ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS4

ゴジラVS【レビュー/評価/攻略】単調な内容をキャラの魅力で補ういつものゴジラゲー

投稿日:2018-12-30 更新日:

ゴジラ-GODZILLA-VS - PS4

ゴジラ-GODZILLA-VS – PS4

posted with amazlet at 19.08.18
バンダイナムコエンターテインメント (2015-07-16)
売り上げランキング: 5,086





ゴジラシリーズの人気怪獣を操作して街や兵器を破壊し、怪獣と人知を超えたバトルを繰り広げるアクションゲーム。
「超破壊」と「特撮の再現」を謳った前作「ゴジラ-GODZILLA-」(PS3)の続編。

中古6200円だったので「高っ!」と興味が出て購入。
発売から3年経ってるのに中古6200円て、一体どんな神ゲーなんだ!?

 




人気怪獣が全て操作可能

大まかなゲームの流れとしては、
「怪獣ならではのド迫力攻撃でオブジェクトを破壊しまくる→体が大きくなる→敵怪獣を倒して素材ゲット→怪獣を解放&育成→その怪獣でまた破壊の限りを尽くす」
この繰り返し。

前作「ゴジラ-GODZILLA-」(PS3)のバージョンアップにあたる。
前作で使えるのは3種類のゴジラ(ゴジラ、バーニング、ギャレゴジ)のみだったが、本作では登場怪獣が全てプレイアブル化。

ビオランテ、キングギドラ、デストロイア、機龍などゴジラ映画の人気怪獣が使える。さらにスペースゴジラ、メカキングギドラなど新キャラを追加。
対戦だけでなくストーリー、勝ち抜きモードでも使用可能。

 

一見、沢山のモードがあるように見えるがメインは実質3種類。他は育成、ジオラマ作成、資料集、設定。

・「DESTRUCTION MODE」:てか実質これ1種類。都市破壊+怪獣戦。育成と連動
・「KING OF THE MONSTER MODE」:怪獣戦のみの連戦。クリアタイムをオンラインランキングに記録
・「VS MODE」:オンライン対戦

 

オフライン対戦が無い。これは大きなマイナスポイント。
タイトルに「vs」入れてるにも関わらずこの仕様でOKを出した責任者にインフィニット熱線を浴びせたい。

 

首の付け根に注目。
あえて嘘くさいフィギュア感を出したのか、それともただの手抜きか。

特撮の再現というよりジオラマの再現っぽいグラフィック。

怪獣モデルは「ムービーモンスターシリーズ」のフィギュアそのもの。たぶん3D取り込み。
マップは一見広大に見えるが、オレンジ色の枠から外には行けないので狭い。枠の外の建物は破壊もできない。

 

基本システム

■操作方法

移動:移動 (左スティック)、旋回(LR1)、カメラ操作 (右スティック)
攻撃:コンボ攻撃(□)、強攻撃(△)、突進(X)、熱線(○)
特殊:
・緊急回避(R2):無敵つきの広範囲攻撃。ゲージ消費
・咆哮(L1+R1):出は遅いが無敵時間あり。咆哮後、特定の技が強化される
・投げ(上+△):自分より大きい相手は掴めない

 

それぞれ特徴的な攻撃方法を持ち、ジャンプや飛行ができるキャラもいる。
でも基本は同じで簡単操作。旋回がちょっと特殊で戸惑う程度。

 

【ゴジラ・ジェネレーションズ】と違ってカメラは自分で動かす。
背後視点で常に正面を見るようにすれば操作しやすい。慣れたらカメラを前や横に動かして映画っぽいカメラワークに挑戦するのもアリ。左右反転してややこしいけど。

前方のオブジェクトにオートロックするので攻撃方向を合わせるのは楽。
しかし思わぬ方向にロックされて、行きたい方向に行けないときがある。

ジェネレーターを攻撃したいのに怪獣にタゲ取られて攻撃できず、そのまま時間切れとかありがち。
そういう場合は90°旋回して大きく迂回するしかない。

 

基本は強技ゴリ押し&ゲージ回復まで待って熱線ぶっぱ。
ゴジラならタックル(X)連打で移動から破壊、対怪獣までこなせる。
このゲーム、強技さえ見つければ片手でプレイ可能。

ガードが無いので相手の技はプロレスのように全て受けきるのみ。
隅に詰められるとゲージ消費の緊急回避(R2)を撃つまでボコボコにされるがまま。
育成でゲージを強化すれば攻撃・防御ともに安定する。

 

マルチ対戦以外はこちらの怪獣だけ自動回復。少し時間がたてば超回復ですぐ全快するので多少の被弾は無視できる。
対怪獣でも後退や緊急回避で時間を稼いでヒットアンドアウェイを心がければまず負けない。(サイズに大きな差が無ければ)

 

DESTRUCTIONモード

メインモード。ルートマップの分岐を選んでステージを進めていく。道中でゲットした素材は育成に使う。

ルート(政権)によって災害レベル(人間側の戦力)の上がりやすさが異なる。

 

核や原子力といった要素を排除しており、かわりに架空のエネルギー「Gエナジー」で文明を支えているという設定。
「ゴジラ」にとって大事なものを失ったような気がする。

そのGエナジーを増幅する「Gジェネレーター」をぶっ壊すためゴジラは日本へ上陸。
核を捨ててもかわりにゴジラに狙われるエネルギー源を作ったら意味なくね?

