ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション スマホ Steam PS4 シュミレーション

World of Warships【評価/感想】15時間プレイして萎えた理由

投稿日:2021-02-23 更新日:






第二次大戦の海戦ゲームが無料で遊べちまうんだぜ!

「昔遊んだPS2の「ウォーシップガンナー2」面白かったなー。あんなのがまたやりたいなー」
と思っていたとき、目に留まった作品です。

さっそく無課金でプレイしてみると、理想と少し違いました。
違いがだんだん大きくなっていき、15時間でついに萎えました。

当記事では、15時間で萎えた理由を解説します。

無料でプレイできても、時間は有限です。
当記事を読めば、時間の浪費を未然に防げるかもしれません。

僕のゲーム記事にしては珍しく、政治色強めな記述があるので閲覧注意。




World of Warshipsってどんなゲーム?

敵艦発見!撃てぇー!

World of Warshipsとは、第二次大戦を舞台にしたMMO(多人数参加型)の艦船アクションゲームです。

基本プレイ無料で、ゲーム内課金あり。
PC版の運営開始は2015/9/17。PS4、スマホ版もあります。

 

敵味方に分かれて2チームが激突!
駆逐艦、巡洋艦、戦艦、空母を駆り、味方陣形を組みながら大砲や魚雷で敵チームを倒すのだ!

メインは対人戦。他にcoopやbot(CPU)戦があります。

制作会社は「World of Tanks」(WoT)と同じで、作りがWoTと酷似しています。

ハードにより参加人数が違います。

PC版のオリジナルは1チーム12人。
PS4版「World of Warships: Legends」は9人。
スマホ版「World of Warships:blitz」は7人。

 

海戦ということで、他のチーム戦アクションゲームと比べて非常にゆったりテンポなのが特徴です。

WoTと比べてもゆったり。
対戦開始後3分ぐらいはボーっと海とミニマップを眺めるだけ。

 

テキパキ操作してサクサク戦いたい方には、面白味が理解し難いでしょう。
海戦は人を選ぶニッチなジャンルといえます。

そのため、本格的な艦船MMOが遊べるのは今のところ本作と「ウォーサンダー」ぐらい。

 

真面目なチーム戦

本作の醍醐味はやはり対人戦です。

マップは全て正方形で、地形も敵艦も代わり映えしないのでbot戦はすぐ飽きます。

MMOらしく、経験値もお金も全然溜まらない。稼ぐ気もすぐ無くなります。
しかもbot戦は報酬が少ない。

 

僕はPS4版で昼間に対人戦に参加したら、敵味方ともに人間1人だけになり戸惑いました。

人が少ないと欠員がbotになり、実質タイマンです。
これでは本作の魅力9割減。

でもゴールデンタイム~深夜なら人間で埋まります。どうやらまだ過疎ではないようです。

 

人間が揃ってようやく本作のゲーム性を実感できました。難しさも痛感できます。

前に出れば戦艦の砲撃にさらされ、待つと魚雷で瞬殺され、どうすりゃ良いのやら。
ゲームをアンインストールしたくなってからが本番です。

僕の場合、2回アンインストールしてからが本番でした。

 

対人戦が醍醐味という時点でお察しの通り、戦艦大和に乗って俺ツエーするゲームではありません。

真面目に対戦する、WoTみたいなeスポーツ仕様です。

 

「駆逐艦、巡洋艦、戦艦」は3すくみの関係。全員が大艦巨砲では勝てません。

・戦艦は射程を活かした後方支援
・駆逐艦は魚雷の一撃離脱を狙う
・巡洋艦は中間を担うオールラウンダー

FPSでいうと、戦艦はスナイパー、駆逐艦はショットガン、巡洋艦はアサルトライフルみたいな感じ。

この役割を無視すると何事も上手くいきません。
戦艦大和だろうがなんだろうが、駆逐艦に寄られて魚雷を喰らえば一瞬で大破します。

 

15時間プレイして萎えた理由

2回投げて2回アンインストールしながら、15時間プレイしました。

しかし15時間超えて急に萎えました。ストンとやる気が失せた。
以下、その理由を説明します。

 

このゲームの魚雷はオカシイ

このゲームの魚雷はオカシイです。
駆逐艦がオカシイと言うべきか。

なんで戦艦の天敵が駆逐艦なんだと。

 

駆逐艦は単騎で、真っ昼間に敵陣へ忍び寄ります。

発見されても煙幕焚いてドロン。煙幕の中から魚雷発射。
こんな海戦があってたまるか!

