yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★★★☆ シュミレーション SS

【ドラゴンフォース】攻略/感想/レビュー:200体入り乱れるドット絵で癒される

投稿日:2017-07-30 更新日:





今回プレイしたのはPS2版の「セガエイジス2500シリーズ Vol.18 ドラゴンフォース」
ps2版で追加された書き下ろしイラストは良い感じ。
ボイス、新規イベントも追加。

奇跡の作品

ドラゴンフォースというタイトルには「ドラゴンクエストのようなヒット作を「Jフォース」(※ソフトハウス)から生み出したい」という意味があるらしい。
しかし制作中にJフォースは倒産。数ヶ月間、無給で働いていた主要スタッフから新規スタッフが引き継いで完成させたという奇跡の作品。


簡単だけどなぜか繰り返しプレイできてしまう魅力がある。
101対101人の戦闘の戦闘は単純に見ていて面白い。

100人を超える武将にはそれぞれ因縁があったり、背景がある。

壮大な世界観を感じるBGMも素晴らしい。城、砂漠、森、などシチュエーションによっても変化。
セガサターンといえばドラゴンフォースのBGMを思い出すぐらい印象にのこってる。

移動ルート指定ができない、ソート、ページ送り機能が無い、など次作に期待することも多い。
続編「ドラゴンフォース2 神去りし大地に」は未プレイです。
動画や評価をみる限り、一作目の魅力が無くなっているような気が・・・。

 

広大なるレジェンドラ大陸平定を目指す8国

ハイランド
君主ウェインが弱い。
武将技の2つ目の「ハイパーストーム」が使いづらい。
忠臣はロウを筆頭に基本性能が高くソニック系の技が強い。

ムーンパレス
君主ティリスが打たれ弱すぎてあっという間にゲームオーバーになる。
ある程度戦力を削ってから手柄を渡すというような手間が必要。
他の仲間になる武将も最弱兵科アーチャーが多い最弱国。

トリスタン
最強君主ジュノーン。
高威力フレイムキャノン、メテオストーム、ソニックブレスト。何をやっても強い。
侵攻されにくい立地、初期兵科が最強クラスのハーピー。アイロス、キリコなど武将も優秀。

イズモ
君主ミカヅキはジュノーン並に強い。基本性能が高く2つ目にソニックブレストを覚える。
他の武将もジュウベイを筆頭に頼りになる。
戦闘に慣れるとこの立地は楽しい。3勢力がぶつかり合うミラケル城に陣取れるため漁夫の利を狙ったり。

ボザック
マニの「コールオブデス」+メイジの即死コンボが魅力。
君主が誰も仲間にならず、気分的にも一番しんどかった。

トパーズ
兵種、武将がかなり微妙、立地は最悪。色んな意味でさっさとジュノーンを落としに行くべし。

トラッドノア
レイナート無双。メテオストーム&メイジで倒せない相手はいない。
配下武将も強く、レイナートとウリルで大陸平定できる。

ファンダリア
君主ゴルダークは基本能力が高いだけのウェインなので使いにくい。君主を倒しても仲間にならない。
しかしそれを補って余りある配下武将が強力。
どうせ裏切るとわかっていても、ギデオン、グレイス、ザド、サターナ、リスキーマでゴリ押しするのが楽しい。

 

攻略

内政

内政は勲章授与、探索、築城、捕虜接見、情報閲覧などシンプル。効率化するとピンポイントで勲章と探索を使うだけだが。

武将技の攻撃力と武将の防御力はキャラごとに固定。
竜人のフレイムキャノンやレイナートのメテオストームが強力なのはステータスに依るものではない。
そのためアイテムは指揮系とアステアの像以外は必要ない。
指揮(cmd)を上げると兵士の命中率アップ。アステア像でMPを増やすと必殺技の回数を増やせるので戦力に影響する。
攻撃力は一騎打ち、内政力は探索に使うだけ。探索に使うint70以上の武将は勝手に集まるので必要ない。

勲章は勝った武将に与えないと忠誠度が下がり離反。
離反されると野に下り、そのうち他の国に登用される。その武将を倒した手間がムダになるのでそれは避けたい。
忠誠度を上げるために勲章を与えようにも、ソート、ページ送りが無いため面倒臭い。
そこで、戦闘に出す武将は忠臣(初期武将)と他君主の忠臣に絞る。忠臣は離反しない。
野良武将は捨て駒に。

戦術

■追撃
プレイ時間を大幅短縮できる最重要技。
攻城戦、あるいは防衛戦で勝った後、即出陣すると撤退した敵を追撃できる。
追撃で仕留めきれなくても勝てば城にUターンしてくるので確実に捕虜にできる。
さらに追撃側は徴兵できる上にMP回復しているので圧倒的に有利。

