yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★★★★ アクション PS4

【ライズ オブ ザ トゥームレイダー】レビュー/評価/感想:前作から正統進化 DLC全部入りでボリューム満点

投稿日:2017-12-25 更新日:





シリーズをリブートした前作「Tomb Raider」(2013年)の続編。シリーズ第11作目。
2016年発売のPS4版はシリーズ20周年記念盤「20 Year Celebration」。後発なのでDLC・追加コンテンツ全部入りの完全版。

前作→【トゥームレイダー (2013)】

ライズ オブ ザ トゥームレイダーとは

人気シリーズ最新作


考古学者兼トレジャーハンター「ララ・クロフト」の冒険を描く三人称視点のアクションアドベンチャー。
初代「Tomb Raider」(1996年、SS、PS)から続くシリーズ最新作。ちなみにトゥームレイダーとは「墓荒らし」って意味らしい。


近年の大作ゲームのトレンドを押さえた安定の仕上がり。
好評だった前作の設定・システムを受け継ぎ、「狩り」など様々な要素を追加して進化。
シビアなアクションや謎解きが無いので遊びやすい。その上で歯ごたえはしっかり感じる。前作の不満点、QTEがほぼ無くなったのも◯。


ララは考古学者でもある。遺物を発見すると経験値や言語スキルを獲得。
様々な言語で書かれた壁画やモノリスを翻訳できるようになり財宝の場所がわかる。


「いやぁーん」「えーい」とか言いながら脳天にピッケルを突き刺すララ。おまわりさん、この人です!


時代とともに移り変わる主人公ララのビジュアル。
今回の整形、もとい顔モデルはなかなか良いんじゃないだろうか。タレ目になって女性らしさが増したような。表情豊かに顔で感情を語る。


光と角度によってはスタローンみたい。


30種類のコスチュームが使える。見た目だけでなく付与効果が異なる。


帽子コスがお気に入り。


クリアするとこんなのも使える。


山ほどある遺物から設定を読み解くのも楽しみのひとつ。
中には謎解きが隠されているものがある。角度やズームを変えることで謎が解ける。


ストーリーには関係ない「オプショナル・トゥーム」という謎解きマップが隠されてる。数は前作5個から9個に増量。
クリアすると「エンシェントアビリティ」をゲット。便利なスキルなのでなるべく早い段階でクリアした方が攻略に役立つ。
というかクリア後、一気にやる気がなくなるのでその場で挑む方が良い。


フィールドは箱庭形式。ストーリーが進むとエリアが解放される。一度訪れたベースキャンプはファストトラベルで移動可能。
特定の装備がないと行けない場所は装備入手後に戻って攻略できる。取り逃しても安心。

ストーリー


寄り道しても10時間ぐらい。短めだけど箱庭ゲーとしては普通。
自由に操作してる時間が長いし中だるみも無い。「十分楽しんだしそろそろフィニッシュしたいなー」というタイミングで終わってくれた印象。


怪しい草の煙を吸って幻覚に迷い込んだり、


終盤は1人で不死軍団と戦う。


「デモ→キャンプで準備→次のフィールドへ」の繰り返し。
ララ1人の視点で展開し、他キャラの描写が浅い。どんなときもララの超人的な能力で状況を打破する展開。
ララ以外の描写を濃くしたら「ララクロフトの大冒険」的な雰囲気が削がれるかもしれない。ストーリーに変化をつけにくいのはシリーズ自体が抱えるジレンマ。

よく比較される「アンチャーテッド4」は、トレジャーハンター業を引退するかどうか悩むネイト、妻エレナ、兄サム、仲間のサリーなど、それぞれのドラマが絡む。それに比べると単調さを感じる。

こちらはゲーム内容が単調→【アンチャーテッド4】


前作は「孤島からの脱出」というわかりやすい目的があったが、今回の冒険は趣味に近い。
危険いっぱいだけど危機感が薄い。こんだけノリノリで危険に突っ込んでいけばそりゃそうなるだろう、みたいな。


本作のヒロイン「ジョナ」。
終始ララをサポートする心やさしいオッサン。ヘリで誘拐されたり、生死の境をさまよったり、うーん誰得。

アクション


クライミングあり、ステルスあり、バトルあり。
難易度は6段階。ゲーム中いつでも変更できる。(上位3つ以外)

操作にクセがあるので慣れるまではイラつくかも。
・飛びつく方向がわかりづらい。
・照準とカメラに遅延があるのかエイムが難しい。これでもアプデで直ってるらしい。
・カバーアクションが独特なモーションで操作しづらい。どこに向かってどの方向に張り付くのか混乱。


シリーズおなじみ、地形を活かした大掛かりでバリエーション豊かなパルクール&クライミング。
タッタッタっとリズムよく爽快。ストーリーが進むにつれてできることが増えていく。
操作をミスると即死だが、リトライのロードが一瞬なので繰り返し谷底へ落ちてもストレスはない。


