ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

シュミレーション SS

ドラゴンフォース2 神去りし大地に【攻略/評価】ゲームの神も去りし大地に

投稿日:2018-10-25 更新日:






セガサターンの名作「ドラゴンフォース」に待望の続編が登場。

発表から発売予定日まで短かった上、さらに前倒しで発売したらしい。
延期は数あれど前倒しは前代未聞。

その内容は、ゲームの神も去りし大地
前作ファンからは黒歴史扱いの作品。



ドラゴンフォース2 神去りし大地に

「ドラゴンフォース」待望の続編

舞台は前作の500年後のレジェンドラ大陸。

前作の英雄達の子孫が国を率いている。
前作でくっついた君主もいたはずだが、国は統合されなかったらしい。

 

画面が全体的に暗い。
前作にあった華やかさが無い。

なぜこんなにグレーなんだろう。BGMも暗い。
神が去り、世界が輝きを失ったことを表現しているのだろうか。

 

地形は前作と共通点が無い。
500年でこんなに変わるか?

 

目につく変更点

・フィールド時間の早回し
これは嬉しい機能。快適。

・内政の改善
探索・築城・捕虜会見が委任(オート化)可能。
さらに武将の好感度が一覧からマークで分かるようになった。
前作では一人ずつコメントで機嫌を確認して報酬を与えるのが非常に面倒くさかったので、好感度を気にする必要がない忠臣だけを活用していた。

 

他にも、

・兵種が2倍に増えた
・2種類の兵科を使える
・アイテム研究(合成)

など多数の新要素がある。

なんだか凄く面白そうな要素に見えるが、
詳しく言及する必要がないほどゲーム性に活かされてないので割愛。

 

3、4種類の兵科が入り乱れる戦闘画面は前作にはなかった光景。見た目は面白い。

 

戦闘システムにも大きな変更点がある。

・前作と違い、落とした城は最初から徴兵されるのですぐ次の城へ攻め込める

・城に侵攻してきた敵を追い返したとき、すぐ城から出撃すると追撃できるテク「追撃戦」が無くなった。

・「待機する側が一方的に強い」仕様が無くなった

・メイジ、アーチャーの射程距離が短い
画面内の敵も撃てないぐらい短いので初期位置から敵将をスナイプできない。かわりに近距離のヒット率は高い。
「2」では暗転中に攻撃しないので、前作で猛威をふるった、必殺技の暗転を利用したハメ技が使えない。

・一騎打ちしやすい
体力差があっても敵が乗ってくる。
魔法キャラも一騎打ちから逃げない。

・引き分け後、両者が再出撃可能

・武将が強い
ザコ兵の攻撃に対して硬い。
攻撃スピードが早く、大型武器なら2、3体まとめて倒す。
30人ぐらいは簡単に処理できる(される)。
その気になれば200人はいけそう。

 

・新しいタイプの必殺技を追加

武将にバフ効果がつくなど無意味な技が多い。

回復魔法は瀕死でも全快するぐらい強力。
回復魔法を持つ武将を敵に回すとダルい。
そういうキャラはだいたいMPが高いので何度も使われてウンザリ。

 

・敵キャラが初期レベルのまま

中盤以降の国取り合戦は消化試合で、謎の化物との戦いがメインになる。

前作は自軍の君主キャラのレベルに比例して敵キャラのレベルが上るし、終盤まで一応は国取り合戦をしてる感があった。
それに対して「2」は「大陸平定に向けて複数の国が覇を競う」ワクワク感が無い。

また、前作は君主を放置すると勝手にレベルが上がるので、レベル上げの手間が省けて便利だった。
「2」は後半仲間になったキャラのレベルが低いため使い物にならない。

 

ゲームの神も去りし大地に

地味なキャラデザ

イラスト(顔グラ)のテイストが変わった。
好みの問題かもしれないが、前作の華やかさが無いし魅力が薄い。

武将の顔グラ使い回しが無くなった。忍者も全員違う顔。
とはいえ、手抜きに見えるキャラもちらほら。

 

ティリスの顔を見て愕然。

プレイヤーの気持ちを代弁するように、他のキャラが「年増」「ババア」などと散々な言い方で罵る。

 

君主がなんだか地味。
モブキャラと見分けがつかない。

前作のファンタジーの王道をいく格式高い君主達と違って、性格が人間臭い。
良く言えば親近感を持てる、悪く言えばやはりモブキャラと見分けがつかない。

 

前作では個性豊かだった忠臣武将。本作ではなんだかパッとしないキャラばかり。

前作は因縁のあるキャラ同士の会話が面白く、世界観を広げるのに一役買っていた。
「2」は物語の本筋と関係のない因縁も数多く設定されたが、攻略本でしかわからないような裏設定になっておりゲーム中の絡みが少ない。
そのため特徴的な台詞は唐突すぎて意味不明。

また各シナリオの因縁キャラにサブイベが無いので、忠臣以外のキャラの存在感が薄い。

 

