ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS4

バットマンアーカムナイト【評価/攻略】バットモービルから真エンディングまで 考えられることは全て詰め込んだ超大作

投稿日:2018-05-19 更新日:





発売当時「PS4を買ったらまず最初にプレイするのはコレ!」と思っていた作品。

バットマンをモチーフにしたオープンワールド。2015/7/16発売。
圧倒的な完成度の高さでキャラゲーの常識を覆した「アーカムシリーズ」最終作。開発は名作「アーカムシティ」のロックステディなので期待は高まる。



はじめに

アーカムシリーズ最終作

新世代ハード専用(PS4/Xbox One/steam)になり、グラフィックが大幅パワーアップ。

ネオンに照らされた街並み、高層ビル、複雑な地形。道路は車や一般人(犯罪者)が行き交う。ハイスピードで飛び回っても遠景まで安定したフレームレートで表示されるのは驚く。

 

前々2作、「アーカムアサイラム」「バットマン アーカムシティ」はバイオショックみたいなレトロ感ある美術が印象的だった。
本作はレトロ感も残しつつ全体的にメカメカしい。

 

考えられることは全て詰め込んだ

できること、考えられることを全て詰め込んだ、ゴージャスな作品。

ギミックが追加されたコンバット&プレデター。モービルを絡めた謎解き。
これ以上「こんなことしたいなー」という要素が思い浮かばない。

 

マップの広さは前々作「アーカムシティー」の5倍らしい。

メインだけ追ってもプレイ時間15時間超え。
さらにリドラー、ペンギン、トゥーフェイス、ファイアフライなど有名ヴィランを追う山のようなサイドミッション。
サイド1つ1つの描写こそ薄めだが、コンプを目指すと50時間はかかる大ボリューム。

戦闘の経験値は微々たるものなのでメインだけ進めるとほとんど強化できないが、サイドミッションをこなすと大量の経験値が貰える。
メインにはボス戦らしいボス戦が無いし、サイドを並行して進めた方が楽しめる。

 

2人のキャラを切り替えて戦うパート追加。
テイクダウンを多く使える以外、特に意味はないけど豪華。

 

なんか変な協力パートもある。
失敗すると1発ゲームオーバーで長いロード画面になるため印象は悪い。

 

捜査パートはカメラ映像を巻き戻したり拡大したりで名探偵のような気分になる。めちゃ簡単だけど。

 

進化したアクション

ゲーム開始時のバットマンは動きにキレがない。「次世代機でよくあるモーションがリアルになってモサくなるやつか」とため息が出かけたが、この後すぐ投入される新スーツの性能を引き立てる演出だった。

 

新スーツ装備で全性能がパワーアップ!
便利なアクションが追加され、動きもキレキレに。

「モービルから飛び出す→グライド中に次のグラップを予約→グラップブースト」
といった具合にスムーズにアクションをつなげることが可能。

高所から落下中にモービルを呼ぶとかっこ良く搭乗。逃走車にぶつかったと思ったらいつの間にか爆弾を仕込んでたり。
どこまで凝ってるんだこのゲーム。

 

戦闘もできることが多い。多すぎて書ききれない。

一応、相手がどんな奴らでも「ローリング・攻撃を繰り返し→ゲージ溜まったらテイクダウン」でクリアは可能。
ただ、アーマー野郎はちゃんと割り込んでくるし、刀野郎は攻撃マークの見えない位置から飛んでくる上、振りが早くてカウンターが難しい。ローリング連発でフルコンボできるほど甘くない。

 

夢の乗り物「バットモービル」

男の願望を詰め込んだような夢の乗り物。
やりたいことは何でもできる。出番が多すぎて賛否両論のバットモービルだが、最初は「よくこんなの作ったなー」と感動する。

 

リモート操作で協力する場面が多い。パートナーキャラのような活躍をみせる。

 