■陣形
「専攻の陣」だけでいい。
止まっている方が先制攻撃できる。攻めてくる相手を止まって待ち受けると同じ兵科でも9:1、下手すると10:0みたいな結果になる。
この仕様の前には陣形補正など無意味。
逆に敵が包囲や遊撃などを使うとかなり面倒。待機する相手には中央集合からソニックブレストなどで雪崩れ込んで五分にする。
また、止まっているところにサラマンダーのような範囲攻撃を受けると痛い。


僧侶キャラのホーリーシールド、リザレクションはヤバい。
戦闘前に情報確認を。下手に突っ込むと全滅もありえる。
ホーリーシールドは射程外で待つ。リザレクションは武将技で直接本体を攻撃するのが有効。

■暗転移動
「武将技の発動中(暗転中)は兵士が攻撃できない(メイジ、アーチャー以外)」という仕様を利用して、防御ラインをすり抜けて雪崩れ込んだり包囲できる。メイジを使ったラインの上げ下げも有効。

■メイジ
ある意味、最強。
一方的に攻撃できるため潜在火力は無限。10人いれば最大火力を出せる。

アーチャーも同様の性質だが、命中率が低すぎて使い物にならない。

「上げメイジ」
敵兵は武将にまとわりつくので、前線が交戦する前に技の暗転時間ですれ違ってラインを上げると一方的に攻撃できる。ラインを下げて待機する「下げメイジ」もあり。

「囲みメイジ」
敵武将にまとわりついてから中央集合で挟み込むと弾数が前後で2倍、さらに接近するほど連射速度が上がる。暗転中も撃ち続けるのでメテオストームなどと併用するとエラいことに。

対メイジ
メイジ対メイジは中央集合した方が勝つ。
メイジ以外の兵種でメイジを相手にする場合、中央集合~前進からソニックウェーブ以上の技を撃てば被害が少ない。中央突破できる技がない場合は上下分散からなだれ込む。

■単騎

兵0人の野良武将は便利。
おもに対メイジに使用。前述したようにメイジは少人数でも大きな被害がでる。
こちらの兵が0人なら必ず突撃してくるので陣形が縦に伸びる。ここでソニックウェーブ以上を撃つとほぼ全滅。
兵力に差があると敵武将は撤退しないので、僧侶のような耐久力が低い相手なら1人で技を撃ってるだけで倒せることも。
兵20人ぐらいならメイジ以外でもすぐ一騎打ちに持ち込めるので時間短縮になる。

 

4.イズモ国でプレイ

ミラケル侵攻

早速、激戦地ミラケルを落としに行く。
後の城に1人残して出陣。つねに兵を補充することで連続で戦えるようにする。

北の城に立てこもるキョウエン達はファンダリアに対する盾になってもらう。
この人達とは結局、最後まで戦うことはなかった。
終盤、カトマンドゥが隣に落ちてきてさぞ驚いただろう。


「漁夫の利作戦」
落としても敵が来るたびに後の城に逃げて、他国同士の戦闘後にまた攻める。
敵の兵士0人で楽勝。捕虜も横取りでオイシイ。
君主を活躍させてレベルを上げる。

トパーズ侵攻

しばらく漁夫の利作戦を続けるつもりだったが意外と戦闘がなくてヒマ。
より激戦地のニラケルを目指してドラッドノアからトパーズへ北上。



ドラットノアとファンダリアにわって入る。
城は落とせたがジュウベエ負傷など被害が大きいのでエターナル城まで下がる。
また漁夫の利作戦を繰り返すうち、いつの間にかホザックが武将2人に。
後衛をミラケルに上げてアグニウスを攻めるとドラッドノアもほぼ壊滅。
君主は敵でいる間は勝手にレベルアップする。みんな1城にして放置し、終盤一気に落とせばレベル上げの手間が省ける。


後衛をアグニウスに上げてニラケルまわりでまた漁夫の利作戦。トパーズとファンダリアの間へ。
いつの間にかトパーズも壊滅。


vs ファンダリア精鋭メイジ部隊。
リザレクションとホーリーシールドで手強い。追撃を前提に逃げ切り狙い。
メイジ系の武将は打たれ弱いので武将技で本体の体力を減らしてさっさと終わらせる。追撃するとこちらはMP全快するので惜しみなく。

