レース PS1

R4 リッジレーサータイプ4【評価/攻略】ナムコの本気を体感せよ!

投稿日:2017-10-07 更新日:

B00005UOHP







リッジレーサータイプ4 (R4)ってどんなゲーム?

PS1「リッジ」最終作

リッジレーサータイプ4 (R4)は、「リッジレーサー」シリーズのPS1最終作です。1998/12/3発売。

PSアーカイブスでプレイできる他、プレイステーションクラシック収録の20本に選ばれている名作です。

 

前作「レイジレーサー」の中途半端にリアル系で妙にクセが強い挙動から、再びアーケードゲームらしい爽快な挙動になりました。

壁にぶつかったときのロスは減り、道幅も広め。変な当たり判定もない。
ドリフトを決める気持ち良さを存分に味わえます。

 

ちなみに1998年9月~1999年3月はPS黄金期。

・メタルギアソリッド
・クラッシュ・バンディクー3
コンバットチョロQ
アーマードコア MOA
・ファイナルファンタジーVIII
サイレントヒル

などの名作が続々登場しました。

 

グラフィック

ナムコはPS1後期、作り込みと高い技術力で「鉄拳3」「エースコンバット3」のような他社を圧倒する作品を世に送り出しました。

その中の一つが本作。

 

PS1性能を限界まで引き出したグラフィックに度肝を抜かれます。

シリーズ初のグローシェーディング※で丸みのついたツヤ。
(※ひとつのポリゴン中で色が変化)

さらに、事前に計算した影をテクスチャに描画して滑らかな陰影変化を表現しました。

あまりの出来にデモ映像の発表後、「この映像が本当にPSで動くのか?」と問い合わせが殺到したらしい。

 

画作りのコンセプトは「映画の1シーンを走る」

現実の再現にとらわれず、理想の「演出された架空世界」を追及しています。

早朝、夕暮れ、ナイトレースなどコースによって異なる光源。それにより描かれる光と影のコントラスト。

ひとたびコースを走れば次々と美しい光景が目に飛び込んできます。

コースの種類は、過去作の4コースから8コースに倍増しました。

 

サウンド

BGMは、

大久保博
高橋弘太
中川浩二
中西哲一
境亜寿香

と、そうそうたるメンバーが手がけています。

激しさの中に儚さを感じる、いつまでも聴いていたいドラムンベース※。
(※高速テンポのダンスミュージック。幻想的なパッド音&太い低音ベース)

このBGMがレースチーム のほろ苦いストーリー(後述)と重なり、ゲームの雰囲気を盛り上げます。

由水桂のムービーとコラボしたオープニングも必見。
レース中の車をヒッチハイクする永瀬麗子が拝めます。

B07KBKKL5Z

グランツーリスモに真っ向勝負!

(公式サイトより抜粋)

「グラフィック」や「サウンド」そして「プログラム」、それら全体がまとまった時の「ゲーム」の質が現時点で業界最高のものでなくてはなりません。
少なくとも「シミュレーター」ではなく、「ゲームとしてのレースゲーム」という「ナムコのこだわり」を理解して下さるユーザーさんなら、何かしら我々スタッフの熱意を汲み取ってくれるかなぁと信じています。

公式サイトの開発日誌から、他社の大ヒット作「グランツーリスモ」を意識していることがヒシヒシと伝わってきます。

その熱意は本物です。

シリーズの恒例だった毎年発売を辞め、開発に2倍の時間をかけて技術とセンスを結集。

美しい景色を、カッコいい車で、カッコいい音楽にのせて走る。ただそれだけを追及しました。

「グランツーリスモ2」(本作の1年後発売)のような圧倒的な量的進化とは違う、シリーズならではの切り口で真っ向勝負。

GTが車好きのためのゲームなら、リッジはゲーム好きのためのゲームといえます。

 

宣伝文句は「使用できる車は300種以上!」とグランツーリスモを意識した誇大広告です。

チーム(カラー)の違い、チューンナップによる同一車種が含まれるので実際は44種類。

 

REAL RACING ROOTS ’99

リアルなレーサー人生を描くストーリーモード「REAL RACING ROOTS ’99」。

前作「レイジ」のグランプリモードに、ストーリー展開を追加しました。

所属チームを4つのチームから選択し、ツアーを戦い抜きます。

 

コンセプトは「人それぞれのレーサー人生」

それぞれの問題を抱えた4チームのオーナーがプレイヤー(主人公)の走りに影響を受け、徐々に状況が変わる物語。

エンディングはチームごとのエピローグが流れ、ストーリー幕引き後の余韻にひたる至福の時間が味わえます。

 

予選の順位に応じてオーナーのリアクションが変化し、チームから与えられる車も変わります。

成績が良いと新車を与えられ、成績が悪いと現行車のチューンアップで済まされてガッカリ。
ただ、新車になると他チームも新車を投入するので難易度が上がります。

 