 

味方側の怪獣は防衛ミッションになる。
目標は侵攻とは逆で、街やジェネレーターの被害をなるべく抑えて侵攻してくる怪獣を倒すこと。

防衛ミッションは楽。
一見堅苦しいプレイを強いられそうだが、テキトーに眼の前の怪獣を倒すだけ。時間制限や破壊目標も無い。
防衛率が高いほど怪獣が成長するため、さっさとクリアするだけで勝手に大きく成長する。すぐ終わるから周回効率も良い。

 

サイズ

怪獣のサイズは点数に応じて大きくなる。

破壊を継続してRASHゲージを維持し、得点倍率を増やすと成長が早い。プレイ次第では100mを余裕で超える。

原作の平成ゴジラは身長100mだが半分の50mからスタート。
モノクロ画面の初代っぽい演出でチュートリアルが始まるが、街並みもゴジラも平成版。本作に初代ゴジラはいない。

 

70mでもこれ。スケール感がどうもオカシイような気が。

 

敵怪獣の強さも大きさに依存。
100m怪獣は怯まないし火力が高いので少しでも甘く攻めるとやられる。
体内放射をぶっ放し、ゲージ溜め&傷が癒えるまでひたすら逃げ回る俺のゴジラ。

 

ルート分岐

ステージ9(AREA23・24)クリアでエンディング。
クリア時点で怪獣が100m以上に成長していれば最終ステージに進める。

ノーマル・イージールートでステージ7(AREA19)から先に進むには「データ集収率※」50%以上が必要。
ステージが被らないように2周すれば50%は超えるが、ステージ3にハードを選ばなかった場合、最後までハードルートに合流できない。ここの2択は重要。

※データ集収
ミニマップに表示される赤点4ヶ所がデータ分析ポイント。
ここで怪獣を一定時間撮影してデータを入手。集収した分は周回で引き継ぐ。

 

分析ポイントの範囲はかなり狭い。大暴れすると外に出てしまうので分析中は少し落ち着いた方が良い。

「なぜ怪獣を操作してる自分が防衛側の仕事をやってるんだろう」と疑問なシステム。誰目線でプレイしてるのかわからない。

 

難易度が高いと災害レベルが上がりやすいが、通常戦力の攻撃力などたかが知れているので違いはあまり実感できない。
それよりハードルートは制限時間つきステージが厄介。
時間が短いので怪獣と戦ってるヒマなど無い。怪獣が出現すればジェネレーター全破壊しても戦いが続くので撮影は後回し。

 

破壊のコツ

オレンジ枠が見えるマップ外側をグルっと回って潰していくのがオススメ。右往左往せずに済む。

ゲージは全部R2に回せばラッシュゲージ(破壊コンボ)が途切れず安定しやすい。
怪獣が出現しても無視して破壊に専念。これでラスト手前には100mになるはず。

3mしか稼げないステージもあれば10m近く稼げるステージもある。稼ぎに適したルートを選ぶと楽。

 

破壊目標のGジェネレーターは一定間隔でバリアを張って怪獣をふっ飛ばす。
ダメージは受けないがウザいので緊急回避(R2)か咆哮(LR1)の無敵時間でしのぐと良い。

 

おすすめキャラ

キングギドラ

飛行(X長押し)で機動力が高い。さらに飛行△が破壊・対怪獣どちらにも強力。
○も強い、咆哮○はさらに高火力。ジェネレーターも一撃。

 

メカキングギドラ

キングギドラのコンパチ性能+αだから当然強い。総合的には最強。
投げ、○がさらに強化されており、咆哮○は密着で当てると体力半分減る超火力。
強いて言うなら破壊性能が高すぎて防衛に向いてないのが弱点。

ちなみに2018/12/30時点の「KING OF THE MONSTER MODE」オンラインランキング上位はメカキングギドラで埋まってる。

 

ガイガン

判定出っぱなしの多段技でハメ続けるハメキャラ。Xで間合いをつめて□コンボから△。○も強い。

 

GODZILLA

なぜか最初から120m級のデカさ。巨体がキビキビ動くので気持ち良い。
突進(X)で距離を詰めて[□×3→△→R2]とかで押しつぶす。

 

3式機龍

熱戦系の攻撃が強力。ホバーダッシュ(方向+X)で機動力も高い。
それだけならスーパーメカゴジラと同じだが、機龍は咆哮△の強さが異常。リーチが長くて多段、フルヒットで超火力。相手が100mだろうが何だろうがこれ1本でゴリ押せる。

 

モスラ成虫

まず飛んでるから機動力が圧倒的。さらにLR1の2回押しで高速回避。気がつくと背後に回り込んでる。
バトラ成虫より□コンボが使いやすい。□~△突進でハメ倒せる。

 

