yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★★★★ シュミレーション SS

【ドラゴンフォース】レビュー/評価/攻略:200体入り乱れるドット絵で癒される

投稿日:2017-07-30 更新日:





今回プレイしたのはPS2版。
PS2版で追加の書き下ろしイラストは良い感じ。ボイス、新規イベントも追加。

サターンの傑作SLG→【アドバンスド ワールド ウォー 千年帝国の興亡】

不思議な魅力

やってることは同じ作業の繰り返しなのに、なぜか何周プレイしても飽きない。不思議な魅力がある。


101対101人が入り乱れる戦闘画面は見ているだけで面白い。なんだか心が癒やされる気がする。

100人を超える個性豊かな武将にはそれぞれ因縁や背景があり、イベントがないような奴も独特のセリフで妙にキャラが立ってる。(顔グラは使い回しが多いけど)
壮大な世界観を感じるBGMも素晴らしい。城、砂漠、森、などシチュエーションによっても変化。発売当時にプレイしたときからサターンといえばドラゴンフォースのBGMを思い出すぐらい印象に残ってる。

ドラゴンフォースというタイトルには「ドラゴンクエストのようなヒット作を「Jフォース」(※ソフトハウス)から生み出したい」という意味があるらしい。
しかし制作中にJフォースは倒産。数ヶ月間、無給で働いていた主要スタッフから新規スタッフが引き継いで完成させたらしい。

移動ルート指定ができない、ソート、ページ送り機能が無い、など次作に期待することも多い。
続編「ドラゴンフォース2 神去りし大地に」は未プレイ。動画や評価をみる限り、一作目の華やかさが無くなっているような気が・・・。

 

レジェンドラ大陸制覇を目指す8国

8国(最初は6国)から好きな国を選べる。それぞれの国に個別シナリオがあり、立地や兵種にも特色がある。


・ハイランド
忠臣はロウを筆頭に基本性能が高くソニック系の技が強い。
しかし君主ウェインが弱い。武将技の2つ目「ハイパーストーム」が使いづらい。

・ムーンパレス
他の仲間になる武将も最弱兵科アーチャーが多い最弱国。
君主ティリスも打たれ弱すぎ。あっという間にゲームオーバーになる。
ある程度戦力を削ってから手柄を渡すような手間が必要。

・トリスタン
初心者におすすめの国。
君主ジュノーンが強すぎ。初期兵科が最強クラスのハーピー、高威力フレイムキャノン、メテオストーム、ソニックブレスト。何をやっても強い。
さらに侵攻されにくい立地。アイロス、キリコなど武将も優秀。

・イズモ
君主ミカヅキはジュノーン並に強い。基本性能が高く2つ目にソニックブレストを覚える。
武将もジュウベイを筆頭に頼りになる。
一見厳しい立地だが、戦闘に慣れると楽しい。3勢力がぶつかり合うミラケル城に陣取れるため漁夫の利を狙ったり。

・ボザック
君主が誰も仲間にならず、気分的には一番しんどい。
マニの「コールオブデス」+メイジの即死コンボが魅力。

・トパーズ
兵種、武将が微妙。立地は最悪。色んな意味でさっさとジュノーンを落としに行くべし。

・トラッドノア
レイナート無双。メテオストーム&メイジで倒せない相手はいない。
配下武将も強く、レイナートとウリルで大陸平定できる。

・ファンダリア
君主ゴルダークは基本能力が高いだけのウェインなので使いにくい。君主を倒しても仲間にならない。
しかしそれを補って余りある反則的に強い配下武将。どうせ裏切るとわかっていても、ギデオン、グレイス、ザド、サターナ、リスキーマでゴリ押しするのが楽しい。

 

攻略

内政

勲章授与、探索、築城、捕虜接見、情報閲覧などシンプル。
効率化するとピンポイントで勲章授与と探索を使うだけ。

・勲章
勝った武将に勲章を与えないと忠誠度が下がって離反する。

離反すると野に下り、そのうち他国に登用される。その武将を倒した手間がムダになってしまう。
しかし勲章を与えようにも、ソート、ページ送りが無いため面倒臭い。
そこで、戦闘に出す武将は忠臣(初期武将)に絞ると楽。仲間にした他君主配下の忠臣も離反しない。
野良武将は捨て駒に。

・アイテム
武将技の攻撃力と武将の防御力はキャラごとに固定。

例えば竜人のフレイムキャノンやレイナートのメテオストームが強力なのはステータスと無関係。
そのため、有効なアイテムは指揮系とアステア像だけ。
指揮(cmd)を上げると兵士の命中率アップ。アステア像でMPを増やすと必殺技の回数を増やせるので戦力に影響する。
攻撃力の影響は一騎打ちのみ。内政力は探索用だが、int70以上の武将は勝手に集まるので必要ない。