4チームを紹介します。

 

■「MMM」 (MICRO MOUSE MAPPY)

MMMオーナーは24歳の女性、ソフィ・シュバリエ。

レースについては素人で、走りやチューンは監督ドナルドに任せっきり。

でも実はレースに思い入れがあり、主人公とスタッフに引っ張られて成長していきます。

 

■「PRC」 (PAC RACING CLUB)

今シーズンから参戦する新チーム、PRCオーナーは矢崎信次。

最初こそとっつきにくい態度だけど、主人公の走りを見て変化していきます。
RTSオーナーの息子と面識があるらしい。

永瀬麗子の小イベントあり。

 

■「DRT」(DIG RACING TEAM)

DRTオーナーは弱気の中年、ロバート・クリスマン。

この冴えない男が、主人公の走りを見て自信と勇気を得る物語。

難易度は最高。
弱小チームなので、自車の性能はどれをとっても他車に劣ります。
ノーミスでようやく追いつけるぐらいのペースでトップのライバルがぶっちぎる。

厳しい戦いになります。

 

「RTS」 (RACING TEAM SOLVALOU)

RTSオーナーはエンキ・ジルベルト。

強豪チームだけありプライドが高く、ドライバーに対する口調も厳しい。
PRCとは因縁がある模様。

 

デビルカー紹介

最後に、シリーズおなじみのトンデモ車「デビルカー」を紹介します。

■デビルカーの入手条件

クリア後の「エクストラトライアル」でデビルカーと対決して勝利する。

 

「ユートピア」

これアレでしょ?砂漠とかで最高速狙うやつでしょ?

見た目ほぼロケットなマシンで街中を走ります。
3750馬力ジェットエンジン。最高速399km/h。

オーバルだとちょうどいい旋回性能で意外と乗りやすい。

 

「エキュルイユ」

軽自動車な見た目で排気量500cc。
しかし中身は500馬力、重量350kgのトンデモ車です。

ギア1段のみで時速300km。
操作感は、車というよりめちゃくちゃ速い自転車。

 

「ナイトメア」

熱核融合炉というガンダムも真っ青なエンジンを積み、総合性能は間違いなく最強。
てかデビルカーで唯一、まともに走れる車です。

ナイトメア戦はエクストラトライアル最難関。
先行すると全くペースを緩めません。コーナー2つで目の前から消えます。

最初のコーナーから鬼ブロックで1周目を耐えれば、2周目以降なぜかペースが落ちるのでなんとか勝てます。

こちらが乗るリザード最上級車No#10「レックレス」が扱いづらいのもツラいところ。
曲がらず、ドリフトするとキュルキュル滑って止まらない。1ミスが致命的です。

 

「ヴルカーノ」

対消滅反重力エンジンという別の銀河にでも行けそうな動力で走ります。

タイヤが無いのにドリフトしたりエンジン音が「キューン」だったり色々おかしい。

挙動がピーキーで乗りにくいです。
急加速すぎ、クイック挙動すぎ。

 

まとめ

ナムコの本気を体感できる傑作です。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, PS1

執筆者:

関連記事

no image

スーパーロボット大戦α外伝【攻略/評価】ガチ難度のスパロボを楽しむならコレ!

どうも!前作「α」から約2年後、続編「α外伝」をプレイしたヤギです。 本記事では、悪戦苦闘しながらハードルートクリアした感想をふまえて、 「前作から何が変わった?」 「難しいって聞くけど実際どうなの? …

no image

リッジレーサーズ2【感想/評価】リッジの集大成が携帯機で遊べる贅沢

もくじ1 リッジレーサーズ2ってどんなゲーム?1.1 リッジシリーズの集大成1.2 BGM1.3 挙動が原点回帰1.4 ワールドツアーズ2 まとめ リッジレーサーズ2ってどんなゲーム? リッジシリーズ …

no image

ガンダム・ザ・バトルマスター2【攻略/評価】ロボ・ドット絵好きには一度体験してほしい

「オーヴァーヒーティング!」 ということで、ガンダム2D格ゲーの隠れた名作をプレイしました。 想像をはるかに超える面白さだったので、本作の魅力と各機体の簡単な攻略を紹介します。 もくじ1 ガンダム2D …

鉄拳2【攻略/感想】鉄拳史上最強キャラで遊べる

鉄拳史上最強キャラは誰かご存知ですか? 鉄拳2に登場するキャラ25人の中に、ぶっちぎり史上最強キャラがいます。 まず鉄拳2について紹介した後、史上最強キャラを友人にぶつけた様子をお伝えします。 当記事 …

ニードフォースピードヒート【評価/攻略】懐かしい悔しさと熱さで頭がヒート

ペイバック以来、待望の最新作。 ですがこの作品、あまり評判を聞きませんよね。 「2015」から3作連続でレビューを書いた僕も、存在を忘れていました。 まず何が売りの作品なのかわからない。 わかるのは「 …