムゲーもれなく買ってるなー。 ゲーム内容はほとんど覚えてないけど、ダムゲーにしては満足度が高かった印象がある。 もくじ1 本作の特徴1.1 基本システム1.2 複数のゲームモー …

逆襲のシャア (PS1)【感想/評価】今度は終局の(早さに)涙を見る

もくじ1 不朽の名作をゲーム化1.1 「Zガンダム」を引き継ぐ3Dアクション1.2 ボリューム薄め1.3 相変わらず大味2 まとめ:終局の(早さに)涙を見る 不朽の名作をゲーム化 「Zガンダム」を引き …

【機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者】レビュー/評価/攻略:伝説の3部作最終章 まとめて1本として見れば傑作

前作の3ヶ月後、1997年3月7日発売。 前作→【蒼を受け継ぐ者】 【戦慄のブルー】 ダムゲーリンク→【シリーズ別リンク】 もくじ1 伝説の3部作 最終章1.1 作戦重視1.2 今さら聞けない「EXA …

ハードコア・メカ(HARDCORE MECHA)【攻略/感想】ワクワクしないロボ好きはいないと言い切れます

ハード・コアメカ?いいえ、ハードコア・メカ。 「最近、心躍るロボゲーが少なくて寂しい」 「アーマード・コア、ガンダム・ザ・バトルマスターの新作を待っている」 そんなあなたにオススメの作品です。 買って …

【ウォーシップガンナー2 鋼鉄の咆哮】レビュー/評価/攻略:「僕の考えた最強艦」を操りトンデモ兵器を撃ち合う楽しいバカゲー

もくじ1 はじめに1.1 海戦アクション1.2 バカゲー要素2 設計2.1 親切なUI2.2 船体・兵装3 アクション4 おわりに はじめに プラモデルに追加で砲塔をくっつけたり大口径砲に載せ替えて遊 …