戦術

・追撃
プレイ時間を大幅短縮する最重要技。
攻城戦や防衛戦で勝った後、即出陣すると撤退中の敵を追撃できる。
追撃で仕留めきれなくても勝てば城にUターンしてくるので確実に倒せる。
さらに追撃側は徴兵できる上にMP回復しているので圧倒的に有利。

・陣形
「専攻の陣」で待機するだけ。
止まってる方が先制攻撃。この仕様の前には陣形補正など無意味。
攻めてくる相手を止まって待ち受けると同じ兵科でも10:0みたいな結果になる。
逆に敵が包囲や遊撃を使うと面倒。待機する相手には中央集合からソニックブレストなどで雪崩れ込んで揉みくちゃにして五分に持ち込む。


僧侶キャラのホーリーシールド、リザレクションはヤバい。
下手に突っ込むと全滅もありえる。ホーリーシールドは射程外で待つ。リザレクションは武将技で直接本体を攻撃するのが有効。
また、止まっているところにサラマンダーのような範囲攻撃を受けると痛い。対策は難しいけど、戦闘前に相手の技を確認してれば心の準備はできる。

・暗転移動
「武将技の発動後の暗転中、兵士は攻撃できない(メイジ、アーチャー以外)」仕様を利用すれば、防御ラインをすり抜けて雪崩れ込める。メイジを使ったラインの上げ下げも有効。

・メイジ
ある意味、最強兵科。
一方的に攻撃できるため潜在火力は無限。しかも10人いれば最大火力を出せる。

アーチャーは命中率が低すぎて使い物にならない。

「上げメイジ」
敵兵は武将にまとわりつくので、前線が交戦する前に技の暗転時間ですれ違ってラインを上げると一方的に攻撃できる。ラインを下げて待機する「下げメイジ」もあり。

「囲みメイジ」
敵武将にまとわりついてから中央集合で挟み込むと弾数2倍。さらに接近するほど連射速度が上がる。暗転中も撃ち続けるのでメテオストームなどと併用するとエラいことに。

対メイジ
メイジ対メイジは中央集合した方が勝つ。
メイジ以外の兵種でメイジを相手にする場合、中央集合~前進からソニックウェーブ以上の技を撃てば被害が少ない。中央突破できる技がない場合は上下分散からなだれ込む。


・単騎
兵0人の野良武将は便利。おもに対メイジに使用。
前述したようにメイジは少人数でも大きな被害がでる。しかしこちらの兵が0人なら必ず突撃してくるので陣形が縦に伸びる。ここでソニックウェーブ以上を撃つとほぼ全滅。
兵力に差があると敵武将は撤退しないので、僧侶のような耐久力が低い相手なら1人で技を撃ってるだけで倒せることも。
兵20人ぐらいならメイジ以外でもすぐ一騎打ちに持ち込めるので時間短縮になる。

 

イズモ国でプレイ

ミラケル侵攻

さっそく、激戦地ミラケルを落としに行く。
後の城に1人残して出陣。常に兵を補充することで連戦できるようにする。

北の城に立てこもるキョウエン達はファンダリアに対する盾になってもらう。
この人達とは結局、最後まで戦うことはなかった。
終盤、カトマンドゥが隣に落ちてきてさぞ驚いただろう。


・漁夫の利作戦
城を落としても敵が来るたびに後の城に逃げて、他国同士の戦闘後にまた攻める。
戦闘直後なら敵の兵士が0人になるので楽勝。捕虜も横取りできるので美味しい。
さらに君主でトドメを刺せば簡単にレベル上げできる。

トパーズ侵攻

しばらく漁夫の利作戦を続けるつもりだったが意外と戦闘がなくてヒマ。
さらに激戦地のニラケルを目指してドラッドノアからトパーズへ北上。



ドラットノアとファンダリアにわって入り城は落とせた。しかしジュウベエ負傷など被害が大きいのでいったんエターナル城まで後退。
また漁夫の利作戦を繰り返すうち、いつの間にかホザックが武将2人に。
後衛をミラケルに上げてアグニウスを攻めるとドラッドノアもほぼ壊滅。
敵君主は時間経過で勝手にレベルアップする。1城にして放置し、終盤に落とせばレベル上げの手間が省ける。


後衛をアグニウスに上げてニラケルまわりでまた漁夫の利作戦。トパーズとファンダリアの間へ。いつの間にかトパーズも壊滅。


vs ファンダリア精鋭メイジ部隊。
リザレクションとホーリーシールドで手強い。追撃を前提に逃げ切り狙い。
メイジ系の武将は打たれ弱いので、武将技で本体の体力を減らしてさっさと終わらせる。追撃するとこちらはMP全快するので惜しみなく。

