yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

PC RPG PS3 ★★★☆☆

【ライトニングリターンズ LRFF13】レビュー/評価/攻略:前作ラストで傷ついたプレイヤーの魂もライトさんに救ってほしい

投稿日:2018-07-08 更新日:





Steam版がオススメ。60fpsで解像度4Kまで対応。DLC装備全部入り。最適化されてるので前2作より安定動作。

たぶん元ネタ→【ヴァルキリープロファイル】
【シリーズ別リンク】

ライトニングリターンズとは


・FF13 →「シナリオ粗いし一本道でつまんね」
・FF13-2 →「強制バットエンド。なんだこれ」
この前2作の洗礼を受けて残ったプレイヤーのみが遊ぶことを許されるFF13シリーズ3作目。

国内初週売上げ[FF13(180万)→FF13-2(53万)→LR(28万)]
と見事にふるいにかけられてる。まあ今の時代、国内30万も売れたら大ヒット。
ちなみに3部作の全世界出荷は1100万本超えたらしい。合計するとFF最大のヒット。ちなみに「Ⅶ」が単独1位の1000万本。


ライトさんはやはり良い。元々はただの警備兵だったが気がつけば神に昇格。本作でついに創造神とタイマン勝負。
良BGMとこの神キャラを生み出したことがFF13最大の功績。


ライトさんをからかう謎の美少女、ルミナ。その正体とは。

世界創生の物語


13-2ラストで世界に混沌「カオス」が溢れ、徐々に世界を侵食。いずれ世界は終末を迎えるが、創造神ブーニベルゼは次の世界を創り始めている。そこへ人々を導くためにライトニングは人々の魂を救済する。


※13-2ラスト

当初の目標を達成し、感動のBGMで喜びに包まれる中で急にセラ死亡。そして世界が暗雲に包まれる。
普通のRPGならこの後セラを復活させるためになんやかんやあって暗雲立ち込めるラスダンに突入の流れなので、いよいよ物語も終盤に突入かと思いきやそのままスタッフロールへ。
結果、セラの旅は事態を悪化させただけ。シナリオ7割で打ち切りのようなラストに多くのプレイヤーは落胆を通り越して絶望した。
「こんなのおかしい、バットエンドに違いない!」と現実を受け止められないプレイヤーをあざ笑うかのように完全クリアのシークレットEND、DLCのライトニングENDも本編を踏襲。


ストーリーは後付けを重ねてゴチャゴチャ。

①セラ復活の際、セラは濃いカオスとそれに応じた時詠み能力を受ける。(13ED)
②13ラストでセラ復活するが直後にライトニングが倒れる。(13-2冒頭)
③ライトさん復活のためにセラが旅に出る。
④セラは時詠みを使いすぎて死期が早まって死亡。(13-2ED)
⑤エトロの死後だったのでセラの魂はライトニングに救われ、ライトさんはセラの魂の救済を条件に神と解放者になる契約を結ぶ。(13-2別ED)

もう世界創生の「神話」だから辻褄とかあまり考えない方が良い。まともに考えたらやってられないので、詳しい考察は他のサイトを見ていただきたい。


半神といわれる「解放者」様なのにスタミナ不足だったり、普通に電車乗ったり、花火集めたり。もう深く考えた方が負け。まともなプレイヤーから脱落していくのがFF13。


これが最後、この先はないというだけで前2作よりやり甲斐はある。


過去2作でキャラの心情描写が浅いと批判されたせいか今作は自分語りがクドい。


ここぞとばかりにポエムが炸裂するロード画面。

 

斬新なシステム


自由に移動できる箱庭風のエリア、「ルクセリオ」「ユスナーン」「ウィルダネス」「デッド・デューン」が舞台。
4つのエリアにメインクエスト1つずつ。サブクエは計150以上。ゲーム内の時間帯によって発生するクエストが異なる。

13日目までにメインクエスト5つを全てクリアすればラスボス戦へ。クリアしてない場合はゲームオーバー。最終日にラスボスを倒せなくてもアイテム、能力を引き継いで最初からやり直し可能。

攻略順は自由。メインは最短5日でクリア可能なので適当にやっても余裕はある。
とはいえ、ステータスが上がるのはメイン・サブクエ達成時のみなのでキャラ育成のためにサブクエも積極的にこなす必要がある。
クエストごとに特定のステータスが上がるだけなので育成の自由度は無い。後述する「スタイル」を組み替えて差をつける。

1人3役の「スタイル」で戦う


13-2までの行動予約による半ターン制に近いシステムではなく、入力と同時に行動する完全なリアルタイム制。ATBゲージ(UI上部3色のゲージ)分だけ行動可能。移動やガードができるアクション性も特徴。


13-2までの「ロール」(ジョブに相当)が「スタイル」になった。
ウェアと装備・アビリティのセットをスタイルとして3つ登録。この3スタイルを戦闘中自由に切り替えることで複数キャラの役割をライトニング1人でこなす。
スタイルそれぞれ個別のゲージがあり、控えのゲージは早く回復する。ゲージを使ったら他のスタイルに変えて~と回していくことで1人だけどパーティー戦闘のような感じになる。