フィールド全体がアスレチックの遊び場みたい。何年か前に行った「フォレストアドベンチャー」を思い出す。


道に迷ったらとにかくR3を押すべし。迷ってなくても押すべし。
「インスティンクト」でアイテムやギミックが表示される。ゲームに慣れるほど常に押すようになるので親指がダルい。押し込みじゃなくワンボタンにしてくれ。


武器は、弓、ハンドガン、ライフル、ショットガン。
銃のサイレンサーがないので弓が重宝する。どんな状況もこれ一本。カスタムが進めば炎、爆発、毒矢をその場で作成できる。


序盤から使える毒矢が強い。盾持ちの重装兵も一発。クラフトにキノコが必要だが数は十分。


近接攻撃はピッケルのみ。ピッケルにはこんな使い方もあったのかーと感心する。


ステルスが楽しい。難易度ノーマルならゴリ押しでもなんとかなる。


銃撃戦以外の手段が多い。オブジェクトを投げておびき寄せたり、1秒足らずで酒瓶で火炎瓶、缶詰で爆弾を作成。
アンチャは銃撃戦が単調でちょっと・・・という人にもオススメ。


ただ終盤はひたすらドンパチが続く。テロリストを1人で壊滅させる考古学者。

成長要素


「狩り」による素材集めと装備のカスタム要素が加わった。
地形にも羽根、鉱石、キノコ、などが点在。見渡せば必ず何かが見つかるぐらい頻繁に仕込んである。
クラフトしたり、武器をアップグレードしたり、RPGのように成長を楽しめる。


エイム力の無いプレイヤーをあざ笑うかのように素早い動きで接近してガブり。野生動物の恐ろしさを体感できる。

アップグレードが全体的にマイルド調整。せっかく装備を整えても恩恵を感じない。
前半こそできることが多くて楽しいが、次第にどのスキルを取ってもプレイスタイルに大きな影響はなく、アイテムはあり余るのでわざわざ狩りをする必要もないことに気づく。

前作の武器はカテゴリごとに1種類だったが本作は複数。アップグレードもこれでもかというぐらい多い。
しかし結局どれを使っても大差ない。攻撃力が高いものを選べば良い。

ショップで装備を買ったりトゥームで特別なスキルを習得できるが、どれもプレイに大きな影響を与えるほどのものではない。
例えば大金つぎ込んで銃にグレネードをつけてもグレネード矢があるので使わない。

逆にいうと誰でも好きなようにプレイできるカジュアルな作り。
ゲームを進めるほど「できること」の種類が増えるので、強くなってる感はある。


スキルは3カテゴリ。
・ファイター(戦闘強化、ダメージ軽減など)
・ハンター(主に弓)
・サバイバー(クラフト、探索)
これが無いとツラい、みたいなのは特に無いので好きなものを取ればいい。


店主を倒して全部奪っちまえばいいのでは。

 

ザックリとした本編の感想


冒頭の雪山から危険度クライマックス!
雪の深さに幅があり、新雪を踏んだときの「ムギムギ」「サクサク」みたいな感触が気持ちいい。
キャラのリアクションや震えがリアルで、こちらまで寒くなる。ララは雪山に挑むにしては軽装すぎじゃね?


ジョナに2人分の荷物を持たせてるのが気になる。


ララがヤンチャすぎて相方の負担が半端じゃない。ピッケル一本で2人分の体重を支えるハメに。
装備重量と合わせて170kg以上はありそう。こんなこと本当に可能なのだろうか。


ララを裏切ったオッサン。この後すぐ頭を撃ち抜かれる。すぐ車を止めて逃げればいいのに。


ジルとララはやっぱ尻でしょ!尻!


水中に引きずりこんでステルスキル!
テロリスト達も家族を人質にとられて仕方なくやってるかもしれないんだよな・・・


ナイフも手に入れて鬼に金棒。てかこの敵、TPPのスカルズじゃね?

80時間ハマった→【MGSV:TPP】


その戦闘能力は1個小隊(40人)以上に相当。1人でテロリストを壊滅。


ララが通った後はペンペン草ひとつ生えない。


味方のキャンプに案内された後、すぐ目の前で盗みをはたらく。


せっかく感動の再開を果たしたのにさっそくこき使われるジョナ。


不死っていうからビビってたけど普通に倒せるのね。


全くためらうことなくトドメを刺すぜ。ジョナのカタキ!(死んでない)


てっきりジョナを助けるために不死の力を使うかどうか迷う展開かと思ったら、途中出会ったイケメンの心配をしていた。ララ・・・。

 