現実離れした乗り味。
接地感がないので四輪というよりホバー。ドリフトでやたら小回りが効く。ぶつかってもノーダメ。トンネルでは天井まで張り付く。
ワンボタンで無双シリーズの馬のようにどこからともなくかっ飛んでくる。

装甲は何でできているのか、何馬力でどんなシステムならこんな芸当ができるのか。細かいことは抜きの超性能。

 

バットマンの空中移動と違い、目の前全てを蹂躙して突き進むのが醍醐味。
柱や角にぶつかると地形をえぐっていく。コンクリートがまるで豆腐のよう。
エンジンの重低音、戦車ゲーのような発砲音も気持ちいい。

乗ってる間は画面上にルートが表示されるので目的地に行くのも楽。ただ荒れ地はルートから除外されるので、ナビに従うとかなり遠回り。

 

戦闘モードの挙動は四輪車とは全く別物。
左スティックで平行移動、右スティックで旋回。

2種類の形態を駆使する複雑な操作は一通りクリアした今でも戸惑う。バットマンと交互に操作することも多いので余計に混乱。

通常のアクセルと戦闘モードの射撃が同じボタン(R2)なのはどうかと思う。「戦闘→通常に戻して加速」ってときに発砲して格好悪い。

 

バットモービルには色んな使い方がある。

 

活躍しすぎ?

デモシーンではあれだけ黒光りして重量感があるのに戦闘中は安いラジコンみたいな操作感。
戦闘時は射線が見えるシステムと敵のチープさが相まってオモチャ感が凄い。

謎解きはバットマンとモービルの協力が必須で、グラップできないトンネルのような場所はモービルに乗るしかない。半強制的に乗る場面が多いのが「やらされてる感」につながっている。

 

後半は正面からの攻撃が効かないタンク、無敵の削岩機から逃げる展開が多い。

敵タンクはプレデターの人間よりはるかに手強い。いやらしいほど視界が広く、ちゃんと死角をカバーし合う。攻撃を1発食らうと3割減る大ダメージ。
この敵タンクの手強さこそ、主人公はバットモービルといわれる所以。

積極的に攻撃できないからストレスが溜まる上、詰み状況から長いロードの繰り返しになるため印象が悪い。

 

初見殺しの1ミス即死が続く削岩機は心折れかけた。
ボス戦はダメージを与えた状態でリスタートなのでご安心を。最初からリスタートなら投げてたかも。

 

正面が弱点なのに正面へ圧倒的な火力を持つボスタンク。狭い路地をグルグル回って射線を切るのがコツ。

 

ボスタンクといえばこの作品:【コンバットチョロQ】

 

気になること

要素の多いゲームでありがちな難点

無理でしょこれ。
ボタンフル活用。使用頻度の高い操作は自然と慣れるが、最初は途方に暮れるややこしさ。

 

多数のガジェットを「使わされてる」感。

新ガジェットのボイスチェンジャーをしつこく使わされる一方、シリーズおなじみのリモートバットラング、ラインランチャーの出番はほぼ1回。

前作までは1つの系統を「入門→応用」と掘り下げていたが、本作では山盛りの新要素を消化するため延々と入門レベルが続く。
そのため1つ1つのガジェットを使いこなす面白味がない。終始チュートリアルをやってるような気分。

 

乱戦「コンバット」はできることが多すぎて逆に色々使う気が失せた。

後半は敵も次々と新装備を投入してくるので「もうバットマンも銃使えばいいのに」と思ってしまう。てか普通にバットモービルの大砲で撃ってるし。

 

ステルス戦「プレデター」は地形が複雑すぎて状況の把握が面倒。
捜査モードだと高低差がわかりにくいのは、今まで捜査モード1択だったからあえての仕様か。

終盤でもゴリ押しが効くようなひねりの無い構成なので「ダイブキック→テイクダウン→上空へ」の繰り返しで終わりがち。

 

プレデター最強の敵、セントリーガン。

 