 

寄ってから魚雷を撃てば一撃必殺。どんな戦艦も一瞬で木っ端微塵です。

史実では、航空機による嵐のような爆撃を受けながら戦艦武蔵は魚雷20本、大和は44本受けたらしい。

なのにゲームでは4発で終了。なんだこの威力は。

 

慣れたら魚雷を警戒できるようになり、ゲームとしては成立します。
でも納得感はありません。
現実にこんなパワーバランスなら、桁違いのコストをかけて戦艦作る意味ないもん。

 

課金パワー

このゲーム、どうやら課金ゲーです。

1艦にリアル5000~1万円、その他ブーストや育成にも突っ込む必要あり。

無課金だと好みの艦を仕上げるのに膨大な時間を要します。

アップグレード買って、ティア(性能に応じたクラス)を進めて、艦長を育てて…15時間やっても何も進みません。

実はいくら時間をかけても無課金では高ティア艦に乗れません。
消費クレジットが増大して赤字になるので。

 

課金パワーが存分にモノを言うのは、マッチングにも原因があります。

ティア縛りと全体の勝率バランスでマッチングするため、個々の戦闘力がバラバラです。

例えば初心者が初期装備のティア2艦で参加すると、熟練プレイヤーのフル改造ティア3艦と戦うハメになります。勝てるわけねぇ。

 

僕は実際、課金パワーを多々経験しました。

敵戦艦が大砲をバスバス連射したり、俺戦艦の耐久4万が一瞬にして砲撃で溶かされたり。
相手は俺の乗ってる艦と何か違うぞ。

 

つまり無課金だと、課金の暴力で殴られ続けたあげく高ティア艦に乗れない。
低ティアで遊んでも熟練プレイヤーの腕と課金力で殴られる。

いったい何をモチベにして遊べばいいのやら。

 

消化試合が多い、ダルい

チーム戦が消化試合になるとダルいのはどのゲームも同じでしょう。
ただ、本作は特にダルい。

というのも、PVPとしては異様にゲームスピードが遅いから。
ボロ勝ちの消化試合、ボロ負けの敗戦処理のどちらにしろめちゃダルい時間が流れます。

また、マッチングがポンコツなこともありボロ勝ちかボロ負けのパターンが多いです。
敵を発見して早々に3~4人の戦力差がつき、そのままズルズルと押し込まれて終わるだけ。

本作は腕で人数差を覆せるゲームではありません。
1発撃つ間に3艦から3発撃たれたらどうしようもないです。

 

消化試合が多いし、ダルい。
プレイ時間全体の中で、楽しい時間があまりにも短い。

 

第二次大戦の海戦なのに日本不遇

第二次大戦の海戦をモチーフにしているにも関わらず、日本が不遇です。

声が大きい中韓プレイヤーの影響なのだとか。

 

まず旭日旗の削除。
これは絶対に許せない。

旭日旗は現在も使用している、国際的に認められた海軍旗です。
それを削除って、もう国家の存在否定じゃないか。

 

さらに日本艦が最弱です。
他国に色々と調整が入る中、日本の調整だけは全て弱体化という不自然さ。

 

アジアサーバーは中韓のマナーが悪くて荒れまくり。
僕は艦が地形にぶつかっただけで、中韓らしき味方数人から何か言われました。
(ミュートしてるから何言ってるかは謎)

 

あのですね、

第二次大戦の海戦といえば日本です。日本が主役です。当たり前です。

日露戦争で当時最強のロシア艦隊を倒し、世界最大の戦艦(大和型)を作り、世界初の近代的空母運用で無双した日本こそ主役。

当時の日本を倒せたのは、チート工業力を持つアメリカだけなのです。

 

対して、当時の中韓にまともな艦なんてねぇよ。
中国は日清戦争で海軍壊滅。韓国は日本の一部だろ。
存在しないのはテメェらなんだよ、ふざけんな!