やり込み要素


クリアデータをロードするとエピローグっぽく自由行動が始まる。手が込んでるなー。

今作はマルチを削った分、シングルプレイが充実。
前作はリプレイ性が無いので、一度クリアしたらニューゲームでやり直すだけだった。


■探索カード
クリアしたエリアは「探索一覧」から自分で条件を設定して再挑戦できる。成績に応じてクレジット(ショップ用ビザンティン金貨とは別)、探索カードが貰える。
探索カードでプレイヤーや敵を弱体・強化したり武器を変更できる。強いメリット効果をつけるほどクリア時のスコアが減少。

DLC全部入り


■エンジュランスモード

いわゆるサバイバルモード。本編で腕を上げたプレイヤーが実力を存分に発揮できる、やり込み派に嬉しいモード。Co-op可能。

体力の自然回復、マップ無し。自分の方向感覚だけが頼り。
帰還用ヘリを呼ぶタイミングでスコアが変わる。どこまで攻めたプレイをするかが悩みどころ。


「空腹度、体温」の概念を追加。左上のアイコンに注目。どちらも時間と共に減少し、除々に体の自由が利かなくなる。尽きると問答無用でゲームオーバー。アイテムや経験値などはリセット。
昼夜と気候が刻々と変化。夜や吹雪では体温が早く減り、視界が悪いので食料や遺跡の発見も困難になる。


・暖を取る :木を消費してベースキャンプで焚き木。ランタンを携帯。
・空腹を満たす :動植物を狩る、敵の食糧を奪って食う。危険な動物ほど回復量が大きい。



■冷酷な闇の目覚め
ソ連研究所の化学兵器を発見し、毒ガスの発生を止めて脱出。科学兵器の影響か敵がゾンビ化。攻撃力が高く素早い。
人質救出などチャレンジも多くてかなり遊べる。「探索一覧」からプレイ可能。


独立したマップには3か所の研究塔がある。協力者のヒントで毒ガス発生システムを操作。

 


■バーバ・ヤーガ: 魔女の住み処
行方不明になったナディアの祖父を探す。本編マップ「ソ連の基地」から呪いの谷へ。
本編より大仕掛けのパズル。1時間悩んだあげく投げ出しそうになった。

 


■一族の系譜:ナイトメア
クロフト邸に押し寄せるゾンビを撃退。バイオハザードっぽい雰囲気。
やはり攻撃力が高いので3発でやられる。室内は狭いので囲まれると逃げ切れない。確実なエイムと背後をとられない立ち回りが必要。乱闘状態だった本編とは違う面白さ。

 


■一族の系譜(PS VR対応)
ララが幼少期を過ごした邸宅が舞台。隠された謎を解き明かす。探索のみでバトルはない。
これまたバイオを思わせる雰囲気と謎解き。大自然が舞台の本編にはなかったシチュエーションを用意してくれたのが嬉しい。

 

まとめ

「休日にガッツリやってクリア。その後も空いた時間にチビチビ遊べる」ゲームが欲しい人にオススメ。本編は短いがその分リプレー性がある。完全版に入っているDLCは遊びがいがあってやり込める。
どうやってもなんとかなってしまう優等生すぎるゲームバランスが少々物足りないが、万人向けの傑作なのは確か。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★★★★, アクション, PS4

執筆者:

関連記事

【ロックマンX】攻略/感想/評価:シリアス&スタイリッシュ 生まれ変わったロックマン

小学生のとき友達に借りてプレイした覚えがある。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 ロックマンXとは2 最速ルートでサクサク攻略2.1 アイシー・ペンギーゴ2.2 ストーム・イーグリード2.3 バーニン・ …

【サイレントヒル 】攻略/感想/レビュー:バイオとは似て非なる「静的」ホラー

もくじ1 サイレントヒルとは1.1 あらすじ2 攻略2.1 スタート~2.2 MidwichElementarySchool(学校)2.3 ALCHEMILLA HOSPITAL(病院)2.4 ~下水 …

【アーマードコア PP】攻略/感想/評価:ぶっ壊れフィンガーでファンタズマ撃破

アーマードコア プロジェクトファンタズマ。通称「ACPP」。 PS三部作 【アーマードコア】 【アーマードコア MoA】 もくじ1 ACPPとは2 新パーツ3 アリーナ3.1 苦戦した敵4 ミッション …

【バーチャファイター2】攻略/感想/評価:最高に格好良いカクカクポリゴン

もはや説明不要の社会現象を巻き起こした大ヒット作。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 バーチャ2とは2 サターンの性能とVF2移植3 CPU戦攻略4 おわりに バーチャ2とは ゲーム史上最高に格好良いグ …

【ディノクライシス】攻略/感想/レビュー:バイオを超えるサバイバルホラー 最大の敵はガチパズル

もくじ1 意欲的なシステム2 本作ならではの要素3 シンプル3.1 武器は3種類3.2 恐竜は5種類3.3 ステージは研究施設のみ4 強力な敵&謎解き4.1 ザコが大型肉食獣4.2 謎解きが面倒5 ま …