せっかくの多種多様なコスだが戦闘がガチなだけに実用性で選ばざるを得ないのが残念なところ。
武器、盾の種類も多いけどこちらはほとんど色違い。

スタイルは3種類の他に予備の6種類を設定できる。しかし武器、アビリティの重複不可なので全く無意味。3セット内だけ重複不可にして、予備に[3スタイル×2セット]登録できるようにすりゃいいのに。


相手を知り弱点を突くことでダメージが通る。ゴリ押しは通用しない。
回復手段が少なく、バトル終了後の自動回復は無い(イージー以外)ので安易な被弾が命取り。ときには猛烈な攻撃にさらされるのでガード必須。
まずは攻撃連打をやめて相手の隙に差し込むようにするのがコツ。


vs カイアス・バラッド
テキトーに戦ってきたプレイヤーに突如として立ちはだかる壁。
GP満タンで挑み、ラ系の魔法、デシェル・プロテで弱体をかける。体力3割以下になると一回だけ「心身活性」を使う。これをやられると一生カイアスのターンで終わってしまう。そこで心身活性を使う前まで削ってオーバクロック発動。ノックアウトさせた属性の「エン~の薬」&勇者の秘薬を使って攻撃力アップ。これで最後まで押し切る。
といった具合に作戦を立てるのが重要。


vs ブーニベルゼ
近づくとマジでなにやってるのかわからん。大技は装備でHP上げ上げの防御用スタイルで受けて、デプロテからアルテマ装備のスタイルで攻める。第4形態はオーバークロックからラ系魔法連発でノックアウト。

 

いつものFF13クオリティ


OPからの数十分間は「今度こそ神ゲーか?」と期待できる。しかしプレイするにつれてダメな部分ばかり見えてくる。最後までFF13クオリティ。


ペラいグラフィック。背景はPS2並。雲もガビガビ。
主要キャラやモンスターなど前2作からの使い回し分だけ出来が良い。


夜空は青空の明度を変えただけ。透明感が無い。

時間制限がウザい


せっかく話がノってきた所でぶった切られて方舟に戻される。
目的地に行ってみたら深夜だからフラグ持ちのキャラがいなかったり、次のイベントまで待ち時間があったりでとにかく面倒。

現実でも面倒くさいスケジュール管理をなぜゲームでもやらにゃならんのか。
「さぁーて仕事も終わったしゲームすっかー」と立ち上げて「~まであと~時間」とか言われたらやる気なくすでしょ、普通の大人は。


GPに余裕ができる中盤以降、時を止めるGPアビリティ「クロノスタシス」連続使用でこのシステムも無意味になる。何がしたいのやら。

移動がダルい


ムダに広くて面白味の無い地形。距離稼ぎ=プレイ時間の尺稼ぎが見え見え。前2作から何も進化してない。


移動速度が遅い。さらに謎のスタミナ制限つき。スタミナゲージを確認するせいでせっかくの背景をじっくり見れない。
ワープするGPアビリティ「テレポ」が便利だが、飛べる場所が一つのエリアに2、3ヶ所しかないのでかゆいところに手が届かない。


街はプレイ時間稼ぎのジグザグ通路。迷路のようにややこしい上に時間制限の扉があったりで面倒。


ダンジョンは無限生成したようなひたすら長い通路が続く。

メインシナリオが薄い


そもそもライトさんの動機が弱い。創造神とセラ復活の口約束→仕事してるフリしてご機嫌とり。


前作までのキャラが総出演。メインシナリオ5つはそのキャラ関連。
しかしその内容はライトさんがみんなの悩み相談に乗ってささっと解決するだけ。

・サッズが500年かけて見つけられなかった魂の欠片を数日で集める
・花火を打ち上げた隙にスノウの宮殿に侵入する謎作戦
・ファングとお宝探し
・カイアスと久しぶりに戦う
・ノエルと仲直り

以上。メインを追うだけならのんびりやっても8時間ぐらい。しかもほとんど移動時間。


サクサクやれば多少寄り道しても5日間でメインが終わる。残りの7日間は最終日に戦うやたら強いラスボスに備えて退屈なサブクエをやり続けるハメに。


久しぶりに会ったのに過去作のキャラがそっけない。
スノウやサッズは長い時を経て卑屈になってしまった。これでは前2作の苦労が報われない。

500年やで500年。いつまで思春期みたいなこと言ってるんだと。
世の中には事故や事件で大事な人を失ってもなんとか立ち直って生きようとしてる人がいるというのに。この人達は500年間何やってんだ。

堂本剛主演のドラマ「君といた未来のために」(1999年)を思い出す。
2000年になる瞬間に記憶を引き継いで4年前に戻ってしまう青年がそのループから逃れる方法を探っていく物語。この主人公、何度もループしているせいで物語が終わる頃には実質40歳ぐらいのはずなのに10代の若々しい精神を保っている。
体が変わらなければ精神も変化しないってことなのかもしれない。


