ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

スマホ Steam PS4 gems of war

Gems of War【感想/評価】一日中ブロックを3つ並べる作業に没頭する現状に危機を感じる

投稿日:2020-09-09 更新日:






毎朝の日課で、いつものようにSteamのストアを見ていると、1つのゲームが目にとまりました。

例のエロパズルで慣れ親しんだ3マッチパズルで、男の子はみんな大好きなトレーディングカードゲーム、そして無料。

これはそそられます。
まあ無料だし試しにやってみるかと、さっそくインストールしてプレイ開始。

結論からいうと、ドハマリしました。

わずか3日で20時間以上、2週間で75時間プレイした僕が本作の魅力を紹介します。

当記事を読めば、本作がいかに危険かわかるはず。
危険な一歩を踏み出す前にぜひご一読を。

 

130時間遊んだ結果↓




Gems of Warってどんなゲーム?

「gems of war」は3マッチパズル・トレーディングカード・RPG。

かの有名な「パズルクエスト」のクリエイターが作ったとのこと。

 

基本無料で、他プレイヤーとつながるソーシャル要素、ログインボーナスや課金要素あり。
いわゆるソシャゲなゲームデザインです。

スマホ、Steam、PS4でプレイ可能。
コントローラー操作は面倒なのでスマホかSteam版が良いと思います。

日本語未対応がネック
カードの名前や、スキルの効果が頭に入らないので最初はツラいです。

でもまあ、慣れたら大丈夫。
やっていればそのうち必要な情報が絞れるようになるので、一部の単語と数字で理解できます。

ストーリーの台詞も全然読めないけど大丈夫。どうせスキップするので。

 

Gems of Warの魅力

gems of warの魅力をざっくりいうと、

・これ以上ないほどの簡単ルールで遊べる
・やり込み要素が底なし沼

簡単ルールでひたすら対戦をこなし、カードガチャを引く。
この繰り返しが延々と、底なしに続きます。

いわゆるソシャゲだけど、据え置き機でじっくり遊べるほど内容が充実しています。

こっちで詰まったらアレやって次はコレやって…とやることが尽きません。

課金要素は沢山あるけど、やること多すぎて課金するヒマが無いのでご安心ください。
時間経過や課金によるスタミナ回復も無いので延々と遊べます。

 

カードイラストが良い感じ。収集欲をそそられます。
このクオリティで800種類近くある大ボリューム。アプデを積み重ね、現在も拡張中。

 

簡単に遊べる

ルールはおなじみの3マッチパズル。
ブロックを3つ並べて消すだけ。簡単です。

複雑なルールを覚えなくても遊べるので、「遊戯王みたいなトレーディングカードゲームは好きだけどルールを覚えるのが面倒だから遊べない…」って方も大丈夫。

■少し突っ込んだシステム紹介

・4個並べると再行動できる

・破壊した色は「マナ」として回収され、マナが一定量溜まるとカードごとの必殺技「スペル」が使える

・デッキは4枚で構成。控えは使わない

・マナは前順のカードから補給される
好きなカードを4枚並べるだけでは、後ろのカードにマナが回りません。
マナ補給の相性を考慮したデッキ編成が重要です。

 

6色ブロックなので、エロパズルでおなじみの4色に比べると連鎖が発生しにくいです。
なので、パズルゲーの力量よりデッキの方が重要。

デッキ・戦術が上手くハマれば、ブロックを動かさずとも延々と攻撃できます。
実際、僕はパズルゲーをプレイしている実感が無いです。テキトーにマナを溜め、スペル連発して終了。倒しきれなければカウンター食らって敗色濃厚なのでリトライ。そんな感じ。

詳しい攻略情報を知りたい方は、steamのガイドがオススメ。
ここを見て、僕が攻略を書く必要はないと判断しました。

 

やり込み要素が底なし沼

やり込み要素が「沼」です。

やり込みがいがある、なんて言葉では生ぬるい。底なし沼みたいなゲームです。

カードはガチャで入手。育成要素も多く、底が見えないほど深い。

ゲームを始めると、なんだかアクセス出来る場所が多くて戸惑います。
ストーリー、PVP※、イベント…何が何やら。

(※相手はCPU操作の疑似PVP。本作は運・相性・瞬殺ゲーなので、たぶんガチ対人戦には不向き)

主人公のジョブ、キングダムレベル、他色々ありすぎてとても紹介しきれません。詳しく知りたい方はやはりsteamのガイドがオススメです。

末期のソシャゲみたいに、いきなりトップクラスのキャラが手に入る的な近道はありません。
溜めた素材や各種ランクなど、時間をかけて作った下地が後々効いてくる仕組みなのでじっくりやるしかない。

とにかく、長ーく遊べるのは確か。
並の社会人ならこれ一本で1年遊べるでしょう。

 

Gems of Warの難点

ソシャゲの、まるで底なし沼にハマったような中毒性を持つゲーム。
非常に良く出来ており、面白いです。

その魅力と難点は表裏一体。

・ひたすら続く作業プレイ

・渋いガチャ

これは魅力であり難点ともいえます。

沼のようなやり込み要素により、トップ環境で戦うにはプレイ時間・100時間では足りない。1000時間は必要と見た。

膨大な時間を費やす覚悟がない場合は、最初から手を出さないか、ほどほどに遊んで撤退した方が良いかもしれません。
1000時間もあれば、並のRPGなら50本クリアできるし…

 

ストーリーの他にも山ほどやることがあります。結局、全て3マッチパズルだけど。
僕はこのミニゲームばかりやってます。マジで時間溶ける。

 