トパーズが邪魔なのでレオンを倒すことにした。
仲間にしたレオン師団でファンダリア勢力を抑える。

トリスタン侵攻


武将として強力なジュノーンをゲットするため北へ。あいかわらず漁夫の利作戦。


レオン、ジュノーンの君主2人を仲間にした後「影の塔」イベント発生。
イベント後、ギデオンとグレイスが離脱したらファンダリアを本格的に攻める。



ギデオン・グレイスの強襲イベント。
イベント戦闘なのを忘れてガチで戦ってエラいことになった。

大陸平定

そろそろガーラン探索のための武将が必要。ムーンパレスから手当たり次第に落としていく。ティリスもLV20まで育って良い頃合い。


ガーラン城で竜騎士勲章を量産。
int70以上の武将を集結させてひたすら探索。
探索に使えない武将はジャマなので奥の方の城に集める。
この間、ファンダリアを落とした。

気がつくと手付かずの逆側のハイランドが武将15人の大勢力に成長。面倒なことになった。
ハイランドを削る片手間に、放置して育成終了したゴンゴスとレイナートを落とす。


ここでカトマンドゥ出現。今は絡むだけ無駄なので放置。

森の神殿、岬の神殿、雪の神殿


仲間にした君主を3つの神殿に配置。
・南:ティリス、ゴンゴス、レイナート
・東:レオン、ジュノーン、ミカヅキ
・北:ウェイン、ゴルダーク
森の神殿ドタバタ3人組の掛け合いで配置を思い出せる。
現在ゴルダークが行方不明なので、とりあえず南と東へ。

神殿からはレイナート以外、全員ドラゴニア100人。
今まで一つも使っていないので勲章は余る。

竜人は硬いだけでロクな技が無い。ドラゴニアを揃えればゴリ押しで勝てる。
全員ドラゴニアはさすがに味気ないのでレイナートだけメイジにした。
アシガルはドラゴニアに有利だがガイアブレイクに弱いので使いづらい。



ゴルダークとの決戦イベント後、最後の神殿をクリアでドラゴンフォースをゲット。
カトマンドゥを倒してブラッドリィ城へ直行。徴兵する必要はない。
わき出した竜人は相手にするだけムダ。ここまで来たらレベル上げも必要ないし。

マドルクとの最終決戦


ラストのグレイス、ギデオンはゲーム中最強の敵。


グレイスのサラマンダー&ゴーレムが脅威。謎の兵種も強く、まず1人では倒せない。


ギデオンのフレイムキャノン&メテオストームで1人目はボコボコ。
2人目、レイナートの囲みメイジ&メテオで撃破。
カトマンドゥは3人がかりで戦うので100人揃えてれば負けることはない。


ラスボス第一形態。最速でドラゴン技を撃てば無傷で倒せる。


ひえ~なんか出た~!


変形後はイベント戦闘のようなものなので負けた記憶がない。
本体を直接攻撃してくるので君主と兵種によってはヒヤッとすることがあるかも。


画面下にゴンゴスがいるよ!エンディングは8人分ある。

 

おわりに

セガサターンの名作に収まらず、シュミレーションゲームとして唯一無二の輝きを放つ作品。
PS2アーカイブスでも配信されているのでぜひ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★★★★, シュミレーション, SS

執筆者:

関連記事

【コンバットチョロQ】攻略/感想/評価:チョロQの皮をかぶったアーマードコア

もくじ1 コンバットチョロQとは2 圧倒的な作り込み3 バリエーション豊かなミッション3.1 凝ったネーミング3.2 攻略4 アリーナは実在戦車100種類以上!4.1 ボスクラス攻略5 おわりに コン …

【ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説】攻略/感想/評価:DBならなんでも売れる 当時の原作人気を証明

当時、サターン版を繰り返しクリアした。思い出の作品。 もくじ1 偉大なるドラゴンボール伝説とは1.1 画期的な多人数バトル1.2 割り切った戦闘システム2 Zキャンペーンモード3 まとめ 偉大なるドラ …

【DOOM(2016)】攻略/感想/評価:とにかく動きまくり撃ちまくる 敵を片っ端から肉片に変えるシンプルな面白さ

大々的に宣伝出来ない内容なのか日本での知名度は低い。そのかわり日本版でも表現規制無し。 もくじ1 現代的なFPSと真逆1.1 昔ながらの「ラン&ガン」スタイル1.2 探索1.3 ストーリー性なんて投げ …

【プロ野球チームをつくろう&あそぼう】レビュー/評価/攻略:前作から正当進化 やきゅつく最高傑作

「もつくろう」(SS)の続編「プロ野球チームをつくろう!」。 その調整版「もっとプロ野球チームをつくろう!」。 「つくろう」で作ったチームで試合をプレイできる「プロ野球チームであそぼう!」。 「もっつ …

【クロノトリガー】レビュー/評価/攻略:RPGにおけるひとつの時代の締めくくり

小学生だった自分に「神が創りたもうた別世界がソフトの中にある」と教えてくれた。 もくじ1 クロノトリガーとは1.1 「ドリームプロジェクト」1.2 グラフィック1.3 BGM2 タイムトラベルの旅2. …