トパーズが邪魔なのでレオンを倒すことにした。
仲間にしたレオン師団でファンダリア勢力を抑える。

トリスタン侵攻


武将として強力なジュノーンをゲットするため北へ。あいかわらず漁夫の利作戦。


レオン、ジュノーンの君主2人を仲間にした後「影の塔」イベント発生。
イベント後、ギデオンとグレイスが離脱したらファンダリアを本格的に攻める。



「ギデオン、グレイスの強襲」
イベント戦闘なのを忘れてガチで戦ってエラいことに。

大陸平定

そろそろガーラン探索のための武将が必要。ムーンパレスから手当たり次第に落としていく。
ティリスもLV20まで育って良い頃合い。


竜騎士勲章を量産するためガーラン城へ。
int70以上の武将を集結させてひたすら探索。
探索に使えない武将はジャマなので奥の方の城に集める。
ついでにファンダリアも落とした。

気がつくと逆側のハイランドが拡大して武将15人とめんどうなことに。
ハイランドを削る片手間に、放置して育成終了したゴンゴスとレイナートを落とす。


「カトマンドゥ出現」

森の神殿、岬の神殿、雪の神殿


仲間にした君主を3つの神殿に配置。
・南:ティリス、ゴンゴス、レイナート
・東:レオン、ジュノーン、ミカヅキ
・北:ウェイン、ゴルダーク
森の神殿ドタバタ3人組の掛け合いで配置を思い出せる。
現在ゴルダークが行方不明なので、とりあえず南と東へ。

神殿からはレイナート以外、全員ドラゴニア100人。今まで一つも使っていないので勲章は余る。

全員ドラゴニアはさすがに味気ないのでレイナートだけメイジにした。
アシガルはドラゴニアに有利。しかしガイアブレイクに弱いのでリストラ。

竜人は硬いだけでロクな技が無いので弱い。ドラゴニアを揃えればゴリ押しで勝てる。



「ゴルダークとの決戦」が終わったら最後の神殿をクリア。ドラゴンフォースをゲット。
カトマンドゥを倒してブラッドリィ城へ直行。徴兵する必要はない。
わき出した竜人は相手にするだけムダ。

マドルクとの最終決戦


ラストのグレイス、ギデオンはゲーム中最強。


グレイスのサラマンダー&ゴーレムが脅威。謎の兵種も強く、まず1人では倒せない。

ギデオンもフレイムキャノン&メテオストームで1人目はボッコボコ。
レイナートの囲みメイジ&メテオで撃破。
カトマンドゥは3人がかりで戦うので100人揃えていれば負けることはない。


ラスボス第一形態。最速でドラゴン技を撃てば無傷で倒せる。



ひえ~なんか出た~!


変形後はイベント戦闘のようなものなので負けた記憶がない。
君主と兵種によってはヒヤッとすることがあるかも。


7人しかいないけど画面下にゴンゴスがいる。
エンディングは8人分用意されている。

 

おわりに

セガサターンの名作に収まらず、シュミレーションゲームとして唯一無二の輝きを放つ作品。
PlayStation 2アーカイブスでも配信されているのでぜひ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★★★☆, シュミレーション, SS

執筆者:

関連記事

【DmC Devil May Cry】攻略/感想/評価:アクションゲーとしては間違いなく一級品。むしろダンテ以外のキャラに問題あり

制作はイギリスの会社「Ninja Theory」。洋ゲーっぽいテイストになっている。設定も変更され、過去シリーズとのつながりは無い。そのためナンバリングではなく、タイトルは「DmC」(小文字のm)。 …

no image

ソウルキャリバーⅤ

たしかにオフラインはクソゲーと言われて当然。 しかし良い対戦ツールなのは間違いない。 もくじ1 対戦ツールとして1.1 キャリバーという貴重な存在1.2 システム改変2 キャリバー続編として2.1 一 …

【ニーア オートマタ】攻略/感想/評価(10):ネタバレ無しレビュー 記憶に残る作品 秀逸なキャラデザとBGM 大胆な演出 ゲーム部分は雑

ネタバレ無しでプレイしてほしい。 プレイ日記はネタバレあり→【ニーア オートマタ】(1) もくじ1 良くも悪くも「オタク臭い」1.1 歳のせいにしてみる2 記憶に残る作品2.1 キャラデザとBGM2. …

【アーマードコア3 サイレントライン】攻略/感想/評価:パーツ大増量 一気に2倍!よりハードになった雰囲気/BGM/やり込み要素

この頃にはACやってるのは自分だけになってた。 当時、同級生の誰もSL買ってないので新パーツ情報を交換することもできず、孤独にプレイ。そのため本作にはあまり良い印象ががない。 制服を脱ぐのを忘れるぐら …

【ファイターズメガミックス】攻略/感想/レビュー

ファイターズメガミックスを100円で買うべき5つの理由 もくじ1 ドリームマッチ2 幻のVF3移植3 多彩なシステム4 豊富なやり込み要素5 個性的なキャラクター6 まとめ ドリームマッチ 当時のセガ …