ひたすら続く作業プレイ

課金しないと勝てない、ってことはありません。
むしろ勝てすぎるのでひたすら作業プレイが続きます。

ハマるデッキ・戦術さえ見つけたら、あとは連戦連勝。
「やってもやっても終わんねー」と思いながら作業的に勝ち続けるのみ。

 

ただ、ゲームの進行スピードはガチャの引き次第です。
スムーズに勝つには、強カードの強スペルが必要なので。

自分のカード強化は頭打ちなのに敵はどんどん強くなり、基礎ステータスで2、3倍の差がつくのが当たり前。
よって正面から互角に撃ち合うと苦戦します。

僕はLV70で壁を感じました。
勝てるには勝てるけど、何度もリトライした上の辛勝でツラい。

そんなとき、ガチャで出た準最高レア「King Bloodhammer」のおかげで壁を突破しました。
コイツがいなかったら今頃どうなっていたのか…ガチャって恐い。

 

「King Bloodhammer」の力をもってしてもプレイ時間・75時間でLV170です。

ほぼ同じデッキ&戦術で、同じ作業の繰り返し。
まだまだクエストが盛り沢山で終わる気配なし。
トップ勢はLV1000超えらしいので先は長い。

あなたはこの作業プレイについてこれますか?

 

渋いガチャ

ガチャ排出率が渋い

色々な種類のガチャがあり、無課金でも色んなリソースを使って山ほど回せます。

僕はレアガチャを500回以上回しました。
しかし最高レア(水色)はゼロ。準最高(オレンジ色)は2枚だけ。

それもそのはず、準最高の排出率は0.5%=200回で1枚。
最高レアにいたってはなんと0.01%。10000回で1枚です。出なくて当然だ。

さらに貴重な、課金石に相当するリソースを使う高レアガチャでも準最高2%・最高0.1%。
リソースを全部突っ込んでも、高レアガチャを回せるのは75時間プレイして150回程度です。
なので期待値は準最高がたったの3枚。最高レアをガチャで入手するのはまず不可能です。

しかもカード総数が多いため、目当てのカードを引く率が低い。

一応、低レアカードでも戦えます。
ただ、レアリティによってレベル上限が設定されているため、低レアを使い続けるにはレアリティ上げが必須。

レアリティを上げるには同カードを何十枚も引く必要があります。
低い抽選率だから1枚引くのも大変なのに、複数引くのは至難の業。

「俺の最強デッキ」を見てニンマリできる日は遠いです。

 

このカード1枚入手するのに、いったい何百時間かかるんだ…

「soulforge」(LV100程度の進行度で解放)で目当てのカードが作れます。
これならガチャと違って天井が見える…かと思いきや、75時間プレイしたのに見たこともない素材を大量に求められるため、ガチャ以上に気が遠くなります。

 

まとめ:只より高いものはない

「只より高いものはない」の意味がわかりました。

ガチャも素材稼ぎも激渋で、底なし沼みたいな作業を強いられます。

マゾい作業で脳内麻薬がドバドバ出続けて、延々と遊べる。
時間を含めた、本作以外のものを全て失うという対価を支払いかけている気がします。

仕事などで忙しい方は、毎日コツコツな付き合い方ができるかもしれません。
でも僕は暇なので延々とプレイしてしまう。

仕事もせず、一日中ブロックを3つ並べる作業に没頭する現状に危機を感じました。

僕のような暇人はいったん冷静になり、いくらやっても攻略は進まない「ソシャゲ沼」に気づいてブレーキを踏む必要があります。

 

面白いことは保証します。

・難しいゲームは嫌
・カード集めとか好き
・とにかくヒマを潰したい。何かに没頭したい

そんな方はぜひ一度やってみてください。無料だから損はしません。
でもハマりすぎて何か大事なものを失うリスクはあります。

神エロゲーかと思えば今度は沼ゲー。
3マッチパズルには要注意ですな。








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-スマホ, Steam, PS4, gems of war

執筆者:

関連記事

サイコブレイク【評価/感想】ホラーというよりパズルゲー 見えない動けない

ディレクターはバイオハザード生みの親、三上真司氏。 そのため発売前は「真のバイオハザード」になると期待を集めた作品。   バイオハザードは一通りプレイ済。 「バイオ6」で本家バイオハザードが …

スーパーロボット大戦V【攻略/評価】エース機体でゴリ押し ヌルゲーは相変わらず

「T」発売前で盛り上がってることもあり、ふらっと立ち寄ったゲーム屋で衝動買い。 最後にプレイしたスパロボは「第2次Z 再世編」。 快適なシステムで感動したが、あまりのヌルゲー具合で萎えてしばらくシリー …

Enter The Gungeon【感想/評価】70時間ガンジョンに潜った感想

もくじ1 エンター ザ ガンジョンってどんなゲーム?1.1 ローグライク弾幕STGアクション1.2 難しい2 難点:銃の引きが悪いとダルい3 まとめ エンター ザ ガンジョンってどんなゲーム? ローグ …

Aegis Defenders【評価/攻略】探索型アクション+タワーディフェンス

19/08/19時点で、本編クリアのトロフィーが1.1%の超レア。 フリプでとりあえずDLしたけど手をつけていない方が多そうですね。 そこで、クリアした私ヤギが本作の面白さ、そもそもどういうゲームなの …

【ウルフェン:TOB】レビュー/評価/感想 :ナチ・オカルト・バイオハザート

「4つ数える、息を吸う。 4つ数える、息を吐く。」の人、再び。 前作→【ウルフェン:TNO】 もくじ1 ウルフェン:TOBとは2 攻略2.1 パート1「ルディ・イェーガーとオオカミの巣」2.2 パート …