ビオランテ

破壊にかけては右に出るものがない最終兵器。
とにかく攻撃範囲が広い。突進(X)でジタバタするだけでラッシュが途切れない。突進→R2でもうどうしよもない強さ。空中にも強い。
サイズが育ちまくるので怪獣戦もゴリ押しが効く。

 

気になる点

水増し

典型的な水増し。安定のバンナム仕様。

内容は薄いのに作業の手間が多い。
育成のためにやることといえばDESTRUCTIONモードの周回だけ。

アンロックした怪獣の成長には怪獣ごとに個別の「進化エナジー」が必要。そのためそれぞれの怪獣で周回を重ねる必要がある。

ステージセレクト不可なので特定ステージに出現する怪獣素材が欲しくても次の周回はまた最初から。
2周もすれば完全に飽きるのでこれはツラい。

しかも育成して技が増えるのはゴジラだけ。他の怪獣はゲージ強化のみなので全くやり甲斐が無い。

 

破壊表現がイマイチ

派手な見た目とは裏腹に気持ち良く無い。

【ゴジラ・ジェネレーションズ】はコンクリートや鉄骨が音を立てて崩れ落ちるような手のこんだ破壊表現にチャレンジしてた。
一方、本作のオブジェクトはゴムのように衝撃を溜め込んで急に火花を散らして大爆発。不自然。

 

その他

使用可能キャラ計21体と数は多い。しかしラインナップをよく見ると「ゴジラ、メカゴジラ、キングギドラ、幼虫・成虫、その他数体」。バリエーションが少ない。

原作BGMが無い。本作のBGMは何も印象に残らなかった。

「怪獣VS怪獣VS怪獣!三体同時出現バトル!」をキャッチコピーにしてるわりに、DESTRUCTIONモードで怪獣3体同時バトルがほとんど無い。あっても2体目登場までに1体目を倒してしまう。

 

ステージ開始、敵怪獣登場、災害レベル上昇デモがカット不可。
ステージ途中のデモは動きが中断されるので非常にウザい。破壊を楽しんでる最中に気持ちのノリをぶった切られて萎える。

 

敵の体力ゲージがちょうど相手の顔に被る位置。
これではせっかくの人気怪獣が台無し。動きも見づらい。

 

ランダムで100m怪獣が出現するが、倒すメリットが皆無。ただの嫌がらせ。
必死で戦って見事倒しても破壊が疎かになるのでスコアが伸びない。

リトライすると小さい個体になる。だったら最初からデカい奴を出すなと言いたい。

 

スーパーX1~3の複数同時攻撃がウザすぎ。
最大3機出てくる。こちらの重々しい挙動をあざ笑うかのようにちょこまかと回り込む。背景と同化してるので見えない。

 

おわりに

【ゴジラ・ジェネレーションズ】【ゴジラ怪獣大乱闘】を合わせたような感じ。

歴代ゴジラゲーの良いとこ取りと言えるが、2015年に通用する内容ではない。
今どきのゲームとは思えないほど安いフィーリングですぐ飽きる。ゴジラが好きな自分でもアクション自体は2、3時間で飽きた。

とはいえ、いろんな怪獣を使って自分なりの立ち回りを考えるのは楽しいのでけっこう遊べる。
中古1500円ぐらいになったら買い。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4
-

執筆者:

関連記事

ワイプアウト オメガコレクション【評価/攻略】シリーズ最新作3本セットの決定版!

もくじ1 シリーズ最新作3本セットの決定版!2 操作方法の解説3 サーフィンのような挙動が醍醐味4 難点:元が携帯機用ならではの水増し5 まとめ:ぜひ「redout」とセットで シリーズ最新作3本セッ …

【スーパーボンバーマン3】レビュー/評価/攻略:別ハードのシリーズを融合したハイブリッドな作品

もくじ1 はじめに1.1 PCエンジンとSFCのハイブリッド1.2 ルーイ2 ノーマルモード2.1 難易度低下2.2 ステージ紹介3 バトルモード4 おわりに はじめに PCエンジンとSFCのハイブリ …

Marvel’s Spider-Man【評価/レビュー】爽快なアクションと作り込まれたマンハッタンの組み合わせに圧倒される

すっかり遊ぶのを忘れていた、2018年の大作。 類似点が多いバットマンアーカムシリーズと比較しながら、スパイダーマンならではの魅力を紹介します。 もくじ1 どんなゲーム?1.1 PS独占タイトル史上最 …

【Dishonored 2】レビュー/感想/攻略:名作が正当進化 1周目エミリーでカオスエンド

吹き替え・字幕は完全ローカライズ。表現規制なし。 前作:【Dishonored HD】 もくじ1 ディスオナード2とは1.1 2人の主人公1.2 広いステージ1.3 新しいギミック&敵2 1周目、エミ …

DOOM(2016)【レビュー/評価】動いて撃って敵を吹っ飛ばすシンプルな面白さ

もくじ1 現代的なFPSと真逆1.1 昔ながらの「ラン&ガン」スタイル1.2 探索1.3 ストーリー性なんて投げ捨てる2 豊富な成長要素3 まとめ 現代的なFPSと真逆 見た目はデッドスペースみたいな …