数百年ぶりに会った第一声が「帰ってくれ」。
これが世界を救った男の末路。あまりにも悲しい。この後、ずっと見つからなくて諦めかけていた捜し物をライトさんがたった数日で集める。ライトさんが有能すぎるのかサッズが無能なのか。


カイアスから見れば「は?なにやってんのオマエ」って感じだろう。
昔戦った女神が久しぶりに会ったら変な服着て解放者とか名乗ってるんだから。


ノエル・・・誰だっけ?
本作の話は13-2を丸々抜いても成立する。セラの旅の意味がますますわからん。

バトルが台無し


FF13系の戦闘ってずっと良くないと思ってる。
入力と画面内の現象がズレっぱなし。さらにカメラが勝手にグルグル動くのでムービーを見てるような感じになる。
ゲームにおけるインタラクティビティの基本「入力→リアクション」の実感が乏しい。これはシステムの戦略的な面白さとは別の、もっと根本的な欠陥だと思う。

って友人に言ったら「いや面白いし。ちゃんとやってないんじゃないの?このニワカが」と言われてしまった。


ガードが重要なのにエフェクトで何も見えない。
「自分の攻撃エフェクトで相手が見えない→エフェクトの中から派手なエフェクトの攻撃が飛んでくる→そのエフェクトに重なって次の攻撃が見えない」の悪循環。
そもそもカメラが相手を追ってくれない。カイアス戦なんてお互い何やってんのかさっぱりわからん。


敵が固い、固すぎる。作業感でバトルシステムの面白さが台無し。
難易度イージーでも既に固いのにノーマルは1、5倍。1周クリアで選べるハードはその3倍。
隙を見て有効な攻撃を何度も何度も繰り返し、ようやくノックアウト状態からダメージが通る。その工程も一度では終わらない。4回、5回と繰り返してようやく終わりが見えてくる。


シナリオ進行、育成システム的に積極的に戦闘する必要がない。そのため道中は邪魔なザコを避ける障害物競走。

 

まとめ


まあ終わりよければ全て良しってことで。
無理矢理ハッピーエンドにまとめた感は否めないが「神話」だから割り切る。

FF13って3部作どれもOPムービーとEDムービーをつなげば神ゲーにしか見えないのに、なんで毎回中身がイマイチなんだろ。
本作も最初の数時間は楽しいがやればやるほど粗が目立つ。良い部分をことごとく悪い部分が打ち消す。いつものFF13クオリティ。
自由に遊ばせたいのか縛りたいのか、アクションさせたいのかそうでもないのか、バトルを面白くしたいのか作業にしたいのか。総じて何がしたいのかよくわからない。

個人的にはライトニングリターンズよりFF13-3を作ってほしかった。
だってあのFF13-2ラストのショックは未だに癒えてないから。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PC, RPG, PS3, ★★★☆☆

執筆者:

関連記事

【ニーア オートマタ】攻略/感想/評価(10):ネタバレ無しレビュー 記憶に残る作品 秀逸なキャラデザとBGM 大胆な演出 ゲーム部分は雑

ネタバレ無しでプレイしてほしい。 プレイ日記はネタバレあり→【ニーア オートマタ】(1) もくじ1 良くも悪くも「オタク臭い」1.1 歳のせいにしてみる2 記憶に残る作品2.1 キャラデザとBGM2. …

【スターオーシャン3DC】レビュー/評価/攻略:キャッチコピー「さぁ、星の海へ出かけよう」とゲーム内容のギャップ

当時、無印版をプレイ。 無印版はバグが多いことで有名。でも当時バグった覚えがないのでそこは省略。 今回プレイしたのはPS2のDC版。 ■DC版の追加要素 ・AI改善、その他色々バランス調整 ・追加要素 …

【頭文字D Special Stage】攻略/感想/評価:家でじっくり遊ぶと粗が目立つ

もくじ1 頭文字D Special Stageとは2 充実のストーリーモード2.1 歯ごたえのある「真」コース3 あくまでもキャラゲー3.1 変な挙動3.2 変なブースト・ペナルティ3.3 偏ったコー …

no image

RACE DRIVER GRID 2

車を買えるわけじゃないし挙動が全部同じだから所有して運転する楽しさはない。レースに出せる車も決まっているので選ぶ楽しみもない。 前作にはアーケード寄りの挙動ならではの楽しさがあった。少なくとも壁に当た …

【シェンムー 一章 横須賀】レビュー/評価/攻略:DCが残した生ける伝説 ゲームというより日常シミュレーター

発売当時にプレイ。ずっとガチャガチャを回してたような覚えが。 2015年6月、E3で「シェンムーⅢ」制作発表。 FF7リメイクを超える会場の盛り上がりは記憶に新しい。Ⅲは2019年発売予定。 もくじ1 …