いまいち入り込めないストーリー

多くのヴィランをサブミッションに回してメインの登場人物を絞ったことでストーリーは綺麗にまとまっている。

しかしバットマンのアイデアとガジェットの力で進行するので、プレイヤーがおつかいを担当するだけの傍観者になってしまう。
そのため目的とプレイ内容がいまいちシンクロせず、何のために何をやってるのかすぐ忘れる。

 

「あれ、何のために飛行船を傾けてるんだっけ?」みたいな。

 

幻覚や他キャラ視点になる演出も相まってプレイヤーは外野に追いやられる。

 

街を守るために戦ってる実感が無い。
ネオンが浮かぶ現実感がない風景。さらに街全体がガスに包まれ、巨大な植物が生えてきたりでもうめちゃくちゃ。

 

新ヴィラン「アーカムナイト」は物語を引っ張る魅力がある。サイボーグ忍者のような見た目と軍隊を率いる強大な力。
しかし喋ると小物っぽい。正体も……

 

バットマンが最後にとる行動とは?ナイトフォール作戦とは?

真エンディングは全ミッションクリアが条件。条件にリドル全収集を含む鬼仕様。
自分の場合、クリアしたのにリドルは243個中5個しか持ってない。先は長い。

 

その他

ローカライズが雑。
会話がたまに意味不明。字幕を一気に出しすぎ。

 

ハッキングの文字列が直訳すぎて笑う。

 

リトライのロードがシリーズ最高に長い。煽りデモはやっぱりカット不可。

 

リドラーのミッションはストレスが溜まる上に「猿でもクリアできるぞ!」とめっちゃ煽ってくる。

 

女性の顔が相変わらず。むしろアーカムシティより悪化してるのでは。
本作とは関係ないけど映画「スーサイド・スクワッド」のハーレーは可愛いから期待してたのに。

 

ブスは寝てろ!

 

バーバラも可愛くねぇー助ける気にならねぇ~

 

おわりに

こんな化物みたいな大作なのに国内の年内売上たったの8万本(PS4)。

同時期発売の「戦国BASARA4皇(PS3)」といい勝負。

そりゃローカライズも雑になるわ。

 

シリーズ二作目の前々作:【バットマン アーカムシティ】
ベルトスクロールの名作:【バットマンリターンズ】







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4
-

執筆者:

関連記事

【パワーストーン】攻略/感想/評価:スマブラと同時期にして似たコンセプトを持つ

発売当時はスルーしたけど気になっていた作品。今も昔も対戦相手がいない。 続編→【パワーストーン2】 もくじ1 パワーストーンとは1.1 「だれでもできる!なんでもできる!」1.2 石取りゲー2 ラスボ …

【バイオハザード RE:2】レビュー/評価(5):リメイクの4thサバイバー(ハンク編)&豆腐サバイバーに挑戦

リメイクの「4thサバイバー」をクリアしたー! オリジナル版「2」のオマケゲーム「The 4th suviver」「The豆腐Survivor」がリメイクにも登場。 システムや攻略ルートといったゲーム …

【ガーディアンヒーローズ】レビュー/評価/攻略:友達1人では足りない

もくじ1 はじめに1.1 ベルトスクロール+格ゲー2 ストーリーモード3 VSモード4 おわりに はじめに ベルトスクロール+格ゲー 知る人ぞ知るアクションRPG。通称「ガーヒー」。 「ワーヒー」(ワ …

イレギュラーハンターX【レビュー/評価/攻略】良作リメイクに新主人公とOVA付きで満腹

良作なのに知名度が低い。自分も数年前まで存在を知らなかった。    ヤギゲームブログ ロックマンXシリーズのおすすめ作品ランキング【最高傑作を決める】http://yag …

【スーパーボンバーマン4】レビュー/評価/攻略:過激な新要素でマンネリ打破

もくじ1 はじめに1.1 新要素2 ノーマルモードは簡単・ボリューム不足3 バトルモードはより過激に3.1 2つの新モード4 おわりに はじめに 1996/4/26 発売。SFC末期ということでマンネ …