全体的に戦闘台詞にひねりがない。
「勝つでござる!」「一騎打ちだ!」みたいな見ればわかる、見たままの表現ばかり。

 

「遊び」がないマップ

前作は、ルートのつながりが絶妙でどこからでも攻略できるし、積極的に動く敵勢力がぶつかり合う激戦区もあった。
それが生き生きとしたマップ上の動きが独特の国獲り合戦感につながっていた。

対して「2」は、特に動きのないマップを言われた通りの一本道で進む、RPGのような作り。

 

マップが狭い。

体感で前作の半分以下。スケール感が無い。

前作のような自由度が無くほぼ1本道。
ルートがない砂漠や山、海が多くて移動ルートが直線的。
さらにどう考えても勝てない強敵を配置してルートを一方向に制限。
攻略順もいちいち指示される。

 

敵勢力がほとんど動かない。
敵師団が近づくと向かって行ったり、逃げていく動きが無くなってるのでマップ上の動きも乏しい。
動いてるのは自分だけ。国獲り合戦感が無い。

 

5人の精鋭部隊で1本道を蹂躙するだけ。

1部隊で攻略できる点は前作も大差ない。しかし、ルートの自由度の高さや複数部隊を使って効率良く勢力を拡大できるなど、前作には攻略の「遊び」があった。

 

テンポが悪い戦闘

武将だけが活躍する無双ゲー

いくら相性差で数的優位を作っても敵将の体力をロクに減らせないから意味がない。

 

100vs100の面白味が無い。
ありったけのMPを放出して必殺技で直接敵将の体力を削るだけ。

前作の「追撃戦」や暗転を利用したテクはほとんど削除された。
工夫の余地、攻略の「遊び」が無い。
変なテクもアクセントとして効いてたんだなーと痛感。

 

戦闘開始時、まず自キャラの方を映す→敵側を映して敵将が一言→また自キャラを映す。

この無駄な往復でテンポが悪い。

 

必殺技演出が暗い。地味。

一部の必殺技があまりにも手抜き。黒一色に消えていくだけとか。
そういう技ほど高性能だから嫌になる。

 

必殺技を撃つ時の台詞が格好悪い。
「ぬぅ~」「おお!」「ふ~ん」「ぬ~ん」「オラオラ!」とか。

しかもたいしたことを言わないクセにやたらと間をとる。
フリーズしたのかと思うぐらい長い。

 

敵AIがバカすぎる。

・5人いる城に1人で攻め込んでくる

・必殺技を使うべきタイミングで使わない
一発撃てばトドメを刺せるのに使わない。
ナメプみたいで萎える。

・敵が劣勢だと戦闘開始して刃を交えること無くすぐ撤退
トドメを刺す時間もない。
気持ちはわかるが、やる気がないなら出てくるなと言いたい。
前作はもう少し粘ってくれてた。

 

おわりに

まさに「神去りし大地」。
ゲームの神も去った。
サブタイトルに偽りなし。

なんだかよくわからないシュミレーションRPGもどきになってしまった。
前作の良い部分が全て潰されてる。

 

前作のレビューはこちら↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-シュミレーション, SS

執筆者:

関連記事

FFT ファイナルファンタジータクティクス【評価/攻略】面白いけど中盤までがツラい

もくじ1 FF+SRPG1.1 PSP版の変更点2 ダークな世界観2.1 あらすじ3 システム3.1 行動順3.2 高低差3.3 戦闘不能3.4 ジョブ3.5 装備・アビリティ4 中盤までが難しすぎる …

御意見無用(SS)【評価/感想】鉄人による鉄人のためのバーチャもどき

Eスポーツの流れで格闘ゲームが盛り上がり、 有名プレイヤーがプロ化している昨今。 元祖、格闘ゲー有名プレイヤーといえるブンブン丸、新宿ジャッキー、池袋サラ、柏ジェフリーら「バーチャ鉄人」が開発にたずさ …

【はじめの一歩】レビュー/評価/攻略:原作補正とゾンビモードを見るだけ

もくじ1 はじめに1.1 力作CGムービー1.2 ボクサーズロードの改悪1.3 試合が退屈2 ストーリーモードをプレイ2.1 前半はガチャゲー2.2 パワーが育つとやることがない2.3 一歩ゾンビモー …

【ファイティングバイパーズ】レビュー/評価/攻略:アーマーブレイクで脱衣

もくじ1 はじめに2 システム2.1 アーマーブレイク3 おわりに はじめに 近未来の架空の町「アームストンシティ」のストリートファイトが人気すぎて市主催の格闘大会が開かれた、という謎ストーリー。 市 …

グランディア【評価/攻略】ド直球の冒険活劇! FF・DQに匹敵する大作RPG

サターンを買ってから苦節2年、 「初めてPS勢に自慢できるRPGが出た!」 と嬉しかった作品。 シリーズ4作出てるけど、初代の評価がダントツで高い。 そんな初代「グランディア」がいかに凄い作品なのか、 …