そんな不満が湧き上がるので、やはりこのゲームは辞めます。

 

初心者なりに見つけたコツ

最後に、初心者なりに見つけたコツを紹介します。

コツはズバリ、
「海ではなく画面表示物(UI)を見るべし」
これです。

なぜなら、目視に頼る部分が少ないから。

目視で索敵しないし、攻撃を当てる上でも目視に頼る部分は少ないです。

 

FPSのような反射神経やエイム力は必要ありません。

偏差射撃が重要だけど、PS4版なら砲はオート偏差射撃してくれるし魚雷は命中ルートを表示してくれます。
(異様な精度で当ててくる人は変態か課金パワーなので気にしない。)

 

つまり、目視では差が出ない。必要な情報は眼前の海にはありません。
良い条件・ポジションを取るのに必要な情報は、海ではなくUIにあります。

 

僕はゲーム開始後2時間、「自艦だけ砲撃の数が少ないのはなぜだ?全然撃ってないぞ」と疑問でした。
そんな疑問もUIを見れば解決します。

敵の存在、距離、艦の旋回状況、今撃てる砲、リロードタイムなどなど、必要な情報はちゃんと表示されている!

 

断言します。目の前の大海原を見るヒマがあったら、絶えずUIを見て状況を把握するべし!

…初心者が言えるのはこれぐらいだなぁ。

 

まとめ

MMOや対人戦が好みじゃない方は、本作もダメでしょう。

語ってきた難点は、MMO全般に共通することが多いです。
個人的に、MMOは時間を無限に浪費したあげくストレスばかり溜まって何も良いことが無い。

本作を15時間も遊べば海戦の目新しさが薄れ「膨大なプレイ時間を強いられ、課金で殴られるいつものMMOだな」と気づいて萎えます。

 

やはり海戦ゲーは13年前に遊んだ「ウォーシップガンナー2 ~鋼鉄の咆哮~」がいまだに最高です。

誰か本作のグラフィックで、ウォーシップガンナー2のリメイクか続編を出してくれませんかねぇ…

 

PS2版は軽くプレミア化しております↓

B000K72LYG

 







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, スマホ, Steam, PS4, シュミレーション

執筆者:

関連記事

【機動戦士Zガンダム 後編 宇宙を駆ける】レビュー/評価/攻略:クリアできるゲームになった

前作(97/4/25)の半年後、97/09/25発売。 ガンダムゲーリンク:【シリーズ別リンク】 もくじ1 あの作品の続編に挑戦1.1 前作からの変更点1.2 難易度低下で遊びやすく2 おわりに あの …

ドラゴンボール ゼノバース2【攻略/評価】スパキンメテオの方が良くね?

「ラスアズ」のようにガチガチに作り込まれたゲームをやると、反動で「無双」「ガンブレ」のように粗いというかカジュアルなゲームやりたくなる。 カジュアル系で未プレイの作品を求めて出会ったのが本作。ドラゴン …

【GOD OF WAR III Remastered】攻略/感想/評価:「よくぞヘリオスの頭をもぎとりましたね」プレイヤーの倫理観をぶち壊すクレイトスさんの復讐劇

久しぶりにプレイ。はたしてPS3で体験した感動はよみがえるのか。 続編:【GoW ゴッドオブウォー (PS4)】 もくじ1 GOD OF WAR IIIとは1.1 ギリシャ神話1.2 復讐の鬼、クレイ …

【プロ野球チームをつくろう&あそぼう】レビュー/評価/攻略:前作から正当進化 やきゅつく最高傑作

「もつくろう」(SS)の続編「プロ野球チームをつくろう!」。 その調整版「もっとプロ野球チームをつくろう!」。 「つくろう」で作ったチームで試合をプレイできる「プロ野球チームであそぼう!」。 「もっつ …

ライトニングリターンズ LRFF13【評価/感想】前作で傷ついた僕の魂もライトさんに救ってほしい

Steam版がオススメです。 前2作と違い最適化されているので安定動作。 60fpsで解像度4Kまで対応し、DLC装備全部入り。 もくじ1 ライトニングリターンズとは1.1 FF13シリーズ3作目1. …